flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病診察とレミケード点滴 CRP値/エレンタールで病状悪化…

Categoryクローン病 症状
もも姫はクローン病の診察とレミケードの点滴で
何日か前に病院に行きました。

クローン病の調子は ずっと良い状態が続いていて、
食事は好きなものを色々食べられています
(もちろん、一応…
自分の腸のことを考えながら食べています。)
腹痛もほとんどなく
直腸のおしりのほうの痛みも
前回の診察の時から出ていなかったので、
血液検査結果の値はどれも問題がなく、正常値でした。

血液検査でのcrpは0.1で…
正常値ではあるのですが、
0.0ではなくて0.1というのが ちょっとだけ気になり…

それは、今回の血液検査だけではなくて、
もも姫はcrpが0.1となっていることが多く、
どうしていつも0.0にならなくて 0.1なのかな~?
体のどこかに ごくわずかな炎症があるのかな~? と
ずっと疑問に思っていたので、
主治医の先生にそのことを聞いてみました。

「CRPが なんかいつも0.0にならなくて
0.1になっているんですけど… これはなんでしょう…?」

そしたら先生は、
「それはもも姫さん、
CRP0.0も0.1も0.2も同じことで変わりないですから、
全然気にしなくてもいいですよ」
と言われ、
それを聞いて安心しました☆
気にしないでおきます


レミケードのことでは、
体重が前回の診察時よりも2kgほど減っていたのですが、
レミケードの投与量は前の時と同じ量を点滴したので、
体重1kgあたりのレミケード投与量は
前回よりもほんの少し多くなっています。
それで、今のところ特に問題は出ていません。

問題だったことは、
レミケードの点滴中に 急にお腹がゆるくなって
トイレに行ったことです。

これまで レミケード点滴中に
そんな風にお腹がゆるくなってしまったことは
ほとんどなかったので、
どうしてお腹がゆるくなったのかな~…? と考えてみました。

色々考えた結果、
お腹がゆるくなってしまった原因は、
きっとエレンタール(成分栄養剤)だ!と思いました。

もも姫は最近はずっと エレンタールを 朝にひとつ飲んで、
あとは 夕方遅くにもひとつ飲んで
そんな感じで毎日1日に2本飲んでいます。

3本飲むと お腹がゆるんで
クローン病の直腸病変部分の調子が悪くなることがあるので、
1日2本にして、
それから調子良く過ごせる日が多くなりました。

何日か前のクローン病の診察日には、
診察やレミケードの点滴が終わってから
ゆっくりと気分良く食事がしたいと思ったので、
レミケード点滴中にお腹が減らないように、
その日は 家で 午前中に
エレンタール(エレンタールボトル)を2本飲んでから
出かけることにしました。
ちょっと無理して栄養剤を飲んだんです。

そうして、エレンタールを真面目に飲んだことが
かえってお腹の調子をくずすこととなってしまいました…

その日、いつものように
朝にエレンタールをひとつ飲んで そのまま病院に行き、
病院で適当に買い食いをして食べていれば
お腹がゆるくならずに済んだだろうと思います。

もも姫は、病院に行って診察が終わるまでは
食事はなるべくしたくなくて
いつもなにも食べないし飲まないことが多いです。

それは、診察前に飲んだり食べたりすると
その後歯を磨けないことが多いので
診察の時に口から食事の匂いがしたら恥ずかしいと思うのと、
食後 歯を磨かないままでいて虫歯になるのも
イヤだなと思うからです。

診察の時間は予約で決まっていますけど、
それでも いつ診察室に呼ばれるかわからないし、
次に呼ばれるんじゃないかと思うと
気になって 落ち着いて歯を磨いていられないし
(診察前はトイレにも落ち着いて行けないです…笑
今はお腹の調子が落ち着いているので まだいいけれど。)
歯磨きセットを持ち歩くのもちょっと大変だし…
それだったら、診察が終わるまでなにも食べないで
診察後にゆっくりと食べようと思い、
毎回 診察後に好きなものを食べるのを楽しみにして
病院に行っています♪

ちょっとエレンタールのことから話がそれたような感じですけど、
もも姫はお腹がゆるくなると
直腸のところの痛みが出てくることがよくあって、
お腹が緩くなるだけだったらそれほど困りませんが、
今回もお腹がゆるくなったことで
その後痛みが出てきて困り..
エレンタールは もも姫の場合、
1日に飲む量を真面目に飲んでいればそれで良い
ということはなく、
現在の体の状態では、
いつも朝、夕と飲んでいて体調良く過ごせていたので、
その飲み方を変えるとよくないなと思いました。

エレンタールを飲まずに食事をするほうが
体調良く過ごせる場合もあるので、
いつもと違う食事の仕方になる時には
エレンタールを飲んだほうがよいのか
飲まないほうがよいのかを自分でよく考えて、
長年毎日真面目にエレンタールを飲み続けてきたもも姫は、
時と場合によっては
エレンタールを飲まないで食べ物を食べる という勇気
持つようにしていきたいなと思いました。

診察日のレミケード点滴中にお腹がゆるくなったのは、
レミケードの点滴で水分が体内にたくさん入ったことと、
エレンタールを午前中にいつもよりもひとつ多く飲んだことの
2つのことが重なったことで
ゆるくなってしまったのだろうと考えています。

お腹がゆるくなったのは、レミケードの点滴が終わる頃なので、
レミケードの点滴中の水分も関係していると思います。
レミケードの点滴に限らず、栄養成分の点滴中などでも
点滴の水分でお腹がゆるくなることは
もも姫はよくあります。

診察日の日には
クローン病の直腸病変の痛みは出ませんでしたが、
その後痛みが出てきて、
強い痛みにはなっていないのですが、
ちょっと調子がよくない感じとなっています。
痛いのはやっぱり体がしんどいですからね…
なるべく痛くならないで済むように
考えていきたいと思います。

何日か前には 夜寝る時に痛みがほんの少しあって
なかなか寝つけませんでした。
その時は頭痛もあったし…

お腹がゆるくならないようにできれば
また、直腸の痛みの出る部分が落ち着いてくると思うので、
エレンタールの飲み方や水分の摂り方、食べ物、
運動のし過ぎなど..
(運動で腸が活発に動いてお腹が緩くなることもよくあります)
気をつけられることは気をつけていようと思います




スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク