flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

クローン病の症状を治すために体力をつける。運動

Categoryクローン病を治すために
元気に過ごすために運動をして体力をつけようと思い、できる時にいろいろするようにはしていますが、毎日継続して行うことは難しいです。

適度な運動をすることは癌などの病気の予防にもなりますし、健康と美容のために意識して体を動かすようにしたいと思います。

疲れすぎるほど運動するのはよくないとクローン病の専門書にも書かれていたので、クタクタに疲れない程度に歩いたり筋力をつけたりストレッチをするようにしたいです。

前に、クローン病の症状がなかなか良くならなかった時に体力をつけて症状を良くしよう・治そうと頑張っていたことがありますが、その時に書いたブログをここから載せています。(加筆修正しています。)


クローン病の症状を治すために体力をつける。運動する


もも姫は、何ヶ月か前から出ているクローン病の症状を治すために体力をつけようと頑張っています。

何ヶ月かの間、痛みが時々出て安静にしていたり 絶食したり入院していたりで体力が低下しました。
体の力が足りないと病気を治す力も弱いだろうなと思います。

体力をつけるために少しずつ運動をしています。

クローン病の直腸病変の痛みが強い時は、ベッドで横になっていないと辛いので 体を動かしたり運動することができないのですけど、痛みがマシな時に少しずつ体を動かして元気になれば、今出ているもも姫のクローン病症状が 治る方向へと向かうんじゃないかなと考えています。

今日は 朝から色々なことを張り切ってすることができました。

直腸病変の痛みは少しありましたけど、腰を曲げずにまっすぐ立って歩けていたので、これくらいの痛みなら まあまあ大丈夫です。

痛みの強さは、10が一番強い痛さだとすると今日は1~2くらいの痛みでした。

少し痛みがありましたけど、歩いて体力をつけることとショッピングを目的に外出してきました。

出かけている途中で強い痛みが出てこないかなとちょっと心配でしたけど、痛みが強くなったら帰ってきたらいい と思って出かけました。
たくさん歩いて色々なショップを見て回り、楽しかったです。


お家に帰ってくるまで強い体の痛みは出ませんでした。
お腹の調子は朝から安定していたので、トイレ通いもしなくて大丈夫でした。

お家に帰ってきてすぐに夕食の準備をして それからピアノを弾きました。
ピアノは午前中も弾いていました。

《食事》
夕食はオムレツと味噌汁とサラダです。

オムレツはタマネギと人参と鶏胸ひき肉入り。
味噌汁はネギと大根入り。 ネギは食べません。
サラダはブロッコリーとじゃがいものサラダ

オムレツは 卵や油を使って脂質が少し多くなるので 作って食べることは少ないのですけど、昼食で食べたものの脂質が少なかったので たぶん大丈夫です。


体力作りを頑張って クローン病症状の直腸周囲膿瘍をなんとか治します。

頑張るよ

スポンサードリンク


運動、体力作りで散歩。クローン病を治すために頑張る


(2015年2月のブログ)

今日は、運動のためと体力をつけるために散歩してきました。

外出する時には外出用の服に着替えたり 顔や髪をキレイにして準備をしないといけなかったりで、寒いこともあって 外に出て行くのがちょっと億劫だなと思っていたのですけど、頑張って出かけました。

散歩するときはいつも、なにか用事を作って出かけます。

今日の用事は、前から気になっていた人形(ぬいぐるみ)があったので、玩具店に行って その人形を見てこようと思いました。

初めて行く玩具店で、初めて歩いて通る道だったので、まわりの景色を見ながら歩くのが楽しかったです。

目的のぬいぐるみは、玩具店で実際に見てみると..あまり可愛くなかったので..笑
買うのはやめました。

玩具店に入って見たのは久しぶりです。
クレープを作れるおもちゃや、プリンを作れるおもちゃもあって、楽しそうでした。

玩具店から出て少しだけ寄り道して家に帰りました。
良い運動になりました。

散歩をしていると前向きな気持ちになれていいですね。
あれもこれも出来そうな気がして 自信が出てきます。


散歩から帰ってきたあと、ちょっとストレッチをして それからピアノを弾きました。
体を動かしたあとは、体の動きが良くなりピアノが良く弾ける感じです。

運動し過ぎて疲れてしまうとよくないので、やっぱり適度な運動がいいですね。

ピアノで練習した曲は、バッハ パルティータ2番とシューマン ダヴィッド同盟舞曲集です。

今日はクローン病の体調は良くて、直腸のほうの痛みも出ていません。


【関連記事】

クローン病 直腸狭窄でお腹が張る…直腸病変の痛み&食事

レミケード投与とクローン病診察。直腸狭窄・直腸病変のこと

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

筋肉を鍛えなければ! 足に重り・エキスパンダーで筋トレ

 
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

獅子丸  

体力づくり頑張って!

こんにちは。

そうですよね~。クローン病で入院したりすると体力落ちますよね。
そういう機会が多いのでクローン病の人は普通の人よりも、
さらに体力のことに気遣う必要がありますよね。

体力づくり、無理せず頑張ってくださいね。

 | REPLY |   

yasmin  

こんにちは!

こんにちは!お元気ですか?
先日は名無しで投稿してしまって申し訳ございませんでした。
昔潰瘍性大腸炎で入院絶食していたときに、10日目くらいで歩けなくなったのを覚えています。
体力ってすぐに落ちてしまうんだと、ちょっとショックでした。
もも姫さんは時々痛みが出るということなので、お散歩などをされる際はあまり無理なさらず、程よい程度で頑張ってくださいね。
私は今障害年金が支給されないか奮闘していますので、お互い頑張りましょう!

 | REPLY |   

もも姫  

獅子丸さん☆

こんにちは☆
体力つくように頑張りたいです。
獅子丸さんほどのハードな体力作りは難しいと思いますけどね(*^_^*)
でも、獅子丸さんの元気さ目指して もも姫も頑張ります!
メッセージありがとうございます☆

 | REPLY |   

もも姫  

yasminさん☆

こんにちは☆
やっぱりyasminさんだったのですね
良かったです〜(*^_^*)
ありがとうございます。

ほんとうに 病気や体調不良で寝ていると すぐに体力が落ちますよね..
それに そうですね クローン病や潰瘍性大腸炎の症状が悪い時は絶食することが多いですから 余計に体力なくなってしまいます。
栄養がとれる時に栄養をとって 歩ける時に歩いて体力を少しずつつけて元気に過ごしたいなと思います。

障害年金は支給してもらうことができればいいですね。
もも姫はクローンを発病したのが15歳で
クローン病と診断されたのがずっと何年もあとで
色々難しいことがあって障害年金支給等は無理だと思いますけど..

yasminさん ありがとうございます☆

 | REPLY |   

新社会人  

私も

私は今年から新社会人だったのですが、6月にクローン病を発病しました。

ブログを見ていたら私も元気がでてきました。
今まで、ちょっと心がおれかけていましたが、これからも頑張っていこうと思うことができました!

 | REPLY |   

もも姫  

新社会人さん☆

メッセージを書いてくださって ありがとうございます☆

心が折れそうになる時 ありますよね..
元気な日もあれば 元気の出ない日もあって
頭の思考回路が悪いほうにしか考えられない時は
悲しくて辛いけど
人生悪いことばかりでもなくて 良いことばかりでもなくて
曇りの日や雨の日があったり
嵐の日があるかと思えば また爽やかに晴れる時もあるから
そう思って、なにか少しでも楽しい気持ちになれることをしながら
雨が止むのを待っていましょうか(*^_^*)

 | REPLY |   

コメント投稿