flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

青じそ(紫蘇・大葉)のプランター栽培日記と料理

Categoryブログ日記
もも姫のお家のベランダでは 今 色々な種類の野菜を栽培して育てています。
キュウリ、ミニトマト、ナス、ピーマン、インゲン豆、オクラなど

そして、今年は初めて青じその栽培にチャレンジしてみました。
青じそは育てやすいと聞いていましたから、
初心者のもも姫でも簡単に育てられるかなと思いました。

青紫蘇のことを もも姫は 青シソと言っていましたけど、
ちょっと調べてみたら 青じそが正しいのかなと思い、ブログでは青じそと書くことにします。
青紫蘇は大葉ともいいますね。

青じその苗は4月頃にホームセンターで購入して、
そのあとプランターに植えかえて栽培しています。

青じそは初めて育てるので育て方がよくわかりませんでしたけど
少し調べてみると、
日のよく当たる場所に青じその苗を置いておくと 成長は良いけれども葉がかたくなって美味しくない ということで、
大葉はやわらかいほうが美味しくて
クローン病のもも姫のお腹にもやさしく食べられるので、
ベランダのあまりたくさん日の当たらない場所に青じそのプランターを置いて育てています。

青じその葉がたくさん出来すぎて食べきれなくなったら困るなと思い、苗は1本だけ購入して育てています。

青じそ栽培の成長の様子は、4月から時々写真にとって記録していました。


ベランダ菜園 青じそのプランター栽培成長日記

⚫︎4月14日の青じそ

買ってきて間もない青じその苗で、まだ葉も少なくて弱々しい感じです。

  青じそのベランダ栽培 4月14日画像
 

⚫︎4月23日の青じその様子

10日ほど経ち、葉っぱの数が増えて 葉の大きさも大きくなっています。

  青じそのベランダ栽培 4月23日画像

このあと 青じその葉を何枚か収穫して料理に使い、
その数日後にも2回葉を収穫しました。


⚫︎5月14日の青じその様子

順調に育っています。

  青シソベランダ栽培5.14
 

収穫した青じその葉

  青シソ収穫 5.14

元気で青々としたきれいな葉です。

この収穫した青じその葉を使って作った料理は、ちりめん山椒と青シソのおにぎりです。
料理というほどでもないけど.. 


  青シソとちりめん山椒のおにぎり クローン病食事・料理


クローン病のもも姫は、シソの葉を横にして葉の繊維が短くなるように包丁で細く切りました。
消化を良くして食べるためです。

おにぎりは、収穫したての新鮮な青じその香りがとてもよくて
美味しかったです


このあとくらいからプランターの青じその様子がちょっと変になってきました..

青じその葉の先や葉のまわりが黒く茶色っぽくなり、
縮れて枯れているような感じで、そんな葉がいくつも出てきました。

そうなった原因は全然わからなくて、水不足かなとも思ったので 水をそれまでよりも少し多めにあげました。

それからちょっと元気になったような感じもしましたけど でも なかなか元の生き生きとした青じその葉に戻らなかったため、しばらくそのまま様子をみることにしました。

それから数週間ほどはずっと葉の周りが黒く縮れたような感じが続いていたので、
もう枯れてしまうかもしれない ダメかなと思いましたけど、
放置している間にいつのまにか復活して元気になっていました。

きれいな緑色の新しい葉がたくさん出てきています。


⚫︎6月17日の青じその様子

  青シソベランダ栽培 6.17 


ご飯料理の鶏肉のひつまぶしを作った時に、
ベランダで収穫した青じその葉を細く刻んでかけて食べたら とても美味しかったです。


  鶏肉のひつまぶし 青じそ料理 クローン病食事 画像



青じその苗が元気になって葉がたくさん増えてきたので、
何日か経ったらまた葉を収穫して料理に使って食べようと思います。
これからの暑い季節は、冷ややっこやそうめんのつゆの薬味などに青じそを使っても美味しそうですね。



~追記~

6月22日に青じその葉を4枚収穫して
鉄火丼(マグロの丼ぶり)の料理を作る時に使って食べました。
青じその苗は元気です。

⚫︎6月27日 青じその葉を5枚収穫

混ぜご飯を作る時に入れて食べました。
収穫したての葉は香りがいいです。
ちりめん山椒と梅干しと青じその葉の混ぜご飯です。

青じその新しい葉がたくさん出てきています。

⚫︎8月6日

毎日とても暑いですが、青じその苗は元気で
前にブログに書いた時から30枚くらい葉を収穫して家族が食べています。

スポンサードリンク


☆青じそとタラコとシラスの混ぜごはん。クローン病 食事と料理
(2014年4月のブログ)

昨日は 青じそを使った混ぜご飯を作って食べました。
青じそとタラコとシラスの混ぜ御飯です。

ご飯を普通に炊き、炊き上がってすぐにタラコとシラスと青じその細切りを混ぜました。

もも姫はクローン病で青じそを生で食べるのは消化がちょっと心配なので、炊き上がったばかりの熱々のご飯に青じそ等を入れた後に 炊飯器の蓋をして少し蒸らしました。

そうすると青じその色は少し悪くなりますけど、でも、青じその葉が柔らかくなるので 生で食べるよりは少し安心して食べられます。

青じそとタラコとしらすの混ぜ御飯は シソの香りが良くて美味しかったです。


昨夜の夕食メニューは その青じその混ぜ御飯と お味噌汁(人参、玉ねぎ、卵)、エレンタールだけにしました。

お腹がいっぱいになって ちょっとたくさん食べてしまったかなと思いましたけど、その後お腹の調子はなんとか大丈夫でした。

[関連記事]
スポンサードリンク