flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病診察でチョコレートを食べてもいいと先生から言われた。

Categoryクローン病 食事
2015年12月公開のブログ
2017年1月更新


クローン病の診察とレミケードの点滴で病院に行ってきました。

レミケードの点滴をする前には体重をはかりますが、もも姫は体重がまた少し増えていたので..笑
レミケードの投与量が少し増えました。

投与量は増えたけれど、レミケード点滴中は いつもと特に変わりなく、問題なく点滴できました。

血液検査をして、その検査の結果は異常なしでした。

診察日の数日前に クローン病の合併症の痛みが何日か出ていて 微熱も出て ベッドで横になって休んだりしていたのですけど、診察日のCRPは正常値でした。

診察では、先生に聞いてみたいことがあったので質問してみました。

その質問は..
チョコレートを食べてもよいか ということです。 笑

もも姫はクローン病の食事療法を長く続けていて、チョコレートは脂質が多いですし クローン病ではあまり食べないほうがよい食品だということはよく知っています。

でも、体調のよい時に少しくらいなら
チョコレートを食べても大丈夫なんじゃないかなと思い、
自分のこれまでの経験でも、体調を考えながら少量食べるのなら大丈夫なことが多かったので、長い間診ていただいているクローン病専門医の主治医の考えを聞いてみたいなと思いました。

それで、先生が「チョコレートは食べたらダメです!」と言われたら
食べるのをやめることにしようと思いました。

診察の時 主治医の先生に、
「あの..チョコレートは食べないほうがいいですか?」
と恐る恐る聞いてみました。

そしたら 先生は、
「チョコレート 食べてもかまわないですよ。 どうして食べたらだめなんですか?」
と言われたんです。


もも姫はチョコレートを食べてもいいそうです。
やった~~♡
チョコレートが食べられる
..って…先生に聞く前に自分の判断で少し食べていましたけどね..笑

先生は、
「チョコレートは ほんとうは食べたほうがいいんですけどね~」
と言われていました。

そうですよね。
チョコレート 食べたほうが きっと体にいいですよね。

でも、「食べ過ぎたらダメですよ」と念を押されました。

それはもちろんわかってます♪
もも姫のお腹は、食べ過ぎはどんな食べ物でもダメ。

チョコレートは、ひとくちサイズくらいのものを1日に2、3個くらいまでかな〜

他の食べ物との組み合わせのこともあるので、チョコレートを食べる日は他の食べ物の脂質量を減らすなどして ちゃんと考えながら食べる… つもり…笑

もも姫はクローン病の治療を大分長い間しているのに
今ごろどうしてこんな質問を先生にしてみたかというと、
少し前に、「もしかすると チョコレートを毎日少しずつ食べたら クローン病が良くなったりして..」
と考えたことがあったんです。

いや、だって..クローン病の原因はまだはっきりとはわかっていないし 意外なことが良かったりするかもしれないなと思って。

砂糖や甘い食べ物を多く摂取するのは
腸によくないとか色々な情報があって
もも姫も 砂糖や甘い物の摂りすぎはやっぱり腸や体によくないんじゃないかなと思っています。

でも、チョコレートを食べると元気になることありますよね。
美味しいですからね♪

クローン病のもも姫は、チョコレートは絶対に食べられないということはなく、
チョコレートを食べたら 病状が必ず悪化してしまうということもないし、
もしかしたら 少しの量を食べるくらいなら体に良い作用のほうが大きいかも?しれないし

診察の時に先生からチョコレートを食べてもいいと言われたことで、
絶対に絶対にダメと思わなくてもいいんだと思い、楽しみが増えて 気持ちに余裕ができ、心が穏やかになりました。


この何年かは、お店のチョコレート売り場やお菓子売り場などは、はじめから見ないようにして 無視して通り過ぎることも多かったですけど、
最近また少し チョコレート売り場を見て どれを食べようかな~と選んだりしています。

チョコレートの食べ過ぎには気をつけて、
それから 砂糖や甘い物の摂取も控えめにしながら
たまに ちょっと食べて 「あ~美味しい~♪ 」と、幸せを味わいたいと思います。

いつもいつも毎日食べられるものは そんなに大きく感激しないけれど、
たまに少しだけ食べられるものは とても美味しく感じて、嬉しさや幸福感が大きいです。


もも姫は 診察の時に主治医からチョコレートを食べてもいいですよと言われましたけど、
その時のクローン病の症状によってはチョコレートは食べないほうがよい場合があると思いますので、
クローン病の方は チョコレートを食べる時には もも姫のように主治医の先生に聞いてからにしてくださいね☆

♪ブログでは前に、低脂質なチョコレートシロップを使ったチョコバナナサンドを作って食べた時のことを書いています。

チョコレートシロップ使用の低脂質チョコバナナサンド レシピ クローン病


 チョコレート 愛愛日記クローン病   チョコレート 愛愛日記クローン病とピアノ  チョコレート 愛愛日記クローン病

スポンサードリンク


❤️クローン病だけどチョコレート食べたいな 食べようかな♪
(2014年2月11日のブログ日記)

もうすぐ2月14日 バレンタインデーですね

もも姫は バレンタインには特になにかをする予定はないですけど
愛の気持ちを 贈ろうかな

でも 愛の気持ちは..バレンタインじゃなくても いつも贈っているかな~


スーパー等のお店に行くと バレンタインのチョコレート売り場が とても賑わっていて
炎症性腸疾患 クローン病でチョコレートを食べるのを避けているもも姫は、そのチョコレート売り場を少し離れたところからチラッと見て「チョコレートは見ない買わない 」と心で唱えながら通り過ぎます。


チョコレートは大好きですけど、2年ほど食べていないです。

昨年の今頃のブログには、チョコレートは1年くらい食べていませんと書いていました。


チョコレートは 一度食べると 美味しくてたくさん食べてしまうので、買わないように 食べないようにしています。

チョコレートを少しだけ食べる というのはなかなかできないんです~。。

あんなに美味しいものは 食べ過ぎてしまうから絶対に食べない~

と思っていたけど..

少し前に 百貨店の伊勢丹の広告でバレンタインのチョコレートの写真が色々載っているのを見て すごく美味しそうだったので 買って食べてみたくなりました。

~パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ という催しで、
ショコラティエ・パティシエの作る、見た目がとても綺麗な一粒500円くらいする高級チョコレートが すごく美味しそうで..

そんな高級なチョコレートを3個ほど買って食べてみたいな~と思いました。

3個だったら もも姫のお腹の調子は たぶん悪くならないと思うし、大丈夫じゃないかな~

う~ん でも..
せっかくだから 5個くらい食べたいな~..

バレンタインデーまでに百貨店に行くことがあったら、
もも姫は 高級チョコレートを買って2年ぶりに食べてしまうかも~


その後、チョコレートの祭典に行ってきました。

❤️〜サロン・デュ・ショコラ 伊勢丹 チョコレートの祭典〜
(2014年2月14日のブログ)

京都伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ~ チョコレートの祭典に行って来ました。

バレンタイン前日で すごくたくさんの女性が来ていました。

フランスやベルギー、イタリア、日本など色々な国のチョコレートが売られていて、色んなお店を見ていたら時々試食をすすめられることがあったので、何回かチョコレートを食べましたよ。


サティーというお店のフランスで作られたチョコレートを食べてみたら、やわらかくて まろやかで とっても美味しくて
サティーという名前も作曲家のサティーと同じでいいなと思って サティーのチョコレートを買いました。

クローン病なのでチョコレートは食べないようにと気をつけていましたけど、
チョコレートを食べるのは2年ぶりです~

試食では少し食べましたけど、買ったチョコレートはまだ食べていません。

今朝 昨日買ったサティーのチョコレートの箱を開けて中を見てみました。

とっても美味しそうです~

チョコレートは、お昼ご飯のあとに食べようかなと思っているのですけど、
すごく美味しそうで 今食べたくて仕方がないです~

食べたい 食べたい..

今はエレンタールを飲んでいますよ

午後に食べるのが楽しみです。

[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

スバリスト  

平日は毎日食べてたチョコレート

仕事のある日はお昼休みにチョコレートを食べて回復してたのに。。。昼休みに食べるチョコレートが元気の源でした。
こうなってしまったらもう怖くて食べれませんな(笑)

あっ。そういえば、コメントにはちょいちょいボケやツッコミをかましていこうと思いますd=(^o^)=b

 | REPLY |   

つかみん  

NoTitle

食べられる物(食べても良い物)が増えるのは凄く嬉しい事ですよね(もも姫さんはすでに試していましたがw)。自分は今はまだステロイド治療中ですから、逆にその状態に甘えない様にして(本来は炎症状態のはずですから)特に脂質には注意しています。これを気にしなくてすんだら、どれだけ楽しくて嬉しいか、と、いう気持ちが伝わってくる報告ですね。エレンタールの件はもう少し待ってください。試す勇気が無いw試したら、必ずエレンタールのコメント欄に報告します。

 | REPLY |   

ヤス  

チョコレート

こんばんは。
クローン病患者におけるチョコレート摂取は、腎臓結石を作りやすくなるからだと聞いたことがありますが、少し調べてみると再燃時の脂肪の吸収不良の際に合併するもの。と書いてありました。

自分も、怖いなーと思ってチョコレートは避けてきたのですが、日々頭を使うことが多く、そんな時にチョコレートが目に入るとむしろ、ストレスでした。笑
今ではどうしても…!という時につまみますが、チョコレートのような甘くて至福!な食べ物は、たまに食べると美味しいから!なんて思って今では調節して食べるようになりました(*^^*)
せっかく、日本にもバレンタインデーやホワイトデーがあったりもしますし、永遠にダメじゃないとわかれば、食べるための一つとして、体調管理のしがいがあるように感じてしまいますよね♪

 | REPLY |   

双子パンダ  

こんばんは♪

今日の私のブログの内容がチョコレートのことだったので、もも姫さんの昨日のブログを見てリンクしていると思い嬉しくなりました( *´艸`)

CRPが正常値でよかったです♪
食べられないよりも、たまに食べられると思うとよけいに美味しく感じますね
(*´ω`*)

 | REPLY |   

もも姫より スバリストさんへ☆  

Re: スバリストさんへ

クローン病の症状やクローン病歴は人によって大きな差がありますので、スバリストさんは、他のクローン病の方の影響を受けることなく、自分の考えを頑固に守りぬいてくださいね! 笑
人から影響されて お腹に危険なものを食べてしまったり、逆に ほんとうは食べられるのに 人がダメだといっていたからと食べるのをやめたりすると、せっかくの幸せを奪われてしまうことにもなりますので、他の患者さんの話に影響され過ぎないで、主治医に聞いて、自分の判断で食べたり食べなかったりするのがよいと思います☆

もも姫は、これまでクローン病でありとあらゆることを経験してきた上で 現在 チョコレートを食べたり食べなかったりしています♪
(*^_^*)

スバリストさんのボケとツッコミ
楽しみ〜 (o^^o)

 | REPLY |   

もも姫より つかみんさんへ☆  

Re: つかみんさんへ

ありがとうございます☆
そうですね
クローン病では脂質を多く摂取しないようにと言われますから、症状がよくない時にはお腹に優しいものを食べたり、絶食して腸を安静にしたほうがよいですね。

チョコレートを食べる目的は、
美味しい♡という幸福感を味わうためですが、
もうひとつ
チョコレートの一口サイズを3つほど食べて、
それを3日間ほど続けたら、だんだん飽きがきて、4日目には もうチョコレートの味は十分満喫したから これ以上は食べなくてもいいやと思うんです。
そしたら、しばらくの間はチョコレートに気をとられることがなくなります。
食べられないからと悲しくなったり いじけることもなくなります。
(*^_^*)☆

つかみんさん エレンタールのこと ありがとうございます☆
また、あとでお返事書きますね。
o(^▽^)o


 | REPLY |   

もも姫より ヤスさんへ☆  

Re: ヤスさんへ

ヤスさん ありがとうございます☆
腎臓結石 そうでしたね!
腎臓結石も痛そうで怖いですね..

ヤスさんも チョコレートをごくたまに食べられることがあるのですね。
良かった。安心しました..笑
(*^_^*)
バレンタイデーとかクリスマスとか 年に何回か楽しみに食べられると、クローン病がある中でもQOLが高まりますよね☆

クローン病は若い時に発病する人が多いですし、
それからずっと何十年も肉や揚げ物やケーキにチョコレートと、あれもこれも制限する生活をし続けるのは大変ですから、日頃頑張っている自分に、たまにご褒美をあげながら、難病クローン病があっても機嫌良く楽しい気持ちで過ごしていければいいですね♪

 | REPLY |   

もも姫より 双子パンダさんへ☆  

Re: 双子パンダさんへ

こんばんは♪
双子パンダさんとブログの話題が偶然同じになったなんて嬉しい〜♡
(*^o^*)
チョコレートは、クローン病のもも姫のブログでは
そんなに何度も話題にならないことなのですが、
主治医から食べてもいいですよと言われましたし、あまり罪悪感を持たずに、時々 美味しく楽しくいただこうかなと思います♪

双子パンダさんのチョコレートのことのブログ 見せてもらうのが楽しみです。
(*^_^*)
パンダさんの形のチョコレートとかかな〜..笑

 | REPLY |   

コメント投稿