flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 食事 > title - いちごともだち 苺(イチゴ)用シロップ クローン病 食事

いちごともだち 苺(イチゴ)用シロップ クローン病 食事

Categoryクローン病 食事
今日のお昼ごはんは苺(いちご)を食べました。
その他に食べたいものが特になかったので、イチゴと、あられと、紅茶のお食事にしました。
あられは、お菓子のあられです…笑


炎症性腸疾患(IBD)クローン病と いちご


炎症性腸疾患クローン病のあるもも姫は、以前 いちごをほとんど食べていない時期もありましたが、今は 春の時期には何回か食べています。
以前、小腸に狭窄があった時には あまり食べていませんでした。

もも姫はこれまでバナナやリンゴなど 生の果物を食べてお腹が痛くなったり、お腹の調子が悪くなったことがあるので、
いちごも 生のいちごはちょっと消化に不安があるのですが、でも 春になると美味しそうないちごが店頭に並ぶので、何度か食べて楽しみ、満足しています。

クローン病のもも姫がいちごを選ぶ時は、大きめのサイズのいちごを選んで買うようにしています。

それは、大きないちごは 小さないちごよりも 同じくらいの量を食べた時に苺の種の数が少ないと思うので、種が多いとその分消化に時間がかかるだろうなと考えて、大きないちごを買っています。

大きないちごと、その半分の大きさのいちご2つとを比べた時、大きないちごのほうが種のついている赤い部分の面積が少なくなるので、種の数が少ないです。
こんな説明の文でわかっていただけるかちょっと心配ですが…笑

別の説明を思いつきました。
大きなイチゴを包丁で半分にした時、その断面にも種がついている状態が小さないちごです。

いちごの種の数は、いちごの種類によっても多いものと少ないものがあるかもしれませんが、お店で同じ場所に並んでいるいちごを選ぶ時には、小さいいちごよりも大きめのいちごを買うようにしています。

ほんとうにちょっとしたことですけど、そんな小さなことに気をくばりながら食べ物を買って食べています。

たまに、種がたくさ~んついた種だらけのいちごもありますね…笑
もも姫 いちごを買う時は種をよく見ていますよ。

どんないちごを選んでも いちごをたくさん食べたら、結局 種をたくさん食べることになりますけどね。


苺シロップ いちごともだち


今日 イチゴのことを書こうと思ったのは、いちごともだち という、イチゴにかけて食べるシロップを この間お店で購入して初めてイチゴにかけて食べてみたので、そのことについてブログに書きたいと思いました。

もも姫は いちごにはお砂糖をかけて食べることもよくありますが、練乳やその他のものをかけて食べてかけたことは これまでほとんどないです。

いちごともだちは、ポーションタイプのいちごシロップで、一袋に10個入っています。

 いちごともだち 苺シロップ

苺にいちごともだちをかけて食べてみたら、練乳みたいなまろやかな甘い味で とても美味しかったです。

練乳みたいって..
よく考えたら 原材料に練乳が入ってました。笑
加糖脱脂練乳です。

クローン病のもも姫が気になる いちごともだちの栄養成分は、1個(12g)あたり

エネルギー 34kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0.0g
炭水化物 8.6g
ナトリウム 2mg

脂質が0.0gというのは嬉しいです。


甘いイチゴは美味しいから幸福感が大きい


砂糖やその他の甘味料をかけずに そのままいちごを食べるほうが体のためには良いかも?しれませんが、甘く美味しくして食べると幸福感が大きくなるので、そんな幸せを味わうのもいいかなと思います。

それから、糖度がそれほど高くないいちごを食べるよりも 甘くて美味しいいちごを食べている時のほうが唾液がたくさん出て 消化がよくなるということもあると思います。

もも姫は、未熟な果物を食べた時にお腹の調子が悪くなったことがこれまで何度かありました。

今日食べたいちごは糖度が11でした。普通くらいかな..
いちごを買う時には糖度を見て買っています。
色々なことを見て考えながら食材の買い物をするので、買い物を終えたあとは結構疲れます…笑

これからあたたかくなるにつれて もっと糖度の高い甘いいちごがお店に出てくると思います。

今日は昼食で大きめのいちご4つを半分に切ってイチゴシロップをかけて食べました。

クローン病 食事 いちご、イチゴ
 
いちごともだちは、お店のイチゴ売り場の近くに置いてありましたよ。

いちごに いちごともだちをかけて食べたら とても美味しかったので、いちごともだちは、苺さんの良いお友達ですね。

もも姫は、このブログを見てくださっている方の心の友となれたら嬉しいです。

スポンサードリンク


《いちごの栄養》
いちごには、ビタミンCや食物繊維、葉酸が含まれ、美肌や貧血予防によいということです。

関連記事
スポンサードリンク