flower border

愛愛日記~クローン病ラブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

大きな幸せ・真の幸福は不幸の中にこそある

Category
恋をして 楽しい時間を過ごしていたら
食べ物のことなんて 忘れてた

素敵な愛に心惹かれていたら
その間 食べられないことなんて気にもならなかった

恋って 愛って すごいな


今日は絶食をがんばろう

そんなもも姫のために 神様は素敵な愛を与えてくださいました

愛は 食べ物のことを忘れさせてくれる~..笑
☆*:.。. (≧▽≦) .。.:*☆

もも姫は食いしん坊だけれど でも
いつもはそんなに食い意地は張っていないよ

今日は 食い気より色気でいくの

食べられないけど 今日はとてもハッピー♪

すごく嬉しい

食べられない時だから 不調な時だから
愛がとても嬉しいと感じ 大きな幸せを得られたのでしょう


~柳田邦男さん(作家)の素敵な言葉~

人間は基本的に不幸の中で生きている

誰もが不幸を感じながら生きているのです

今を一生懸命に生きていれば 必ず不幸は幸福へと姿を変える

不幸の中にこそ きらっと光る幸せの種が落ちている

真の幸福とは不幸の中にこそあるもので

不幸というものを体験せずに

幸福になることなどないと思っています


(2015年1月29日のブログ)

スポンサードリンク

❤2013年9月5日のブログ
~大きな幸せを感じられるのは悲しみや苦しみがあったから~

今日は午後から青空になり、
とっても綺麗な空だな~と思って しばらく見ていました。

そういえば もも姫は
これから春になろうとする頃や、夏のはじまりの頃にも とても綺麗な空です~と、ブログに書いていました。

季節が大きく移り変わる時期 人は、
嬉しさや寂しさ、切なさ、儚さ、色々なことを心に感じて
その感受性豊かになっている心が、空や自然の景色を より美しいと感じるのではないかな~
と思います。

もも姫が今日 空がすごく綺麗だな~と感動したのは、
その時、もも姫の心が とても幸せな気持ちだったから。

なんかとても嬉しくて幸せだったので
綺麗な空を見たあと、
乗っている電車の中で 電車が走る時の大きな音に紛れて、小さな声で歌を歌ってしまいました..

「空に~憧れて~ 空を~かけてゆく~
あの子の~命は~ ひこうき雲~♪」 
ユーミンの歌です。

とても感動している時に美しい空を見て
この歌が出てきました。

歌を少しだけ歌ったあと、
誰かに歌を聞かれなかったかな~と 後ろの席のほうを確認してみたら、
近くには誰もいなかったので、良かった~と思いました。


大きな幸せを感じられるのは 悲しみや苦しみがあったから。

もも姫は いま とても幸せです。


❤️2014年7月23日のブログ
~生きてる 大変でも幸せだよ~

大変だった..

でも すごく がんばった

がんばった

がんばった


いま 生きてる

生きてる

生きてる

人間って どんなに大変でも そう簡単には死なないものだね

いま 生きてる

生きてる

生きてる


大変なのは 生きているから

大変なのは 一生懸命 生きようとしているから

でも 大変な時でも 幸せだよ

すごく心配してくれて 優しくしてくれて 支えてくれて


♪関連ブログ記事
幸せになる方法。クローン病でたくさん幸せになれた
食べる楽しみ 幸せ。クローン病(炎症性腸疾患)と食事
ベートーヴェン ピアノソナタ 熱情。病苦で出会えた幸せと感動
京都 鈴虫寺の説法のお話と幸福地蔵様への願いごと・お守り

♪関連記事
スポンサードリンク