flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病で3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記

スポンサードリンク

大関ヶ原展を京都文化博物館で見る。徳川家康没後400年記念

Category京都
きょうはお天気がいいね

夏の青空 気持ちいいよ


愛愛日記~クローン病でも大丈夫 2015年7月20日


日差しが強くてまぶしいから サングラスをかけなけゃね

あっ.. もも姫 サングラス持ってないんだった..
どこかで失くしたの..

こんなお天気のいい日は アイスクリームが食べたくなるね

このあいだスーパーで
アイスクリームを見て ちょっと食べたくなったけど
でも 買うのはやめたよ

冷蔵庫にスイカがあるから もも姫はスイカにするの
スイカ スイカ♪
スイカ食べられて 嬉しいな♪


今日は、クローン病入院治療の話はちょっとお休みして
おとといの土曜日に行ってきた大関ヶ原展のことを書こうと思います

京都文化博物館で7月26日まで開催されている
徳川家康没後400年記念特別展 大関ヶ原展です。


大関ヶ原展ポスター 京都


この日は体がなんかとてもだるくて重くて
歩くのがしんどかったです。

外科で入院治療をし、退院後10日ほどは
体の痛みや違和感でベッドで安静にしていることが多かったですから
それで 体力が落ちているのかもしれません。
だるいな~重いな~しんどいな~と思いながら
一歩一歩あるいていました。

だるいのは夏の暑さのせいもあるかもしれませんけど、
大関ヶ原展に行った日は耐えられないような暑さではなかったです。


京都文化博物館 愛愛日記~クローン病ブログ


土曜日ということもあってか
京都文化博物館の大関ヶ原展はとてもたくさんの方が見に来られていて
大人気でした。
大分混雑していたので、
退院後体力がなく歩くのが少し大変だったもも姫は
人混みで体調が悪くならないか心配でしたけど、
でも 結構ゆっくりじっくりと展示を見ることができました。


~大関ヶ原展 展示内容~

プロローグ 描かれた戦場
第1章 秀吉の死ー再乱の予感ー
第2章 合戦前夜
第3章 決戦!関ヶ原
第4章 戦後の世界、天下人への道のり
第5章 徳川家康の素顔
エピローグ 家康の神格化

合戦に関わった武将の鎧や兜、具足、刀や徳川家康の書状など
貴重な品を色々見ました。
金扇馬標という、戦場で家康を象徴した金の扇が展示されていて、
それがすごく大きくて
こんな大きな金の扇が戦場に置かれていたんだなと
戦いの様子を想像していました。

関ヶ原合戦図屏風や関ヶ原合戦絵巻、関ヶ原合戦絵図
なども見ましたが、その絵の中で、
片方の手で長い刀を持ち、
もう片方の手で血が出ている頭を持って歩いている武将の絵を見て
ギョッとしました..
そしてその近くには
頭のない胴体が転がっている様子が描かれていました。
絵だからまだ客観的に見られますけど、
実際の戦場は凄まじいものだったのだろうなと思います。

展示の最後のほうには
重要文化財の木造徳川家康座像(知恩院蔵)があり、大きな像で、
徳川家康はこのようなお顔をされていたのかなと思いながら
見ていました。

像とはいえ 徳川家康さまの前に立つと ちょっと緊張します。
徳川家康さまは少し下の方を見ておられたので
もも姫も下の方から家康さまを見て 目を合わせてみました。
徳川家康さまと目が合うと さらに緊張が大きくなりドキッとしたので
目を合わすのはやめて また上から見ることにしました。
迫力のある徳川家康座像でした。

展示を見ている途中 入院の時に治療した体の部分が
少し痛む時があったので、
展示室に置かれている椅子に座って少し休んだりしながら
見ていました。


  大関ヶ原展 京都博物館


大関ヶ原展を見終わったあとは、
大関ヶ原展のグッズを販売しているショップを見て
そのあと京都文化博物館内のショップも見て楽しみました。


お家に帰ると、
あ~疲れた~と思って ベッドで休みました。
体が重くてだるかったけれど
大関ヶ原展を見にいけて良かったと思います。


今朝 体重をはかってみたら 
結構あったので..笑
体が重いのは ほんとうに体が重くなっているからかもしれません
毎日そんなにたくさん食べていないのですけど
もも姫の胃腸は 元気に働いて
食べたものの栄養をよく吸収してくれているようです。

昨日もまた出かけていましたが、
少しずつ 体力をつけていくことにします




スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク