flower border

愛愛日記~クローン病ラブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

クローン病直腸瘻孔の痛みが..出来ることをしていれば大丈夫

Categoryクローン病 直腸狭窄・肛門周囲膿瘍・瘻孔
今日は朝にクローン病の直腸の痛みが出て
ピアノは弾けないな~と思い、
痛みがマシになるまでベッドで横になって
できることをしていました。

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)はなくなっているので、
直腸あたりの瘻孔(ろうこう)の痛みです。

痛みが出た原因は、
トイレに行きたくなった時に
トイレに行くまでのあいだ少し我慢したからです。

10~15秒くらいのことなんですけど。
家にいてトイレにすぐに行ける状況でも
このくらいの時間は我慢しないといけないので
仕方がないことです。

対策を考えるなら、
朝トイレに行きたくなくても行っておいて
お腹をマッサージしたりして
腸の中をある程度空にしておくことかなと思います。

我慢した時にいつもいつも痛みが出るということもないんですけど、
でも 痛みが出ることが多いです。
最近は痛みが出る回数は少ないですけどね。

今日は、カテキン茶の量を少し増やして
お茶に混ぜて飲みました。
カテキンは、もしかするとクローン病の症状に良いのではと
前から少しだけ信じています☆(*^_^*)
カテキンのことは以前 ブログで書いています。


もしかすると、直腸が
拡張した時よりも少し狭くなっているのかも
ということも考えられます。

今日は痛みはそんなに強くなかったですけど、
この瘻孔の痛みは 痛みが強くなくても体がしんどくて
座ったり立ってなにかをするのは大変なので、
寝ていました。

ベッドで横になって、
スマホでブログの過去記事の整理をしていました。
前からしないといけないなと思いながら
ずっと長い間途中で作業が止まっていたので、
この機会にすることにしました。

体調悪くてもできることありますね。
体調が悪かったから、
普段なかなかできなかったことが出来ました
(*^_^*)

あと、他にもピアノ関係のことを
ベッド上でしていました。

スマホのゲームも少ししていたけどね
(*^_^*)☆
スマホのゲームは、ディズニーの牧場ゲームをしていて、
それをすると すごくリラックスできます。


お昼過ぎには痛みが少しマシになったので
遅い昼食を食べて
そのあとにピアノの練習を数時間しました。
少し微熱っぽかったのですけど、
なんとか弾けそうだったので練習頑張りました。

生命をかけてのピアノ練習という感じですけど、
でも それだけ情熱をかけられるものがあるというのは
幸せなことだなと思います。
ピアノを長い間習わせてくれた親に感謝しています。

クローン病でピアノが弾けない時もあるけど、
ピアノがあるから
クローン病があっても気丈に生きていけている
ということもあります。

それと、愛もですね♡ 愛は心を幸せにしてくれます♡
クローン病があったことで
幸せな愛に巡り会うことができました。

人生はほんとうに上手くできているなとよく思います。
もも姫は色々できないことがあるし、
とてもひとりでは生きていけないなと
自分で思いますけど、
でも そんなもも姫には
助けてくれる人が周りにちゃんといてくれて
これまでは特に困ることなく生きてこられました。

自分がその時にできることを一生懸命に頑張っていれば
これからもきっと 良いようになるんじゃないかなと
そんな風にも思っています☆


今はまだほんの少し体の痛みが残っているのですけど
ブログを書いています。
体調がよくない時はブログいっぱい書きます
(*^_^*)
出来ることをする☆

もも姫 書きたいことが山のようにあるんですけどね..
考えていることを言葉にして文章にまとめて伝えるのが難しくて大変で
なかなか早く上手く書けないので、
また少しずつ書いていきたいと思います☆

今日は文章の内容が全くまとまらない殴り書きのようでしたが、
(いつもそうかも..)
ベッドに寝て書いているひとりごとを
読んでいただいて ありがとうございました♪

今夜はゆっくり休んで 明日また頑張ります☆


スポンサードリンク
♪関連記事
スポンサードリンク