flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > ピアノ > title - ピアノを弾く楽しさと感動・幸せ

ピアノを弾く楽しさと感動・幸せ

Categoryピアノ
昨日外出中に道を歩いていたら
ショパンのプレリュードop.28 第8番のメロディーが ピアノを弾いている時の指の感覚とともに ふと頭に思い浮かんできました。

ショパンのプレリュードop.28は最近よくピアノで弾いていて練習をしています。

ピアノは、弾いているその時だけではなくて、弾いていない時にもピアノを弾いている時の手や指の感覚が残っていて 
日常の中でピアノを弾いている時の記憶がよみがえり、その時の感動が再び出てきて楽しい気持ちになったり心が癒されることが多くあります。

新しく弾き始めた曲がある時などは特に、ピアノを弾いている時の楽しさや感動が ピアノを弾き終わったあとに何度も出てくることが多いです。

手を使って行った作業は脳によく伝わりますね。

学校のお勉強をする時でも、ノートに手で書いて勉強をするとよく覚えられると思います。

それと同じように、自分の手でピアノを弾いた時、その指の感覚が脳に伝わり、それと同時に音(音楽)が脳に伝わり心が感動し、それがその後、ピアノを弾いていない他の何かをしている時に自然に思い浮かんできてピアノを弾いている時の感動や幸せな気持ちが指(手)の感覚とともに出てくるのです。

何度も何度も練習してよく弾いている曲よりも 新しく弾き始めた曲にそういうことがよくあるというのは、
どんなに大きく感動するようなことでも何度も何度も繰り返し同じ刺激を与えられると だんだんそのことに慣れてきて 最初の頃よりは感動が少なくなっていきますが、  
新しい新鮮な情報や感動というのはワクワクする気持ちが大きく、脳に大きな刺激となるからだと思います。

新しいことをするというのは脳の活性に良いですね。

脳が活発に働いている時は、心も生き生きとしていると思います。

新しく弾き始めた曲は脳や心に強い刺激を与えてワクワク感が大きいということがありますが、ひとつの曲を時間をかけて長く長く弾いていくと、曲にだんだん深みが出てくるようになります。

そうして深みが出た曲をしばらく弾かないでいて また月日が経った後に弾いてみると、過去に弾いていた時には出てこなかったような素晴らしいものが出てくるということがよくあり、その時はまた新鮮な気持ちになります。

ひとつの曲をずっと長く弾いて 曲がだんだん深みを増し、熟成していく楽しみ
それから、
色々な新しい曲を弾く時のワクワクする気持ち
ピアノを弾いたあとにも心と体に残っている楽しさや感動

ピアノを弾くことで色々な楽しいことや素敵なことがありますね。

スポンサードリンク

☆ピアノ 心の充足感
(2014年6月のブログ)

今日はピアノを弾く時間があまりなく 少ししか練習できませんでした。
でも、一日ピアノを全く弾かないのと 少しでも弾いたのとでは心の充足感が全然違います。

今日はピアノを弾く時間は短かったですけど、弾いている時は ピアノの音や その音楽に心が動かされ、キラキラと輝くようなとても良い時間を過ごすことができました。


☆ピアノは心と体の清涼剤
(2014年8月のブログ)

今日はピアノを弾いていました。

ピアノで好きな曲を弾いていると もう すごく楽しくて..
夢の中で綺麗なドレスを着て踊っているような感じ

または、優しい色の海のそばで 静かな波の音を聞きながらくつろいでいる感じ

指先から全身に幸せ感が広がっていって 素敵~
ピアノは心と体の清涼剤


☆ピアノを弾くのが楽しい 弾きたくてたまらない
(2014年12月のブログ)

きょうはピアノが弾きたくて弾きたくて ワクワクうずうずしました。

最初にバッハの曲を何時間か弾いていて、バッハの曲を弾き終えたあと 次はなにを弾こうかな~と 次の曲を弾くのがすごく楽しみで ピアノが弾きたくて弾きたくてたまらなくなりました。

ピアノを弾き始めて大分経ってから 途中で すごくすごく弾きたくなったんです。

バッハを弾いている時も とても楽しかったのですけど、バッハを弾いたあとに 弾きたい気持ちがもっと強くなりました。

バッハのあとは、ドビュッシーとショパンの曲を弾きました。

今はピアノを弾くのが ほんとうに楽しいです。
これまで長い間ピアノを弾いてきて、今が一番ピアノを弾くことが楽しいです。

【関連ブログ記事】

ベートーヴェン ピアノソナタ 熱情。病苦で出会えた幸せと感動

ピアノの練習時間を減らして楽しく弾く。ショパン 24の前奏曲 17番

ピアノ発表会や演奏会の本番で、あがり症や緊張を克服して弾けた時。人前演奏

ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 テンペスト 第3楽章練習

関連記事
スポンサードリンク