flower border

愛愛日記~クローン病ラブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

あんかけチャーハン(炒飯) 油を使わないレシピ クローン病 食事・料理

Category料理レシピ クローン病・潰瘍性大腸炎
~炎症性腸疾患 クローン病 もも姫の食事・料理~

お昼の食事で、簡単に あんかけチャーハン(炒飯)を作って食べました。
チャーハンは、油を使わないで作りましたよ

油を使わないチャーハンでも、あんかけにすることで パサついた感じを抑えてしっとりとジューシーに食べられるのではないかなと思って作りました。

油を使わないで作った あんかけ五目チャーハン

  あんかけチャーハン クローン病食事・料理


油を使わない あんかけ炒飯(チャーハン)の作り方・レシピ


油を使わなくても美味しい炒飯を作って食べることができたのですが、その作り方です。


あんかけ炒飯に入れた食材


チャーハンの具は、その時 冷蔵庫にあった食材を適当に選び、ちくわと魚肉ソーセージ、ネギ、しいたけを包丁で小さく切って使いました。

炒飯に入れる材料は体調に合わせて選びます。
ネギは消化があまり良さそうでもないので クローン病のあるもも姫はちょっと気になりますが、現在の病状では たくさん食べ過ぎないようにすれば大丈夫です。

最初、ローストチキンを使おうかなと思っていたのですけど、魚肉ソーセージの賞味期限が近かったため魚肉ソーセージを使うことにしました。

しいたけは消化が少し心配な食材ですが、チャーハンに入れると美味しくなるので少し入れました。


油を使わない あんかけ炒飯の作り方


油を使わないので、卵を油の代わりに考えて フッ素樹脂加工のフライパンにまず卵を入れ、
それから ごはんを入れて ごはんと卵を絡ませるようにしながら炒めました。
卵は脂質が8g前後あると思うので、その脂を炒め油代わりに…ちょっと強引ですが…笑  でも大丈夫

ちくわも魚肉ソーセージもネギも火を通さなくても食べられるものばかりなので、ごはんと卵がある程度炒まったあとに一緒に入れて炒めました。

チャーハンの味つけは、鶏がらスープの素(粉末)と塩、しょう油です。
鶏がらスープの素をたくさん入れた時には塩を使わないこともあります。

コショウは刺激物なため 炎症性腸疾患のあるもも姫は今回は使いませんでした。
年に何回か たまに刺激が欲しい時には少々使うこともありますよ。  笑

あんかけの餡(あん)は、鶏がらスープの素と水をお鍋に入れて加熱し、沸騰したら味見をして 塩やしょう油で味を整えます。
そして、火を止めてから水溶き片栗粉を加えて混ぜ、再び過熱してとろみをつけました。
餡はすごく簡単に2分ほどで作りました。

わかりやすいように水溶き片栗粉と書きましたが、
もも姫は 水溶きをしなくてもいい、そのままふりかけて使える片栗粉を愛用しているので、それを使いました。
時短簡単アイテム 「とろみちゃん」は便利です☆
 

 
あんかけの餡には、彩りを良くするためにチャーハンの具に使う予定で刻んだネギを少し取り分けて加えました。

餡に かに身などを入れたら ちょっと豪華になってさらに美味しいだろうなと思いますが、この時は急に思いついて作ったので かに身の材料はありませんでした。

餡はチャーハンが出来上がる前までに作っておいて、チャーハンが出来たら お皿に盛り、そのまわりにあんをかけました。

油を使わないで作ったノンオイルの あんかけ五目チャーハン
ちくわ、魚肉ソーセージ、しいたけ、ネギ、卵の5つで五目チャーハンです。

とろりとした餡とチャーハンをスプーンで一緒にすくいながら食べました。
あり合わせの食材で簡単に早く作ったのですが、美味しく出来ましたよ。

お昼ごはんの時は早くチャチャッと作って食べたいですからね。 

スポンサードリンク

関連記事

しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯。クローン病食事・料理レシピ

菜花とちりめん山椒と銀杏の混ぜご飯&おにぎり。クローン病 料理レシピ

炊飯器でエビピラフ 料理レシピ クローン病食事(お昼ごはん)

スモークサーモンの押し寿司を保存容器で簡単に作る。クローン病食事・料理

♪関連記事
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿