flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病闘病 どこまでも何度でも闘う。病気に勝つ

Categoryクローン病 症状
難病クローン病の治療、闘病のこと・病気に勝つ

クローン病闘病 どこまでも何度でも闘う。病気治療


(以前投稿したブログ記事を編集して更新しています)

この間 クローン病の診察で病院に行ったのですが、診察で先生から「近いうちに入院治療(バルーン拡張術)をしましょう」と言われて… 驚きました。

というのは、2ヶ月ほど前に入院してバルーン拡張術をした時には 腸が狭くなっていなくてバルーン拡張術を行わなかったと聞いたからです。

退院してからまだそんなに日が長く経っていないのに また入院してバルーン拡張術をするの…? と不思議に思ったのです。

でも、先生の話ではバルーン拡張術をしたほうがいいということで…
その意味がよくわからなかったけど でも 先生がそう言われているのだから 入院してまたバルーン拡張術をしたほうがいいのだろうと思うことにしました。


何度でも入院治療をする


診察が終わって 病院から帰る時に、「また入院して治療しなくてはいけないのか…」と 心が沈みかけましたが、
でも その後すぐに 体の中から闘うパワー 闘志が湧き出てきました。

もも姫は病院の廊下を歩きながら思いました。

どこまでも闘う とことん闘う

何度でも何度でも 治療をする

私は全然平気


頑張る という気持ちとはちょっと違って
頑張る よりもっと強い気持ち 挑む

攻撃されて仕方なしに闘っているのではなくて、自ら進んで闘いにいく
RPGゲームの勇者になって闘いにいくような そんな気持ち

もも姫は 何度でも何度でも治療をします
もも姫 しつこいところがありますから..
あっ 粘り強いとも言うかな

でも 粘着質ではないんです。自分以外のものに対しては。

粘着質なのは クローン病のほうで..笑
10代の頃からずっとくっつかれています。

でも それでもいいんです 全然大丈夫

ずっと強く闘ってきたし 負けてない 
ずっと勝ち組..

もも姫は どこまでも何度でも闘う

力まず 力を抜いて 平静な心で挑んでいきます。

もも姫 前回のクローン病治療入院の闘病で またパワーアップしたかも

入院するたびに パワーアップしますから



倒れても何度も立ち上がり、その度に強さと美しさを増す


(ある日に書いたブログ)

昨日読んでいた本に良いことが書いてありました。

逆境のときこそ変わるチャンス 人生の成功とは、平穏無事に過ごすことではなく、倒れるごとに何度でも立ち上がること。
そのたびに美しさと強靭さを増すこと。

 
倒れるごとに何度でも立ち上がり、そのたびに美しさと強靭さを増すって…
それ… もも姫のことかな~? 笑

美しさを増す というのは置いといて..

でも、もも姫は それを目指しています。
倒れてもいいんです。 いえ、倒れるから強くなる。

何度も倒れて 
倒れても倒れても何度でも再び立ち上がって どんどん強くなっていき、

そして、美しくなっていきますよ~ 笑

今現在は、倒れている時ではなく、立ち上がった時です。

またいつか倒れると思いますが、でも 必ず立ち上がるので大丈夫です。
美しさを増して… 笑

以前、ブログで おきあがりこぼしのことを書いたこともありました。

倒れるたびに強く、美しくなり
そして、永遠の愛に包まれる

それが一番の幸せです。

愛愛日記

スポンサードリンク


クローン病に勝つ。闘い、忍耐 そしてやっぱり 愛


(ある年の12月31日に投稿したブログを編集して更新)

今年も今日で終わり

今年はクローン病の直腸病変の痛みが出てきて それがなかなか治らずに長く苦しみました。

何日も痛みに耐え続け、クローン病と闘いました。
何度も何度も闘いました。

でも、苦しみは 中途半端に苦しんでいる時がモヤモヤとした状態で最も苦しいのかもしれません。

もうだめだ… どうにもならない…というところまできたら
ある時 限界の糸のようなものがプッツンと切れて 開きなおりのような状態になり、すごく強い闘志が体の中から湧いてくる

底まできたら底力が出てくる 底力の威力はとても大きい

そうだ やるしかない 頑張ろう 頑張れば必ず良くなるはずだ

病気との闘い 自分との闘い

そしてそれから とにかく頑張って できることを頑張って
なかなか良くならなくても 粘り強く頑張る

あれだけ痛みが続いていたのだから そんなに急には良くなるはずがない

どのネット情報を見ても内科治療で治すのは難しいと書かれていたし
すぐに良くならないことは承知の上で頑張り続ける

そうして粘り強く頑張って クローン病の症状が少しずつ良くなってきて
ここひと月ほどは痛みがほとんど出ていない

勝ったと思う

いや間違いない 勝った

もも姫は病気に打ち勝った
クローン病に負けずに闘い抜いた

苦しい闘いだったけれども 今年の年末は穏やかな気持ちで過ごせることができました。

今年1年をひと言で表すと、「闘い」「忍耐」 そして、「勝つ」

クローン病以外のことでも勝利したことがありました。

大きな闘いに勝つには生半可な気持ちではなかなか勝てませんね
絶対に負けない 闘い抜く 頑張るんだ という強い意志が必要です。

クローン病との闘いは またこれからもあるかもしれませんが


愛で元気になる


でも、もも姫は最近 嬉しいことがあって、それは ある人から
「いまはリラックスして ゆっくりと楽しいことをしながら過ごすようにして」と優しく言ってもらったんです。
それを聞いて 胸がきゅんとしました。

ゆっくり のんびりリラックスしててもいいんだと思って
頑張り続けなくてもいいんだと思って

頑張ることも大事だけど 病気には もも姫のクローン病には ストレスが最もよくないから
そう、楽しく 過ごしていこうと思いました。

愛の言葉でとっても元気になります。


「闘い」「忍耐」「勝利」
そして、今年最後は やっぱり「愛」

愛で幸せな気持ちになりました。

今年最後の愛愛日記のブログは「愛」で 締めくくらせていただきました。
今年一年 ありがとうございました。


病気の症状が良くなることが勝つということではありません


精一杯がんばって力を尽くしてやり遂げたと思えた時、そのあとの結果はどうであっても 自分としてはそれで納得がいき、自分に勝ったと思えるのです。
病状が悪かったとしても、気持ち的には病気に負けていたくないと思っています☆

病状が悪いことで心が弱くなることもあり、そんな時は無理をしないで 好きなことをしながらゆっくりと休んでいればいいと思います。

そうして好きなことをして少しでも楽しむことができたり、なにかを考えてしていれば、病気で弱っていることにはならないと思います。病気をいかして自分の好きなことをするのです。

ベッドで寝ていても色々できることがあります。
もも姫は以前 クローン病合併症の激痛が出ていた時、痛みが治まっている間に携帯電話やスマホでブログをよく書いていましたよ。ゲームもよくしました。勉強はあまりしていません..笑


倒されても絶対に倒れない。私が粘り強い理由


(2015年投稿のブログ・加筆修正して更新)

昨日 夜にテレビを見ていて、ゆるキャラの納豆の妖精 ねば~る君というのを初めて見ました。
  
ねば~る君が突然 上の方にすごく高く伸びた時は、なにあれ~ と思って何度も びっくりしましたよ

Wikipediaで ねば~る君のことを見てみると、ねば~る君は粘り強く努力家だけれど、落ち込みやすい性格で、引きこもりだった過去もある。ライバルは夏。
ということで、もも姫とちょっと似ているところがあります..笑

もも姫は 落ち込むことは少ないですけどね。
夏の暑さにはとても弱くて、粘り強さは もも姫も結構ありますよ~

これまで クローン病の症状がなかなか良くならない時に何度も何度も粘って頑張ってきましたからね。
ねば~~~ って。すごい粘りですよ。

なかなか諦めない。  しつこいとも言う..笑

体の痛みや苦しみが強過ぎて もうあかん~..となったことも何度かありますけどね
でも そこからまた立ち上がって復活するんです。

倒れては立ち上がり また クタ~っと弱っては立ち上がって
倒れそうになっても そのままずっと倒れたままになることはありません。
病気で弱っていたとしても、復活する明日のことを常に考えています。


起き上がりこぼしのように何度も立ち上がる


もも姫が粘り強い性格なのは、もしかすると もも姫が赤ちゃんの時によく遊んだ 起き上がりこぼしというおもちゃの影響ではないかな~ と時々思うことがあります。

起き上がりこぼしは、倒しても倒しても絶対に倒れないで また必ず起き上がってくる人形(おもちゃ)です。  

もも姫は赤ちゃんの時に、起き上がりこぼしの赤いダルマを何度も何度も倒して 1日じゅう そのだるまで遊んでいたらしいです..笑
何度倒しても倒れないで起き上がってくるので 不思議で面白かったのでしょう。

倒しても倒しても だるまさんが倒れないことに心惹かれて興味を持ち、
倒されても倒れないで また起き上がるということをその時に覚えたのかもしれません。


もも姫は なにかに倒されても 絶対に倒れたままではいません。
体が倒れてしまっても 心は倒れません。

ねば~る君のように ネバネバ粘り強く頑張っていきます。


【関連記事】

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

バルーン拡張術 直腸狭窄の治療と大腸内視鏡検査。クローン病

難病クローン病の治療 根気良く続けて症状が改善する

クローン病で3年間絶食。小腸狭窄手術後に食事再開

[関連記事]
スポンサードリンク