flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

絶食前の準備から絶食終了までのこと。クローン病治療

Categoryクローン病 絶食
もも姫は、少し前に
クローン病治療で行った腸のバルーン拡張術前に、腸の中をきれいにしておくため3日間ほど絶食をしていたのですが、今日は その絶食をしていた時のことを書こうと思います。

前回のブログでは、絶食前日に心おきなく好きなものを食べておこうと思って、外食店でハンバーグやパンケーキを食べたことを書きました。

外食は昼にしたのですけど、その絶食前日の夜には、エレンタールを飲むのはやめて食事をたくさん食べました。
エレンタールは朝だけ飲みました。

絶食前にお寿司を食べておきたいなと思い、夕食では、巻き寿司を1つ半(小さい一切れと その半分)と、いなり寿司を少し、
それから、海老フライも食べたかったので1つ食べて、あと、お刺身(鯛 まぐろ 甘エビ ブリ)も食べました。

そのあとにノンカフェイン紅茶を飲んで、それ以上はもう食べられないというくらいにお腹がいっぱいになり、それで食べ納めとしました。

翌日から4日間ほど絶食で、なにも食べられない予定でした。
4日間の絶食は、過去に3年間絶食したもも姫にしたら 大したことはないのですけどね…笑

クローン病で3年間絶食し、小腸狭窄手術後に食事再開 

でも、長期間の絶食を経験しているだけに、もしかしたら入院治療中に予想外のことが起きて長期間絶食になることがあるかもしれないと考えてしまうので、それで、絶食前には心残りなく食べておこうという気持ちになるのです。

もも姫は、これまで何度もしている腸のバルーン拡張術では大変なことが起きたことはないのですけど、バルーン拡張術の時に同時に行った内視鏡検査の際に腸穿孔が起きて、1週間は絶飲食で水も飲んではいけなくなり、その後2週間は流動食、3週間目にようやく食事が食べられて、4日ほどで退院する予定でいたのが1ヶ月の入院になってしまったこともありました。

大腸内視鏡検査で腸穿孔 腸に穴が開いて絶飲食・絶対安静に…クローン病

そんなこともあったので、バルーン拡張術で入院する前にはいつも 好きなものを色々食べておくようにしています。


もも姫がバルーン拡張術の前にする必要があった絶食は、腸を安静にするための絶食ではなく、下剤が使えないために行う絶食です。
お腹の調子が悪くて腸を安静にする必要がある場合には、絶食前に好きなものをたくさん食べておくとか そんな無茶なことはしませんよ…笑


少し前に絶食した時のことを書きます。

絶食1日目は、午前中にエレンタール(成分栄養剤)をひとつ飲みました。

もも姫はいつも エレンタールを130mlほどのジュースで溶いて大分濃い濃度で飲んでいるのですが、絶食の日は食事を食べないので、いつもよりもジュースの量を多めにして150ml~200mlで作りました。
それでも濃いですけどね…笑

普通の濃度でエレンタールを作るとお腹がいっぱいになって飲みきれなくなってしまうので、普段は濃度を濃くして飲んでいます。

エレンタールの濃度を濃くすると浸透圧が高くなるのでよくないということですが、これまで何度も試してみた結果、水分を多く摂取すると もも姫はお腹の調子が変になることがとても多いので、自分の場合は濃くして飲むほうがいいと思っています。

130mlで作ったエレンタールと150mlで作ったエレンタールでは、味が違いますよ。
やっぱり ジュースの量が多い、エレンタールの濃度が薄いほうが飲みやすいです。
でも、飲む量は増えますね。

絶食1日目は、なにも食べないで掃除を張り切ってしていました。
普段 午前中はエレンタールひとつだけで過ごしているので いつもと変わりないですけどね…笑

冷蔵庫の上を拭いたり 冷蔵庫の棚を洗ったり エアコンの上や照明の掃除など、普段あまり掃除しない場所を掃除して、きれいになって気持ちがスッキリとしました。

その後、運動したり体操をしたりストレッチをして体をたくさん動かしていました。
入院治療前に体力をつけておこうと思って…
入院中は体力が落ちやすいですからね。

もも姫は絶食でしたけど、家族の食事は作りました。

絶食前に飴を買って準備しておいたので、絶食1日目のお昼には飴をひとつ食べました。

準備した飴は、カンロ飴と、はちみつとゆず100%のキャンデーという飴です。

その他に、絶食に備えてキシリトール入りのガムも買っておいたのですけど、飴もガムも絶食期間中に2つか3つしか食べませんでした。



飴を食べたあと、紅茶にユズはちみつを入れて飲み、それからピアノの練習を3時間ほどしました。

朝から400カロリーほどしかとっていなかったので、ピアノを弾いていたら途中でお腹が空いてきたのですが、食欲が出てくることはなく、食べたいという気持ちは全くありませんでした。

絶食を開始する前に心おきなくたくさん食べておきましたし、クローン病治療と絶食を頑張る☆という覚悟を決めて 入院治療を乗り切る!という気合が十分入っていましたから、何日間かの絶食中は 頭から食べ物のことを完全に切り離して、なにか食べたくなるということはありませんでした。

お腹が空いた状態で そのままピアノ練習をずっと続けて、ピアノ練習が終わったあと、夜に2つ目のエレンタールを飲みました。

夜までエレンタールひとつと飴ひとつ、紅茶1杯だけで過ごしていました。

以前は、1日にエレンタールを3つ飲んでいて、その前には4つ飲んでいた時期もありますけど、最近はエレンタール2つのほうが調子が良いので ずっと2つにしていて、2つに慣れたら3つ飲むのが大変になってしまったので、それで、絶食1日目も2日目もエレンタールは2つだけ飲んで1日過ごしました。

夜に飴をもうひとつ食べて、ノンカフェインの紅茶に砂糖とメープルハニーを入れて飲み、それで絶食1日目は終わりました。

寒い日だったのですけど、食べ物をなにも食べないで過ごしていると さらに体が寒く感じました。

絶食3日目はバルーン拡張術の前日で、バルーン拡張術をする当日は朝からエレンタールも飲めないので、前の日には栄養をちゃんととっておこうと思い、エレンタールを3つ飲みました。


絶食前の準備から絶食終了まで予定通り無事に過ごすことができました☆

次は、入院と腸のバルーン拡張術のことを書こうと思います。


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク