flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > ブログ > title - 新聞契約の景品と商品券。新聞勧誘員が来て居留守を使う

新聞契約の景品と商品券。新聞勧誘員が来て居留守を使う

Categoryブログ
このあいだ 家にいた時にインターホンが鳴ったので、誰かな~と思い モニターで確認してみると なんか怖い表情をした男の人が写っていました。

見たことがない知らない男の人..

誰だろう..? なんの用事?
顔が 怖い~..

宅配便の人でもなさそうだし..

その知らない男の人はインターホンを何度か鳴らしていたのですけど、怖いからインターホンには出ないでおきました。
居留守です..笑

もも姫は居留守をよく使います。笑
その時はクローン病で体調が悪くてベッドで休んでいた時でした。

訪問者が帰って、それから2時間ほどした頃に また訪問者を知らせるインターホンが鳴りました。

今度は誰だろう? 宅配便かな?
と思ってドアホンのモニターを見てみると、またさっきと同じ知らない男の人がいました。

えっ..なに? やっぱり怖い表情をしてる..
そんなに何度も来ないといけない大事な用事なのかな

その時 クローン病の痛みが出ていてしんどかったので、インターホンには出ずにベッドに戻って横になりました。

訪問者が帰ったあと、誰かな~ なんの用事かなと考えてみると、
あっ たぶん 新聞の購読契約のお願いに来たんだ と思いました。
毎年この時期になると新聞の勧誘の方が何度も来られるんです。

新聞の勧誘の人はインターホンを何度も鳴らされるし、契約をするまで家に何度も来られるので たぶんそうだと思いました。

今とっている新聞の契約期間がまだ数ヶ月残っていて、その次の契約をするのは 契約期間が切れる少し前でいいと思っています。

新聞勧誘らしい方は、その次の日もまた家に来ました。
もも姫は やっぱり居留守です..笑

以前 大学で一人暮らしをしていた時に、訪問者が来てドアを開けたら、新聞勧誘の方で、新聞は契約するつもりがなかったので断ると、乱暴な口調でしつこく勧誘され 怖い思いをしたことがありました。

そんな怖い人ばかりではありませんけど、契約するつもりのない時は訪問販売員の方とはあまり直接話したくありません。


それから何日かして また同じ男の方が来られて、その時は家族がインターホンに出ると、やっぱり新聞購読契約のお願いに来られたようでした。

契約はまだ先までしないつもりなので、話だけ聞いて帰ってもらいました。


新聞を契約すると景品や商品券等をもらえるのですけど、数年前までは 新聞購読1年契約で購読料金3ヶ月無料と洗濯洗剤1ケース(12個)というのが多かったです。

それで、もも姫は半年ほど前まで洗濯洗剤を買ったことがありませんでした。
洗濯洗剤は他のところからももらうことがありましたし。

でも、新聞契約の景品でもらう洗剤はいつも同じ洗剤で、ずっと何年も同じ洗剤を使っていたので、ちょっと違うのが使ってみたくなり、景品で洗剤をもらうのをやめて 他のものにしてもらいました。
洗濯洗剤は今年になって初めて買いました。

昨年新聞購読の契約をした時は、1年契約で商品券1万4000円分をもらいました。

景品の金額をあまり上げてはいけない決まりになっていると新聞訪問販売員の方が言われていたので、この金額はもしかしたら多過ぎるのかもしれません..

たくさんの景品や商品券をつけて何度も何度も勧誘に来られるのは、契約をすることで多くのメリットがあるからなのでしょうね。


次の期間の新聞の契約はまだしていないので、またしばらく日にちが経った頃に
この前の勧誘の方がお家に来られると思いますが..

その時は できればまた お家の人に対応してもらいたいなと思います。

もも姫ちょっと人見知りで 恥ずかしがりやなので..ドキドキしてしまうし なるべく居留守を使いたい..笑


スポンサードリンク


ピアノコンサート(演奏会)のチケットノルマ 断れない…

クローン病、潰瘍性大腸炎とストレス。社会不安障害かな

クローン病日記 直腸狭窄症状で静養 ひきこもり生活


関連記事
スポンサードリンク