flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

クローン病症状を治す。エレンタールと野菜の栄養で体を元気にする

Categoryクローン病を治すために
クローン病の症状(直腸病変)を落ち着かせるため・良くするため・治すために頑張ったこと。

ここから書いているブログ記事は、前に症状が安定しなかった時に書いたものを編集して更新していますが、その内容は、 今も これからも気をつけていきたいことです。

クローン病では肛門・直腸に病変がある人が多いですね。


エレンタールを多く飲み、栄養をつけてクローン病症状を治す


(過去記事を更新しています。そのため、ブログの日付の時期の症状ではないです。)

クローン病から起こる症状 腸瘻孔(ちょうろうこう)や直腸周囲膿瘍を治すために、体力をつけて自分の力で少しでも良くなるように頑張っているということを少し前にブログで書きました。

それで、体を適度に動かすということを体調が良い時に少しずつしているのですけど、運動の他には やはり 栄養のことを考えていて、クローン病の症状を落ち着かせるため 治すために、必要な栄養を体の中に取り入れて病気に勝てるようにしたいと思い、エレンタール(成分栄養剤)を増やして飲むことにしました。

腸瘻孔のところがしっかりと塞がるまで食事の量はあまり増やさないほうがよいので、エレンタールで栄養を十分に摂取して体力をつけたいと思います。


成分栄養剤エレンタールを1日に3つ飲む


エレンタールは、少し前まで 1日に2本飲んでいたのですけど、今は1日に3本毎日飲むようにしています。

クローン病の方のなかにはエレンタールを1日に6つとか摂取している方もいらっしゃるので、エレンタール3つは、
たいしたことないかもしれませんけどね..

でも、エレンタールはたくさん飲むほど偉いとか そういうことでもないですからね。
自分の病状に合う量を摂取するのが良いです。

もも姫は以前 多い時でエレンタールを4つ飲んでいたことがありました。

1日の運動量がそんなに多くなく、身長や体重から考えて もも姫の場合はエレンタールを4つよりも多く飲む必要はないと思います。


エレンタールを多く飲み過ぎると病状が悪化する


もも姫の場合はエレンタールを多く飲むと お腹がゆるくなりやすく、そうなると直腸病変のところに痛みが出てくることが多くて、直腸周囲膿瘍が悪化する可能性があるので、もも姫の今の病状ではエレンタールをあまりたくさん飲み過ぎるのはよくないと思っています。


エレンタールの摂取量を増やすのは大変なこと


エレンタールは以前4つ飲んでいて、その後3つになり、クローン病の調子がずっと良かったのでそれから1日2つに減らしました。

エレンタールを減らす時は簡単なんですけど、減らしてから1日2つの生活パターンに慣れていたので、それからまた3つに増やすのは結構大変でした。

1日に2つ飲んでいた時は、朝と夕方にエレンタールボトルを1本飲んでいました。

1日3本に増やそうと思ってから、最初は 朝、昼、夕に1本ずつエレンタールを飲むことにしましたが、それまで昼にエレンタールを飲んでいなかったので、朝飲んで 昼にまたエレンタールを飲むのが嫌で、エレンタールを飲むのをやめて ついつい美味しい食事のほうを食べてしまうこともありました。

朝も昼も夕方も 食事の時間に毎回エレンタールを飲むのは、しばらくの間だけならなんとか飲めても それをずっと長く続けていくのは気分的にもあまりよくないなと思い、以前3つ飲んでいた時と同じく、朝、午前中のうちにエレンタールを2つ飲んでしまうことにしました。

その方法で飲んでから、1日にエレンタールを3つ毎日続けられるようになりました。

午前中のうちに2本飲んでおくと、昼はエレンタールなしで食事だけを楽しめるので、嬉しいです。


エレンタールを野菜ジュースで作り、体を元気にする


エレンタールの飲み方は、最近は野菜入りジュースでエレンタールを溶いて飲んでいます。

この野菜ジュースで作るというのも、もも姫のクローン病の症状を良くするために良いのではないかなと考えて、数週間ほど前からずっと毎日野菜ジュースでエレンタールを溶いて飲んでいます。

野菜は、食物繊維の多い野菜は腸の活動を活発にして腸管に刺激を与えるため 、炎症性腸疾患(IBD)クローン病のもも姫はあまりたくさん摂取できないですけど、野菜ジュースなら少しは安心かなと思い、これまでりんごジュース等でエレンタールを溶いていたのを野菜入りのジュースにして試しています。

少し前にブログで、エレンタールを伊藤園の充実野菜の野菜ジュースで溶いて飲むというのを書いて、あれから色々な野菜ジュースを買ってきてエレンタールを溶いて飲んでみました。

そのいくつか試したなかで もも姫が好きな味は、カゴメの野菜生活で溶いたエレンタールです。
さっぱりとした甘さがあり、果物の味がして美味しいです。


 


野菜ジュースとエレンタールの組み合わせは、美味しくなさそうなイメージがあったので これまではあまり飲んでいませんでしたけど、カゴメの野菜生活で溶いたエレンタールは結構美味しくて もも姫は気に入っています。

野菜生活のジュースと、オレンジ味のフレーバーとグレープフルーツ味のフレーバーもエレンタールボトルに一緒に入れてシェイクしますよ。
フレーバーを混ぜないと 野菜ジュースだけではやっぱり味がよくないです。

参考記事
エレンタールを野菜ジュースで美味しく作って飲み元気に。クローン病 栄養剤


野菜の栄養で腸管の粘膜を強くする


野菜ジュースには色々な種類の野菜や果物が入っているので、野菜の中に含まれるビタミン等の栄養素が腸管の粘膜を丈夫にしてくれるんじゃないかなという期待をして飲んでいます。

野菜では、人参や緑の濃い野菜も最近少し意識して食べるようにしています。
腸管の粘膜が強くなり、クローン病の直腸病変の症状が良くなって治ればいいなと思っています。

参考記事
腸の粘膜を強くする方法。食物繊維を摂取してクローン病の症状を治す

エレンタールと野菜生活で もも姫のクローン病はきっと良くなるはず~
そう思って、毎日エレンタールを3つ頑張って飲んでいます。

※2017年4月現在 エレンタールは1日に2つだけ飲んでいます。 


クローン病の症状は良くなっている


クローン病の直腸周囲膿瘍や直腸近くの瘻孔によるおしりのあたりの痛みは、全く出ないということはなくて、先週も痛くなって微熱が出ていましたが(同じことを再び書きますが、これは何年か前のことです。)、でも、痛みの出ない日もあって 全体的に見ると 前よりも良い時が多くなっています。

お腹が緩くなるのがよくないので、そのことも気をつけないといけないです。

色々と気をつけないといけないことがあるから 気を強くして頑張っていかないと あれもこれもなかなかできません。


体の健康のための基本的なことを気をつける


適度な運動をして体力をつけたり 体に栄養をつけて病気を治すということは、よく言われていることで 全然目新しい方法ではないですけど、その基本的なことがちゃんと出来ていたかというと もも姫はあまり出来ていなかったので、そのことを少しでも改善することができたら、体がそれまでよりも元気になれるのではないかなと考えました。

クローン病の症状が悪い時には 運動ができなかったり 食事が食べられなくて絶食することもあるので、栄養もちゃんととれなくて 痛みや熱で体が弱ってしまい、病気の症状がなかなか良くならないということがあります。

腸を安静にしていて良くなる時はいいのですけど、もも姫の直腸狭窄の近くにある瘻孔や直腸周囲膿瘍は簡単には良くなりにくく、ちょっと治しにくいんです。

でも、それをなんとかして治そうと頑張っています。
体に力をつけて クローン病の症状がだんだん良くなっていけばいいなと思います。

体を適度に動かし、エレンタールをこれまでよりも増やして、野菜ジュースを飲んで栄養を摂取し体に力をつける

そして、まだ他にもクローン病症状を治すために頑張ってしていることがあるので、そのことは またブログで書けたらと思います。
(「クローン病症状を治す」のカテゴリでいろいろ書いています。)

今日もカゴメの野菜生活でエレンタールを作って飲んでいるのですけど、今日は野菜生活のオリジナルのジュースではなくて、野菜生活「紫の野菜」で溶いて飲んでいます。
たまにちょっと味を変えると楽しいですね。

野菜生活 紫の野菜は、紫にんじんを増量してポリフェノールがUP と書いてありますよ。

紫にんじん なんか体に良さそうです。
元気になれそう~

※このブログを書いてから何ヶ月か後に直腸周囲の膿瘍は消えてなくなりました☆
そして、痛みもほとんど出なくなりました。

参考記事
直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

スポンサードリンク


【関連記事】 
クローン病症状を治す。体力をつける

クローン病…病気が治る、良くなると信じて生きていく。信じることは希望・幸せ

クローン病症状を治すために。体重を増やすこと

難病クローン病 できること できないこと


直腸病変の症状がなかなか治まらなかった頃、なたまめ茶を毎日飲んでいました。
症状が良くなってからは飲まなくなりましたが、なたまめ茶は歯槽膿漏や痔ろう、膿瘍などによいと聞き、飲んでみたところ なんとなくよい気がしています。(効果は人それぞれ違うと思います。)
クローン病は完治していないので、直腸病変の具合がよくないなと思う時にはなた豆茶を飲むようにしています。
抗生物質の薬はあまり何度も使わないほうがいいですから、できれば なるべく自然な方法で治すようにしたいです。




[関連記事]
スポンサードリンク