flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病 下血で貧血。フェロミアの薬と食べ物で貧血が治る 

Categoryクローン病 症状
過去に投稿した記事です。2017年5月に編集して更新しています。


にゃん にゃん にゃん 2月22日 きょうは猫の日なんですね~
もも姫は 湯豆腐をふ~ふ~ふ~ってして食べましたよ。

湯豆腐の日 というのはないようですけど、豆腐の日は10月2日だそうです。

湯豆腐のお鍋には、サラダほうれんそうを入れて食べました。

ちょっと変わっているかもしれないですけど、サラダほうれんそうを湯豆腐に入れて食べたら、葉がやわらかくて美味しかったですよ。
もも姫はサラダほうれんそうをよく使います。

サラダほうれんそうは アク(シュウ酸)が少ないので、アク抜きをしなくても食べられて便利です。

ほうれんそうに関係することで、今日は下血と貧血の話です。


IBDクローン病 下血


もも姫は炎症性腸疾患(IBD)のクローン病がありますが、以前、1年に数回ほど下血をしていたことがありました。
今は何年も下血していません。(目で見てもわからないほどの少量の出血はあるかもしれませんが。)


下血で貧血になる


下血があると心配になりますが、何年か前に、
1、2回下血をしただけで かなりの貧血になってしまったことがありました。

血液検査のヘモグロビンのおよその基準値は、男性:13~17g/dL、女性:11~15g/dLとされているそうですが、それがその下血をした時は、7ぐらいになっていました。

病院で血液検査をして先生に貧血と言われるまで、特にふらふらしたり めまいがする等の自覚症状はなかったのですけど。

でも、そう言われてみれば その少し前に、駅の階段を上っていて息がなんか苦しいな~と思って途中で休んだことを思い出しました。
それで、あ~あれは貧血だったからしんどくなったんだとわかりました。


貧血の薬 フェロミアで胃の調子が悪くなる


貧血になっているということで、診察時に先生が、前に1年くらい飲んだことのある貧血のお薬フェロミアを処方されました。

貧血のお薬は、副作用で時々胃が痛くなることがありますけど、その前に フェロミアを1年飲んでいたときは1日1錠飲んでいても大丈夫で、たまに胃がムカムカしたり痛くなることがありました。

ヘモグロビンが7だった時には、前の先生と別の先生だったこともあり、フェロミアを1日2錠処方されて、寝る前にフェロミアを2錠飲んで眠ったら、次の日の朝起きた時に胃がムカムカして すごく気分が悪くなり、ベッドから起き上がれなくて、その日は1日中ずっと寝ていました。

それで、それからフェロミアは1日1錠だけ飲むことにして、あとは食事で貧血を治すことにしました。


貧血を治す食事


貧血を治すために食べたものはサラダほうれんそうで、毎日食べました。

それから、お医者さまが、貧血には海苔がいいよと教えてくれたので、海苔もよく食べました。
前に、海苔はクローン病ではあまり食べないほうがいいと栄養士さんに言われたことがあったかもしれないですけど、もも姫は時々海苔を食べていて それで特に体調が悪くなったということはなく、問題ないようです。

そして 一ヶ月半後の診察日の血液検査では、ヘモグロビンの値が13を越えていて、先生がすごく驚かれていました。

貧血がそれほど急に良くなったのは、きっと サラダほうれんそうと海苔を食べたのが良かったんじゃないかな~と思っています。

貧血にはお薬もよく効くけれど、食べ物で治せたら もっといいですね。 お薬はやっぱり副作用が出ることがありますから。

もも姫は貧血に良いと言われているレバーが苦手で、食べられないんです~
いま もも姫は、下血もなく、貧血もないです。


貧血はないけど..でも、この一週間くらい なんか少しふらふらする感じなんです。
寝不足かな~?

パソコンをする時間を少し減らして のびのびしようと思います。
ネコちゃんみたいににゃんにゃんゴロゴロ~ として過ごしますよ。

        ねこちゃん☆

大分前のことですけど、血液検査で貧血になっていることがわかった時に、母がプルーンの少し乾燥したものを買ってきてくれて食べていたこともありました。

プルーンは鉄分やビタミンB群が多く、貧血を予防するということです。

でも、プルーンを食べていた時は プルーンがあまり好きな味でなくて美味しくなかったので、あまりたくさん食べられませんでした。


鉄欠乏症貧血とヘム鉄サプリメント


「鉄欠乏症貧血」は、体内の鉄の不足が原因で、赤血球中のヘモグロビンが減少することによって引き起こされます。

ヘモグロビンは鉄やたんぱく質からできていて、血液により全身に酸素をとどける役割を持っています。
ヘモグロビンをつくる材料の鉄が不足すると、末端まで酸素が行き渡らなくなり、体が酸欠状態になって、めまいや立ちくらみなどの貧血の症状が現れます。


貧血改善のために。食事で鉄を含む食材を食べる


鉄は、ヘム鉄非ヘム鉄の2種類に分けられます。
ヘム鉄はレバーやシジミなどの動物性の食品に含まれ、非ヘム鉄はほうれん草やひじきなど植物性の食品に含まれます。

ヘム鉄に比べて非ヘム鉄は体への吸収率が低く、吸収を助けるはたらきのあるビタミンCと一緒にとるのがよいとされています。


サプリメントで貧血を改善させる


貧血改善のためにサプリメントを試してみるのもよいかもしれません。

DHCの健康食品 ヘム鉄
吸収率のよいヘム鉄が効率よく補える 栄養機能食品(鉄・ビタミンB12・葉酸)


鉄鍋などで鉄分をとる


食品で鉄分を摂取する他には、鉄鍋や鉄の包丁などを使用すると少しずつ鉄が溶け出して鉄分がとれるということです。

スポンサードリンク


クローン病 下血。苦しいことも辛いこともいつかなくなる


(2015年に投稿したブログ日記。2017年5月に編集して更新)

3月になりましたけど まだまだ寒いです。

おとといは寒い日で体が冷えて、そんな寒い中 外出していました。


寒い日 クローン病症状が悪くなる


薄着をしていたので 冷えるなと思いながら動き回っていたこともあり、夕方くらいからクローン病の症状が悪くなって 夜に38度の熱が出てしんどかったです。
夜はあまり寝られませんでした。

昨日 熱は下がったのですけど、寝不足なのと 熱が出たあとで体がだるくて おとなしく過ごしていました。
でも、体がだるくてもピアノは弾きましたよ。

頭がぼんやりとして体調がもうひとつな時は体力をあまり多く使わない曲を弾くのがいいと思い、バッハのパルティータを練習することにしました。

この頃はバッハの曲とシューマンのダヴィッド同盟舞曲集をよく弾いていて、
シューマンのほうは和音がたくさんあったり 音が大きく跳躍したり 速いテンポで弾いたり 腕全体をよく動かして 全身の力も多く使い、
それに比べると バッハのパルティータのほうは指のほうを中心として弾く部分が多いので、体があまり元気でない時はバッハを練習するのが安心だなと思いました。

バッハのパルティータを真剣に練習していたら、体が慣れてきたのか シューマンも弾けそうな気がしてきて
そのあと、シューマンのダヴィッド同盟舞曲集を練習することができました。


大量下血した時のこと IBDクローン病


ピアノはまあまあたくさん弾いていて、練習の終わり頃に ふと、
「そういえば 下血はもう全然しなくなったな~」と思いました。

ピアノとは関係ないことだけれど..笑
でも、体調のことを気にして最初ピアノを弾いていたので、そんなことが頭に思い浮かんだのかなと思います。

下血は何年か前まで 一年に数回くらい忘れた頃にあったのですけど、いつの間にか下血しなくなりました。

下血していた時は赤い血だったので、大腸の下のほうからの出血だと思います。
もも姫はクローン病で直腸に病変があるため、たぶん直腸のあたりからの出血だったと思います。

直腸のバルーン拡張術を何度もしているうちに直腸の狭窄がだんだん拡がってきて、狭窄が良くなってきた頃から下血しなくなったような感じです。

以前 クローン病で遠くの地域にある病院に通院していたことがありますが、その時の通院では、ホテルに一泊して 翌朝の午前中に診察を受けたこともありました。

そして ある時には、翌朝の診察のために ひとりでホテルに泊まっていた時に、ホテルのトイレで結構な量の下血をして、大丈夫かなと とても不安になったことがありました。

その時の下血は、最初 たくさんの量の出血があり、その後の数回は少量でした。
でも、大量の下血をしてホテルの部屋でひとり倒れてしまったら怖いと思い、診察予定の病院へ電話して、主治医に連絡をしてもらいました。

先生は、「一度大量に下血して その後は少し落ち着いているということなら いまはちょっと様子を見て 次の日の診察で診ましょう」と言われました。

翌日 病院へ行って検査と診察を受けると、下血をしたことで貧血になっていました。

下血は ホテルであったあとは治まり、フェロミアのクスリを処方していただいて、その日の午後に自宅へ帰りました。

体調不良な中の遠方への通院は、心細く大変でした。

一度 通院の帰りの新幹線の中で体調不良になり、車掌さんの仮眠室で寝かせていただいたこともありました。
その時はとても有り難かったです。


苦しいことや辛いことは いつかなくなる


ピアノを弾いていて 下血のことを思い出した時、下血は もうずっと何年もしていなくて治っているので、その時苦しいことや辛いことは いつまでもずっと続くことはないんだと思いました。

他のことも思い出してみたら、
クローン病の直腸狭窄がひどかった時、すごく苦しくて、もも姫 ひとりでトイレで泣いたこともありました。どうにもならなくて辛く悲しかった..

直腸狭窄は長い間苦しんで絶望的かとも思っていましたけど、でも 今は直腸狭窄は良くなっていて、あの時の苦しかったことはなくなっています。

小腸の狭窄でも以前苦しみましたけど、今は小腸の狭窄はなく、お腹の調子は結構安定しています。

それから、病院の誤診により3年絶食した時もそうでした。
もも姫は もう 一生食事ができないまま生きていかないといけないのかと何度も考えましたけど、でも そんなことはなく、その後食事ができるようになりました。
現在は結構いろいろな食べ物を食べられています。

その時辛いことや苦しいこと、大変なことは いつかなくなる

病気以外のことでも 過去に嫌だったこととか 悩んだこと、大変だったことが 今はなくなっています。

痛みや苦しみ、悲しみ、これまで辛かったことは いまは全部なくなっていて、今はまた別のことで考えることもあるけれど、でも そのことも月日とともにだんだん変化していきます。

苦しく大変なことも少しづつ変化していくけれど、良いことや嬉しいこともずっと同じようには続かないですね。

辛いさなか 苦しいさなかには その苦しいことがなくなるということはなかなか考えられないですが、
でも、自分も周りも必ず変化していくから ずっと同じ状態ではないはずです。


生きることはサバイバル


おとといは熱と体調不良であまりよく眠れず、昨夜はまた午前2時頃まで起きていたのですけど、今日の体調はまあまあな感じで、悪くはないです。

暑かったり寒かったりすると体調不良になりやすいので、早く暖かくなってほしいなと思います。

でも、「暑い時も寒い時も 色々な困難や苦しいことがある中 生き抜いていく」 それが生きるということですね。サバイバルです。

生き抜くといえば..
昨日、女性最高齢の方が117歳の誕生日を迎えられたというニュースを見て驚きました。
人は117歳まで生きられることもあるのですね。

117歳の女性の方が 誕生日で美味しそうにケーキを食べられている写真を見ました。 お元気そうです。

もも姫が117歳まで生きていたら その時はどんな風になっているかなと想像してみました。
美味しそうにケーキを食べているかな?と、まずそのことを考えました。

そうなったら きっと ニュースで、15歳でクローン病になりながらも117歳まで強く生き抜いたもも姫さんと大きく報道されるでしょう。

117歳まで生きていたら、その時まで この「愛愛日記~クローン病でも大丈夫」(以前のブログタイトルです。)のブログを続けますよ。

その時まで 皆さまも長生きして、もも姫の117歳の時の愛愛日記のブログを見てくださいね。 …笑


【関連記事】
クローン病発病時の症状 初期症状

クローン病 食事の我慢

バルーン拡張術 直腸狭窄の治療と大腸内視鏡検査。クローン病

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

egao  

最近、読み始めました。

私、48歳になる男性です。20年来の腹痛の原因が昨年の秋、クローン病と確定診断されました。小腸狭窄です。今日のブログで目頭が熱くなり、コメントしました。応援しています。

 | REPLY |   

あかちん  

NoTitle

こんばんは。
もも姫さんが117歳になるころは
あかちんは生きてないな(笑)
短くても長くても私自身に与えられる寿命があるなら
一日一日を大切に生き抜いていこうと思ってます。

 | REPLY |   

miwa  

はじめまして

直腸狭窄のバルーン治療について検索していてもも姫さんのブログにたどりつきました。
クローン病歴5年のmiwaと申します。
主治医から近々、肛門狭窄のためバルーン治療をすすめられています。麻酔がききにくいうえに「バルーン治療は意識を保ってもらっておかないとダメなんだ」と言われて、激痛との戦いを考えると嫌でたまりません。
もも姫さんのブログを拝見して前向きに気持ちを切り替えないとこのままじゃいけないなと少し思えてきました。ありがとうございます。

 | REPLY |   

もも姫  

Re: egaoさんへ

コメントありがとうございます(*^_^*)

小腸狭窄は苦しいですね
狭窄がバルーン拡張術で拡がり、その状態が長く続くと良いですね。
私はレミケードが効いているのか
小腸は今のところ良い状態が続いていますが、
食事やストレスに気をつけて
腸が炎症を起こさないように願い、
良い状態を長く保つことができれば嬉しいなと思います☆

egaoさん また 時々 ブログを見に来てくださいね♪
お待ちしています☆

 | REPLY |   

もも姫  

Re: あかちんさんへ

こんにちは☆
寿命が120歳だとしても
120年間あっという間なのではないかなと思います。
与えられた命を大切にして
自分の思うように生きていけたら満足です☆

 | REPLY |   

もも姫  

Re: miwaさんへ

miwaさん コメントありがとうございます☆

麻酔がききにくいのですか…
バルーン拡張術時の痛みが心配ですね

「バルーン治療は意識を保ってもらっておかないとダメなんだ」
と先生に言われたということで
もも姫もこれまで色々な先生に診てもらっていて、
同じ治療をするにしても先生によって治療の仕方が違うんですね。
バルーン拡張術の時に、意識がある状態でないとダメだといわれる先生もおられますし、
もも姫の今の主治医は、できるだけ痛みを感じないように考えてくださる先生で、
バルーン拡張術の経験が豊富で、その治療技術には自信を持っておられます。

ブログで以前書いているのですが、もも姫は前に別の病院で 何度か麻酔なしでバルーン拡張術を受けたことがあり、その時の痛みはとても耐えられる痛みではありませんでした。
小腸狭窄と直腸狭窄とでは拡張の時の痛みが違うかもしれません。
直腸のほうは痛みを感じやすいのかもしれません。

今の病院では、静脈麻酔と痛み止めを使ってバルーン拡張術をしていただいてますが、
最初の頃は麻酔をしていても痛みを感じました。
狭窄がひどかったからだと思います。
でも、その痛みは麻酔なしの時の半分以下でした。
麻酔をしていても痛みに対する反応があったので、その時は全くの無意識な状態ではないと思います。
痛みが強い時以外は眠っていて意識はありませんでした。
先生のほうで最初は麻酔の量を加減されていたのかもしれません。
何度かバルーン拡張術を行ううちに、麻酔量を少し増やしていただいて、
痛みが少ないとバルーン拡張術があまり恐怖ではなくなり、その後何度もバルーン拡張術を行なったことにより、今は直腸狭窄が拡がっています。
前回のバルーン拡張術の時は無痛でした。
小腸狭窄手術の全身麻酔をしている時にもバルーン拡張術をしていただいたことがあります。

前にも、バルーン拡張術時の痛みが耐えらないというコメントをいただいたことがあり、その方に 麻酔をかけてくれるよう先生に相談してみてくださいというお返事をして、その後、先生が麻酔を使ってくださったようで、痛みがなくなり楽になったと喜ばれていたことがありました。
もも姫はバルーン拡張術時の凄まじい痛みを知っていますし、
miwaさんが主治医に痛みのことを相談されて、それでも治療時に激痛で耐えられないなら、別の病院へ相談に行くのもまた大変なことですけど、でも、病院によって色々なので、また参考にしてみてくださいね☆

 | REPLY |   

もも姫  

Re: 非公開コメントmさんへ

コメントありがとうございます。
とても嬉しく思います☆
クローン病で苦しいこととか悲しいこととか色々ありますけど、
そんなのには負けないとバネにして 肥やしにして
良い人生にしていきましょうね☆
クローン病があるから頑張れる ということもあります
(*^_^*)

色々な方からメッセージ等をいただいているのですが、
体力的に余裕がなく なかなかお返事が出来ずにいます…
そのため、メール交換等はできないのですが、ブログのコメント欄に書いていただいたら もも姫がわかる範囲でお返事させていただきますので、またなにかあれば 空いているコメント欄に いつでも書いてくださいね☆
非公開コメントの場合は、差し障りのないようにお返事したいと思います。


 | REPLY |   

みこ  

はじめまして

はじめまして。急なコメント失礼します。
私もクローン病で直腸下部と肛門に狭窄があります。
拡張術を定期的に受けているのですが、一ヶ月ほどで
狭くなってしまい、うまく便が出ずに今年便詰まりになってしまい
入院して一時的に拡張しました。
そのときストマになるかもしれないといわれたことがあり、
今では詰まるんじゃないか、とご飯を食べるのもとてもこわいです><
一生この不安は消えないのかと悲観的になっていましたが
もも姫さんのブログをよんで、もしかしたらこの先
狭窄がよくなるかもしれないと勇気をもらいました!ありがとうございます!
わたしも希望をもってがんばろうとおもいます!!!!!
長文失礼しました。

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

Re: みこさんへ

はじめまして みこさん

私も何年か前は、バルーン拡張術をしたあと3週間後くらいには もう 直腸がだんだん狭くなってしまっていた時期がありました。
そして、直腸の狭窄がひどくなってイレウス(腸閉塞)になり緊急入院をして拡張してもらったこともあります。

でも、バルーン拡張術を何度も行い、
今は狭窄が大分良くなりました(*^_^*)
もも姫が良くなったので、みこさんも良くなる可能性が十分にありますね☆

ストマ(人工肛門)のことは、私もずっと前から心配しているので
みこさんの気持ちがよくわかります。
直腸狭窄の他にも、クローン病で直腸癌や痔瘻癌になる人が増えてきているから そうなる前に人工肛門にしておく方法もあると外科の先生に言われたことがあります。
癌になるかならないかわからないのに そんな大きな手術をすることは考えられません..

色々心配なことはありますけど、でも
きっと大丈夫という気持ちを持ちながら
今できることをがんばっていきましょう☆☆☆


 | REPLY |   

miwa  

アドバイスありがとうございました

3月に肛門狭窄のためのバルーン拡張術についてコメントをいただきましたmiwaです。
他にお医者さんを探そうかなど色々考えましたが、どう探したら良いかもわからず・・・。
現在の主治医はクローン病の専門医ですし、
今回は諦めてはじめての体験を受け入れてみようと向き合うことにしました。

結果、麻酔を少し使ってもらえました。
また大腸カメラと一緒にバルーン拡張術を行う予定でしたが、カメラが通ったので今回の拡張術はパスとなりました。
でも狭くなっていることは確かなので今後、狭窄が進めば確実にバルーン拡張術を受けることになると思います。
もも姫さんの丁寧なお返事に勇気をもらいました。とても感謝しています。

クローン病は体調に波がありますよね。
思うように行動できなかったり、なんで?というほど強烈な痛みが出たり、その分、普通に過ごせる事の大事さに気づけたり・・・・。大変なこともたくさんあるけれどできるだけ無理をしないように付き合っていけるようになれたらと考えています。

 | REPLY |   

もも姫  

Re: miwaさんへ

その後の治療のことをお知らせいただいてありがとうございます。
大腸内視鏡検査の時に麻酔を少し使ってもらえて
それから、腸の狭窄があまりひどくなっていなくて良かったですね。
大腸に狭窄があると、内視鏡検査の時に結構痛みますものね。
大腸の下の方は炎症が起こりやすいと主治医が言われていたので 色々な症状が出てきて困りますけど、クローン病の治療も少しずつ進んできて 色々な治療ができるようになってきているので、また何年後かには きっと 新しい良い治療が受けられるようになると思いますから、それにも期待しながら 毎日明るい気持ちで過ごしていきたいですね☆☆


 | REPLY |   

コメント投稿