flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 食事 > title - クローン病でピーナツ食べる。生きているうちに食べたい物を食べて楽しむ

クローン病でピーナツ食べる。生きているうちに食べたい物を食べて楽しむ

Categoryクローン病 食事
(2015年に投稿したブログ記事を編集して更新)

最近もも姫は色々なものを食べています。
コロッケを食べたり チョコとクリームの入ったパンを食べたり…
おとといはカレーシチューを作って食べました。ルウは脂質控えめのものを使って。

他には なにか食べたかな~?

えー … 忘れました… 笑


クローン病でピーナツ入りのせんべいを食べる


お菓子は、この何年かはあまり食べたくならなくて そんなに食べていなかったのですけど、何週間か前に なにか美味しそうなお菓子を買おうかなと思い、お店のお菓子売り場で見ていたら ピーナツの入ったおせんべいがあり、これはきっと美味しいだろうなと思って 買って食べてみることにしました。

炎症性腸疾患のクローン病があって ピーナッツを食べるのはちょっと無謀と思うかもしれないですけどね。

ピーナツは、消化があまりよくなさそうなのでクローン病の診断がついてからはほとんど食べていませんでした。
食べるのを避けていました。

でも、今のもも姫はピーナツせんべいを食べても大丈夫かもしれないと思い、食べて試してみたら、大丈夫のようでした。

ピーナツせんべいは少しかたいですけど、脂質は思っていたよりもずっと少ないようでした。

1度、ピーナツせんべいが美味し過ぎて
食べるのが止まらなくなり…

たくさん食べたあとにお腹が緩くなってしまったので、それからは食べる量に気をつけて、よく噛んで 美味しさを長い時間味わうようにして食べています。
お腹は大丈夫です。


先月エレンタールを飲む量を減らしてから ずっと体調が良いです。

今日は午前中 寒さで お腹がちょっとおかしかったですけどね…

クローン病があっても現在はピーナツせんべいを食べられて
もも姫はとても嬉しいなと思っています。

そんなものを食べてクローン病が悪化しないか?
と、ほんの少し心配はありますけど、でも 大丈夫な時は食べても結構大丈夫なようです。

もも姫の場合はやっぱり、どんな食べ物でも お水でも 食べる量・飲む量が多いとお腹の調子が悪くなることが多いので、そのことだけは気をつけないといけないなと思っています。


生きているうちに好きなことをして 食べたいものを食べる


少し前に、知っている人が癌で亡くなったと聞き、数年前まで病気もなく元気だった方が 歳がまだ若いのにそんなに早く亡くなってしまわれたことに驚きました。

10代で難病のクローン病になったもも姫は、長い間闘病生活を続けながらも今も元気に生きていて… これはどういうことなんだろうなと思いました。
クローン病は命に直接関わる病気ではないけれど。

自分がこの世にいつ生まれて いつ命を終えるかというのは、自分の思うようにはならなくて、
どんな病気があっても 病気がなくても これから自分がどれだけ生きられるかは全くわからないことで

それを考えると やっぱり 人は、命あるものは この世に生かされているのかなと思います。

病気になるのだって、病気になった人は行いが悪かったから病気になったわけではありません。
同じように生活していても病気にならない人もいます。

いつ生まれて どんな病気になって いつ命を終えるかは、それぞれの人に定められた運命なのかな

もも姫は10代で難病のクローン病になりましたが、そうなったことを ひとつも悲しいことだとは思いません。

そのことで不幸だと思ったことはありません。

そういう運命で生まれてきて、それが自分のベストな人生だと思っているからです。

10歳でクローン病になり、それから嬉しいことも楽しいこともたくさんあって
それがもも姫の素敵な人生だと思っています。


ピーナツせんべいの話から どうしてこんな話になったかといえば、
人生はいつなにが起こるかわからないから
自分の命があるうちに 生きているうちに好きなことをして楽しんでおきたいと思い、

それで 食べたい物も、難病のクローン病があるからといって 長い間食べたいものを食べないままでずっと我慢し続けていくよりも 食べられそうな時はほどほどに食べて楽しむほうが幸せな人生になるだろうなと もも姫はそう思うのです。

クローン病になってから長いので、それでそう思うのですよ。難病でいつ完治するかわからないですからね。
でも クローン病は、緩解期の時は 日常生活ではそんなに困らないですね。

症状の悪い時には気を付けて食べるようにしますけど、お腹の調子が良い時、クローン病の症状がずっと長く落ち着いているときは、色々な食べ物を食べて楽しむチャンスです。

それで、この頃は 無茶はしませんが、色々なものを食べて楽しく過ごしています。


九十九島せんぺい


ピーナツの入ったおせんべいといえば..
子供の頃 九州の長崎の九十九島せんぺいというピーナッツ入りのおせんべいを
お土産で時々もらったので食べていました。

九十九島せんぺいは、とても美味しくて好きです。
上品な味のおせんべいですね。長い間食べていませんが。

せんべいではなくて、せんぺいなのですね。

今はネットでも九十九島せんぺいを買えるようで、食べようと思えば長崎まで行かなくてもネットで買って食べることができますね。

でも、長崎まで行かないと食べられないお菓子というのも、貴重な感じがしていいなと思います。

ピーナツは、ピーナッツとも言うのですね。
もも姫は、ずっとピーナツと言ってきました。

今日も ピーナツ入りおせんべいをお昼に何枚か食べたもも姫ですけど、お腹に気をつけて食べるようにします。

クローン病の方は、もも姫の真似をしてピーナツせんべいを食べないようにお願いします。
食べられる方は食べてください。

もも姫も、症状が悪い時にはピーナツは食べません。


腸内環境(腸内フローラ)を整える。乳酸菌、ヨーグルト、食事

スポンサードリンク


【関連記事】

クローン病の食事

クローン病ブログで「とんかつを食べた」と報告すること

絶食3年 食事が食べられないまま過ごした。クローン病

絶食して寝るだけの毎日…生きる意味・幸せを考えた

難病クローン病 できること できないこと

関連記事
スポンサードリンク