flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 症状 > title - 私の難病より北朝鮮拉致被害者の方のことを願う

私の難病より北朝鮮拉致被害者の方のことを願う

Categoryクローン病 症状
秋がだんだん深まってきました。

昼は陽射しが弱く、夕方は日の暮れるのが早くて この時期は寂しい感じがします。

もも姫 幸せなんですけど でも 秋は寂しさや哀愁を感じます。


クローン病の痛みは この4日ほどは出ていません。
ちょっと不思議 なにが良かったのかな?

4日ほど前から 前に摂取していたカテキンをまた摂取しはじめたり
野菜ジュースを飲んだり ピアノをたくさん弾いたり 栄養をつけたりと 色々試して頑張っていますが..

カテキンは、梅雨の頃にクローン病で体の痛み(合併症の痛み)が出てきてから摂取するのをずっとひかえていました。

カテキン茶を毎日摂取。クローン病の直腸症状が良くなっている 

この何日かは調子が悪くないけれど、これまでの病状経過から考えると まだまだ油断できません。
今夜痛みが出るかもしれないし..

でも、良さそうだなと思うことを続けていきたいと思います。


もも姫のクローン病の合併症の調子は まだちょっと不安定ですけど
いま なにかひとつ願いが叶うとしたら もも姫の難病のことよりも北朝鮮拉致被害者の方が1日も早く帰国されることを願いたいです。

横田めぐみさんのお母さんが このあいだテレビで北朝鮮側の対応に憤りを感じると発言されていたのを見ました。

横田めぐみさんとご家族の方をはやく会わせてあげたいです。
はやく はやく..

北朝鮮拉致問題のことは これまでブログでは書いたことがなかったですけど、
ずっとずっと前から早く解決したらいいのにと思っていました。

心の中で思っているだけでしたけど、
せっかくブログを書いているのだから もも姫ができることを少しでもしないとなと思いました。

もも姫の難病クローン病は いま自分でなんとか頑張れるから
それよりもまず 北朝鮮拉致被害者の方をはやく助けてあげたいです。
帰国される日までずっと祈っています。

スポンサードリンク


【関連記事】

直腸(肛門)周囲膿瘍を手術しないで治す。クローン病合併症

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

難病クローン病 できること できないこと

難病クローン病とピアノ ドラマティックで感動的な人生

ピアノ音楽と病気 難病クローン病が大切なことを教えてくれた

関連記事
スポンサードリンク