flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病

Categoryクローン病 症状
炎症性腸疾患クローン病の症状や治療のことなどについてまとめました。


クローン病とは


クローン病は、1932年にアメリカ合衆国ニューヨーク市のマウント・サイナイ病院の医師、ブリル・クローン Burrill B.Crohn、レオン・ギンズバーグ Leon Ginzburgとゴードン・オッペンハイマー Gordon D.Oppenheimerらによって、腸結核とは異なった回腸末端部の疾患として報告されました。

クローン病は、大腸や小腸の粘膜に慢性の炎症や潰瘍を引き起こす炎症性腸疾患(IBD)です。
原因不明の病気で、完治させる治療法は現在ありません。
クローン病は厚生労働省から難病に指定されています。

炎症は口から肛門までの消化管のどの部分にも起こる可能性があり、病変の部位により、小腸だけに病変がみられる小腸型、小腸と大腸の両方に病変がみられる小腸・大腸型、大腸だけに病変がみられる大腸型などに分けられます。

クローン病のX線所見や内視鏡所見で特徴的なものは、縦走潰瘍といわれる縦に伸びた4~5cm以上の潰瘍、潰瘍と潰瘍の間の粘膜が半球状に隆起して凸凹状になる敷石状外観を示す粘膜像であり、クローン病診断の有力な手がかりとなります。

クローン病は、活動期(様々な症状がある状態)と症状が治まっている状態の寛解期(緩解期)を繰り返すことが病気の特徴です。

炎症性腸疾患の患者数は年々増加しており、平成26年度の潰瘍性大腸炎の患者総数は約16万人、クローン病の患者数は約4万人ということです。


クローン病の症状


クローン病の主な症状としては、腹痛、下痢、発熱、体重減少、肛門部病変などがあります。
クローン病で起こる肛門部病変としては、痔瘻、肛門周囲膿瘍、裂肛、潰瘍などがあります。


腹痛


クローン病の腹痛は持続性であることが多く、食事の摂取によって憎悪します。
また、腹痛に伴って悪心や嘔吐が起こります。
腸管合併症として胆石、尿路結石が起こることがあり、それらに伴う腹痛が生じることもあります。


下痢


潰瘍性大腸炎でみられる下痢は、その多くが血性下痢で、クローン病でみられる下痢は、軽症のものから激烈なものまで幅広くみられます。
特に、左側結腸や直腸に病変が存在する場合は、排便回数が多いといわれています。

睡眠中の下痢は、過敏性腸症候群のような機能性疾患よりは、炎症性腸疾患のような器質的疾患の存在を強く疑う手がかりとなります。


発熱


炎症性腸疾患の発熱は、一般的に37℃くらいの微熱が多いということです。
クローン病では、肛門周囲膿瘍や腹腔内膿瘍などがある時にも高熱が出ることがあります。
腸管外合併症で胆石や尿路結石がある場合、尿路感染症や胆道感染症が生じると高熱が出ることがあります。


瘻孔、腸の狭窄


クローン病の炎症は腸管壁の深くまでおよぶことから腸管に孔があき、腸管と腸管が孔でつながったり、腸管と皮膚が孔でつながる瘻孔(ろうこう)といわれる病変が生じることがあります。

また、炎症を繰り返すことで腸管が狭くなる狭窄や、腸の狭窄により食べたものなどが通過できなくなる腸閉塞などが起こることもあります。


腸管外合併症


炎症性腸疾患の腸管外合併症としては、手指のバチ状指、関節炎、虹彩炎、結膜炎、アフタ性口内炎、成長障害、肝胆道系障害、胆石、腎結石、閉塞性水腎症、強直性脊椎炎、肛門部病変、結節性紅斑、壊死性膿皮症、静脈血栓などがあります。

アフタ性口内炎による口腔内の痛みは、クローン病でよくみられるということです。

クローン病発病時の症状 初期症状


クローン病の治療


クローン病治療の目的は、腸管の炎症を抑えて症状を落ちつかせて寛解に導き、寛解状態を長く維持させることです。
寛解とは、日常生活にまったく問題ないくらいに症状が落ちついている状態のこと。

基本的な治療は、栄養療法と薬物療法を中心とした内科的治療が行われ、内科的治療で効果が得られない時には外科的治療が行われます。

消化器科の先生の話
「IBDの患者さんは一人ひとり、背景、病気の重症度、合併症の程度、社会的な立場などが異なるため、治療法もそれにあわせて対応していくことが大事です。」


クローン病治療 栄養療法


栄養療法は、活動期には主に成分栄養剤を用いた経腸栄養療法や静脈から栄養剤を投与する完全中心静脈栄養法が行われ、緩解期には在宅経腸栄養法が行われます。

《経腸栄養療法 栄養剤の種類》

成分栄養剤 エレンタール
消化態栄養剤 ツインライン
半消化態栄養剤 ラコール

エレンタールを美味しく飲む工夫 作り方・飲み方・濃度・温度

エレンタールを野菜ジュースで作って飲み元気に。クローン病 栄養剤 


クローン病治療で用いられる薬


5-アミノサリチル酸(5‐ASA)製剤
5-ASAを有効成分とする薬で、腸管の炎症を抑えます。
代表的な薬にメサラジン経口剤、サラゾスルファピリジン経口剤があります。

⚫︎メサラジン経口剤
商品名…ペンタサ錠250mg、ペンタサ錠500mgなど
 
小腸から大腸にかけて薬を放出する薬です。

⚫︎サラゾスルファピリジン経口剤
商品名…サラゾピリン錠500mgなど

大腸の病変の症状を抑え、再燃を予防するために使われます。

ステロイド経口剤
活動期の炎症を抑えて症状を改善するために使用されます。
ステロイドは即効性・有効性の高い薬ですが、長期に大量に服用すると骨粗しょう症や糖尿病などの副作用が起こる可能性があります。

⚫︎プレドニゾロン経口剤
商品名…プレドニン錠5mgなど

抗菌剤

⚫︎メトロニダゾール経口剤
商品名…フラジール内服薬250mgなど

感染症に使用される薬でクローン病にも使用されることがあります。

⚫︎シプロフロキサシン経口剤
商品名…シプロキサン錠200mgなど

免疫調整薬(免疫調整剤)
 アザチオプリン(イムラン、アザニン)
 メルカプトプリン(ロイケリン)

抗TNF‐α抗体製剤
たんぱく質を利用して作られる生物学的製剤の一種
炎症を引き起こすタンパク質のTNF-αに体内で結合し、その作用を抑える薬

 インフリキシマブ(レミケード) 点滴で投与
 アダリムマブ(ヒュミラ) 皮下注射

クローン病症状とレミケード治療の効果


クローン病の食事療法


クローン病は再燃と緩解を繰り返す病気で、クローンの病治療は緩解期ができるだけ長く続くことを目標として行われますが、
緩解維持のためには薬物療法や栄養療法と同じく食事療法がとても重要です。

もも姫はクローン病になってから大分長く、
これまで その時のクローン病の症状に合わせながら食事制限をし、生活してきましたが、
ここでもう一度 クローン病の食事療法について勉強し考えてみたものを まとめて書いておこうと思います。


クローン病の栄養食事管理


クローン病の栄養食事管理は、クローン病患者さんそれぞれの炎症や栄養状態により、異なった方法や内容になります。

炎症が起こっている活動期には食事を減らし、TPN(完全静脈栄養)やED(成分栄養剤)を中心に行い、炎症が徐々に消失し緩解状態になる時期には食事を少しずつ増やします。

クローン病患者さんそれぞれに病変の部位や消化吸収機能が異なり、膨満感、腹痛、下痢、などを誘発する食品も様々ですので、体質や状態によっては ある種の食材や料理方法が炎症を悪化させることもあるため、クローン病患者さんひとりひとりが自分の炎症の状態を観察しながら自分に合った食材や料理方法を選んで食事をすることが大切です。


クローン病 食事の基本

 
1.腸を安静に保つ食事内容
  • 低残渣食にする。
 非水溶性繊維の多い食材は腸粘膜を刺激するため、下痢の原因になります。
  • 刺激物を避ける
 香辛料、アルコール飲料、炭酸飲料、酸味の強い食品は腸粘膜を刺激し、炎症を悪化させます。
  • 飲食物の温度に注意する。
 冷たいものは腸粘膜を刺激し、下痢の原因になるため避けるようにする。
  • 消化の良い食材を選ぶようにする。

2.脂肪(脂質)を抑える

脂肪を多く摂取すると、腸管を刺激します。
動物性脂肪は炎症を引き起こす原因となるので、腸管を安静に保つために低脂肪の食品を選ぶようにする。
n‐3系脂肪酸(EPA・DHA)を含むシソ油や魚油は炎症を抑える作用があるといあわれているので、少量の使用は可能です。

3.たんぱく質はできるだけ魚、大豆製品からとるようにする。
牛豚鶏などの肉類や牛乳たんぱくは、食事性抗原となり、炎症を引き起こす原因になるのではないかと考えられています。

4.食事の仕方に注意する。
 一度にたくさん食べることは避け、分割して食べるようにして腸への負担を少なくする。

5.調理方法
  • 煮る、蒸す、焼く調理方法で主に料理をし、油を使う揚げ物や炒め物は避けるようにする。
  • 食材を加熱し過ぎないようにする。
 料理によっては加熱し過ぎるとかたくなり消化が悪くなることがあるため
  • 味つけは薄味を心がける
 調味料は控えめにし、香辛料は避ける。
 
  • 野菜はよく煮て食べる。生野菜は食べないようにする。
 繊維の多い食品は繊維を細かくしたり裏ごししたりして調理する。
 酢の物など酸味の多い料理は腸管を刺激する場合があるので控えめにする。


クローン病 食材の選択


緩解期での食事の食材選びです。人によって多少異なります。
いくつかのクローン病冊子を参考にしてまとめてみました。

比較的安心な食材

【穀類】
ご飯、うどん、粥、食パン(トースト)、もち

【豆類】
豆腐、納豆、豆乳、みそ、きな粉、高野豆腐、ゆば

【野菜類】
大根、白菜、玉ねぎ、ほうれんそう、かぼちゃ、キャベツ、人参、ブロッコリー、かぶ、、カリフラワー、トマト(皮をむく)、なす(皮をむく)

【いも類】
じゃがいも、長いも、里芋

【果物類】
りんご、もも、ばなな、メロン、すいか、果汁100%ジュース

【魚介類】
いわし、まぐろ、さんま、さば、あじ、いとより、はまち、さけ、にしん、たい、さわら、メルルーサ、はも、すずき、太刀魚、しらす干し、かき、ぶり、かじき  練り製品(はんぺん等)

【肉類】
ささみ 脂肪の少ない部位の肉(ヒレ肉、子牛の肉)

【卵類】
鶏卵、うずら卵

【乳製品】
ヨーグルト(症状に応じて) 乳酸菌飲料(チーズ、牛乳)

【海藻類】
水溶性食物繊維 ミキサーにかける

【油脂類】
しそ油 MCT油

【砂糖類】
砂糖、はちみつ

【菓子類】
乳ボーロ ウエハース せんべい

【嗜好飲料】
番茶 せんべい


クローン病で避けたい食材 

【穀類】
そば、中華めん、赤飯、玄米御飯、ぶどうパン、クロワッサン、インスタントラーメン  

繊維が多く残渣が多いので消化が悪い

【芋類】
こんにゃく、しらたき

【豆類】
大豆 油揚げ 生揚げ がんもどき 皮つき小豆 硬い煮豆
おから ぶどう豆 ささげ いんげん豆 そら豆
 
繊維が多く残渣が多いため消化が悪い

【野菜類】
わらび、ぜんまい、とうもろこし、タケノコ、もやし、ごぼう、レンコン、セロリ、ふき、山菜、うど、にら、漬物、にんにく
一度に多量の野菜を食べないようにする。
繊維が多くかたいので残渣が多く、消化が悪い。腸への刺激が強い

【きのこ類】
しいたけ、えのき、しめじなど

【果物類】
酸味の強い柑橘類、なし、干し果物、パイナップル、柿

酸味が強いと腸を刺激する。繊維が多く残渣が多い

【魚介類】
貝類、佃煮、干物、塩辛、缶詰(油漬け)、いか、たこ、小えび、するめ、干しえび

胃腸での停滞時間が長く負担となる。塩分が多い

【肉類】
脂肪の多い肉、霜降り肉、ハム、ベーコン、肉加工品、バラ肉、ソーセージ、ひき肉

脂肪の多量摂取は不消化や炎症を引き起こす原因となる。
加工品は塩分や添加物が多く含まれる場合が多い。

【卵類】
いくら、数の子、固ゆで卵、生卵、たらこ

加熱し過ぎたり生で食べると消化が悪くなる。
魚の卵は塩分が多く胃腸に余分な負担となる。

【乳類】
アイスクリーム、生クリーム 

下痢症状を悪化させることがある。

【海藻類】
こんぶ、ひじき、佃煮、わかめ

不消化で残渣が多い。

【油脂類】
ラード、ヘッド、サラダ油、ごま油、バター、マーガリン

動物性油脂やリノール酸(n‐6系脂肪酸)を多く含む植物性油脂は炎症を引き起こす可能性があるといわれています。
油を使用する場合は、MCT油(中鎖脂肪酸)やシソ油(n‐3系脂肪酸 EPA、DHA、α‐リノレン酸)の油を
少量使用するようにする。

【種実類】
ピーナッツ、アーモンド、ピーナツバター、ごまなどほとんどの種実

【砂糖類】
羊羹

【香辛料・調味料】
カレー、こしょう、からし、わさび、しょうが、唐辛子、脂質の多いマヨネーズやドレッシング

腸管を刺激して腸管の運動を更新させる

【菓子類】
ケーキ類(バターや生クリームの多いもの)、アップルパイ、ドーナツ、ババロア、チョコレート、揚げパン、あん菓子(つぶあん)、豆菓子、かりんとう、揚げせんべい、南部せんべい、げっぺい、中華クッキー、スナック菓子  

脂肪の多量摂取は不消化となる。

【嗜好飲料】
炭酸飲料、アルコール飲料、コーヒー、ココア、抹茶、玉露

腸管を刺激し、腸管の運動を亢進させる。

スポンサードリンク
クローン病専門誌を参考に、食べても比較的安心な食材と避けたい食品を書いてみましたが、改めて見てみると、クローン病で避けたほうがよい食品がたくさんあるなと思います。

もも姫の主治医はクローン病専門医で、豚肉は食べても良いですよと言われるなど食事の制限がわりと緩やかです。

クローン病専門誌にも、クローン病の食事でこれが良いという絶対的な基準は未だにないと書かれているので、食べても安心と書かれている食材でも人によっては合わない場合があると思いますし、さけたい食品と書かれている食材でも大丈夫な場合もあると思います。


もも姫の場合では、昨年はぶとうパンにはまり毎日食べていて..笑 
それで特にお腹の調子が悪くなることはなかったですし、今は小腸に狭窄がないので、いんげん豆の料理なども食べていました。
いんげん豆にもかたいものと柔らかいものがあるので、かたいものはやはり、もも姫の腸にはあまりよくないと思います。

少し前までは、スナップえんどう豆が美味しいなと思い食べていましたけど、でも それも、時々かたいものがあるので控えることにしました。

海苔の佃煮や生卵、バターも時々食べることがあります。
あと、小腸狭窄がなくなってからは時々 野菜のもやしもたまに食べています。


お酒は もも姫は クローン病と診断されてからはほとんど飲んでいませんが、クローン病の専門冊子にはこう書いてあります。

『個人差が大きく一概には言えませんが、原則的にアルコールは腸管粘膜に障害性を示し、病状が悪化する可能性があるので、アルコールは控えたほうがよいでしょう。』

コーヒーや紅茶、緑茶、ウーロン茶については、コーヒーに含まれているカフェインそのものがクローン病に影響するわけではないので、腸管の炎症の強い時期でなければ節度のある飲用で問題ないということです。
紅茶が大好きなもも姫は、節度を守って飲むようにします。

クローン病 食事献立表 病院食事IBD食 クローン病入院


おすすめのクローン病料理レシピ本


安心レシピでいただきます!―潰瘍性大腸炎・クローン病の人のためのおいしいレシピ125 

発売日は大分前となっていますが、現在出ているクローン病の料理本などすべて見たなかで、このレシピ本はとてもいいと思います。


潰瘍性大腸炎・クローン病の人の食事 (健康21シリーズ 14)

この本にはレシピがたくさん載っていて、見ていて楽しいです。



クローン病で外食をする時の注意点

  • 炎症があって下痢をしている時など症状の良くないときは外食しないようにする
  • 外食は脂肪分が多い料理が多いので、料理を選ぶ時には内容を十分に検討して選ぶ
  • 揚げ物料理の場合は衣をはがして食べたり残すなどする
  • ソース類(マヨネーズやドレッシング等)は控えめにする
  • 食べてよい食品と悪い食品を知り、残すようにしたり選ばないようにする
  • 1回に食べられる量を守る。
  • 外食の1人前の量は多いので残すことも大切。もったいないと思わないこと
  • 外食は1日1回以内にする
  • 食事時間は規則正しく守る


n-3多価不飽和脂肪酸とn-6多価不飽和脂肪酸について


豚肉や牛肉、サフラワー油などに多く含まれるn-6多価不飽和脂肪酸は、
体の中でアラキドン酸になり、そのアラキドン酸が代謝されて炎症を引き起こす物質になることがあります。

魚やしそ油(えごま油)に多く含まれるn-3多価不飽和脂肪酸は、代謝されても炎症を引き起こす物質にはなりません。

⚫︎サフラワー油などの植物性油にはリノール酸などのn-6多価不飽和脂肪酸が多く含まれるため、
大量に摂取するのはよくありませんが、リノール酸は必須脂肪酸で体を作るために大切な栄養素のひとつなので、
極端に食べるのを控えるとリノール酸欠乏症になることがあります。
そのため、植物性油も適度に摂取するのがよいということです。

⚫︎オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、n-9多価不飽和脂肪酸のひとつで、
炎症を悪化される作用はないと考えられているため、オリーブオイルを制限する必要はないということです。


腸内環境を整えることはクローン病に良い


腸内細菌のバランスを整えて腸内フローラを良い状態に保つことはクローン病に良い影響があると言われています。


腸内細菌のバランスを整えるためには


栄養バランスの悪い食事やストレス、過労、抗生物質の薬などの影響で悪玉菌が増えるので、それらのことを避け、善玉菌を増やす食事をとるように心がける。


腸内細菌のバランスを整える食事


⚫︎豆類や野菜類、果物を食べる
腸内細菌を整えるには活性酸素を減らすことが大切で、そのために抗酸化作用の高い成分を多く含む野菜や果物を食べるのが良い。

⚫︎食物繊維が多く含まれる食事を摂取する(クローン病の症状が悪い時には食物繊維の多い食べ物は腸に負担がかかるので避ける)

⚫︎ヨーグルトやオリゴ糖など善玉菌のエサになる食べ物を食べる
オリゴ糖は大豆やバナナ、ハチミツ、玉ねぎなどにも含まれる






クローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌 CCJAPAN 特集:妊娠・出産・小児


CCJAPANはクローン病と潰瘍性大腸炎の総合情報誌です。
何年か前に定期的に購読していたことがありました。
もも姫はクローン病になってから大分長く、現在はクローン病についての情報をそれほど必要とすることがないため、読んでいないです。


 
クローン病についてまとめて書いてみました。
また気がついたことがあれば付け足していくことにします。

[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿