flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 食事 > title - 黒豆煮は正月に食べなくてもいい!常識にとらわれずに生きる

黒豆煮は正月に食べなくてもいい!常識にとらわれずに生きる

Categoryクローン病 食事
(2016年1月のブログ 2017年7月に編集して更新)

今日は1月5日
新年が明けてからもう5日経ちました。
月日の経つのはほんとうに早いな

もも姫は今朝、キッチンに黒豆煮があるのを見て、
あらっ? 黒豆煮 そういえばまだ食べてなかったな… と気がつきました。笑 いやん…

黒豆煮は子供の頃から母が毎年お正月のおせち料理で作ってくれたので、もも姫も好きで毎年たくさん食べていました。


炎症性腸疾患のクローン病で豆類は食べなかった


炎症性腸疾患(IBD)のクローン病と診断されてからは、消化があまりよくない豆類を食べるのが怖くなり、それからは煮豆や納豆などはほとんど食べなくなりました。

おせち料理の黒豆煮も、食べたとしても、3つとか…ほんの少しだけ恐々食べていました。

クローン病生活を大分長くしてきて、現在は小腸に狭窄がないこともあり、煮豆を食べてもお腹の調子が悪くならないようなので、この数年は 食べ過ぎないように気をつけながら豆類を食べています。


お正月に黒豆煮を食べなかったお腹の事情


今年のお正月、黒豆煮を食べようと年末にお店で真空パックのものを買ってきて
準備しておいたのですけど、新年が明けて今日は5日で まだ食べてませんでした…笑

でも、それには クローン病もも姫ならではの事情があったのです…

栗きんとんは、新年が明けてから自分で作り、すごく美味しくできて たくさん食べましたよ。

栗きんとんは、お店のものは甘過ぎることが多いですけど、お家では甘さ控えめに作ったので、さつまいもの素朴な味がして美味しかったです。

栗きんとんに入っている栗もサツマイモも、たくさん食べるとお腹が張りやすい食べ物で、クローン病のあるもも姫はやっぱり心配なので、お腹の様子を見ながら食べました。

そして、黒豆煮もそんなに消化がよい食べ物ではないので、栗とサツマイモと黒豆煮を同時に食べると腸に負担がかかるだろうなと思い、同じ日に食べるのはやめたんです。

栗もサツマイモも黒豆煮も少量ずつ食べれば問題ないのかもしれませんが、でも 栗きんとんはたくさん作って美味しかったので いっぱい食べたいなと思い、栗きんとんが残り少なくなる頃に黒豆煮を食べようと思っていました。

そう思いながら ちょっと忙しく過ごしていたら、黒豆煮のことを数日忘れてしまっていて…

それで、今朝 黒豆煮を見て
あっ…食べるのを忘れてた… と思い出したんです。

真空パックの黒豆煮は賞味期限がまだ長くあり、しばらくは美味しく食べられるので、今日か明日には食べようと思います。
お正月気分を長く楽しむもも姫…♪ 笑

真空パックの黒豆煮は、お正月以外でも食べることがあります。
市販の真空パックのものも結構美味しいです。

前に、ブログで 真空パックの黒豆煮を使って作った黒豆ごはんのことも書いていますよ。

黒豆ご飯 黒豆煮


お正月に黒豆を食べなくても 食べられる時に食べればいい


黒豆煮はお正月に食べなくても 食べられる時に食べればいいですよね。

クローン病生活を長くしていて、常識から外れることが多くなったというか…
常識にとらわれることがだんだんなくなってきました。

朝ごはんはちゃんと食べるほうがよいと聞くことも多いですけど、もも姫は朝ごはん もうずっと何年も食べていなくて
(入院治療中に絶食した後などは食べています)

栄養剤のエレンタールだけ飲んで過ごしていて、それがクローン病もも姫の常識になっています。

食べることや食べ物に関係することについては、特に世間一般の常識とは大分離れた食べ方していることも多く、世間一般の食事に関する常識はクローン病のもも姫には合わないことが多いです。

それでも、現在は不都合だと思うことは少なく、自分の体に合わせながら食生活を楽しんでいます。

生き物が生きていく時に 食事というのは生活にとても大きく関わっている重要な部分なので、食事のことで世間一般の常識から外れた生活をしていると、自分が世間から大分浮いているように感じることも多くあります。

社会と全く関わらずに生活していれば そんな風に思うこともないと思いますが、そんな生活はなかなかできないですからね。

食事のことの他にも 世間一般の常識は自分にはあてはまらないなと思うことが色々あります。

でも、それでいいと思います。
すべて周りの人に合わせる必要はないと思います。
特に病気に関することでは。

もも姫が朝ごはんを食べなくても そのほうが体調良く過ごせるなら、そのことで他の誰かに迷惑をかけることはないし
お正月に黒豆煮を食べそこねたとしても そのことで誰も困らないと思います。

世間一般の常識にとらわれず、流行に流されず、
自分は自分の道を歩いていくの~


我が道を行く going my wayといえば…
何日か前に本屋さんで本を見ていた時に、叶恭子さんの本を見つけて、
もも姫はその本のタイトルに心を奪われました。
スポンサードリンク


叶恭子さんの言葉に共感。無理に周りに合わせることはない


叶 恭子幸せの日めくり 31のフィロソフィ

たとえ100万人が楽しそうにしていたとしても、
そこに楽しめるものがない『この世にたった一人のあなた』は、無理に笑うことはありません。


この言葉 すごい! 叶恭子さん ステキ~~

もも姫もこんな風に、『私は私でいいの 」と、堂々とした強い心でいられるようになりたいな
 

たとえ1000万人が正月に黒豆煮を食べていたとしても
もも姫は無理に正月に黒豆煮を食べることはないの~~!

昔ながらの慣習は大切に考えたいけれども、食べないほうが体調良く過ごせる場合もありますから。

みんなと同じことをすること、多くの人と同じようにできるということが楽しく幸せに思うこともありますが、

自分のしたいようにする
人に無理に合わせることなく、自分の体と心の思うままに行動できるということも また とても幸せなことです。

もも姫はこれまで 叶恭子さんのことはそれほど好きではなかったですが…笑
この日めくりの本の言葉に感激したことをきっかけに叶恭子さんに関心を持ち、アメブロの叶恭子さんのブログを読者登録して過去のブログをいくつか読みました。
これからまた時々ブログを見せてもらいたいと思っています。

究極のS字くびれ ファビュラスなボディパーツについての記事などもあるので、読んで参考にしたいと思いますよ。笑

アメブロも結構役に立っています。


アメブロのほうで ちょくちょくメッセージをいただいていて、とても嬉しく思っているもも姫ですが、
あまりマメにお返事ができなくて、1回お返事を書いて そのあとにいただいたメッセージにはお返事が書けなくてそのままになってしまった…
ということも多く、気になっています。

今日もクローン病の方から嬉しいメッセージをいただきました。
お返事を書かせていただきたいと思っていますが、少しお待ちくださいね。

 
【関連記事】

膿瘍が改善 なた豆茶の効能。クローン病 直腸周囲膿瘍

がばい農園の赤なた豆茶 飲みやすい。膿、痔瘻などに

腸内フローラ改善に豆乳ヨーグルト。大豆食品はクローン病・潰瘍性大腸炎に悪いの?

腸内環境(腸内フローラ)を整える。乳酸菌、ヨーグルト、食事

絶食3年 食事が食べられないまま過ごした。クローン病

関連記事
スポンサードリンク