flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。体に良い食事や食べ物、料理レシピ、京都のことなど 愛の日記です。

スポンサードリンク

TOP > 料理レシピ(クローン病) > title - 長芋とろろ温玉ごはん クローン病 胃腸に優しい食事・料理

長芋とろろ温玉ごはん クローン病 胃腸に優しい食事・料理

Category料理レシピ(クローン病)
~炎症性腸疾患 クローン病もも姫の食事・料理レシピ~

長芋を買って冷蔵庫に入れておいたので、
お昼ごはんの時に長芋を使って簡単なごはんを作ろうと思い、
長いものとろろかけご飯を作って食べました。
簡単に出来るごはんが大好きなもも姫です

長芋とろろ温玉ごはん

長芋とろろ温玉ごはん クローン病食事・簡単料理 炎症性腸疾患

長芋のとろろ温玉ごはん とっても美味しかったですよ~
とろろがご飯と混ざって食べやすくなり、
のどをスルスルと通っていきます。

作り方は、すごく簡単

① 長芋の皮をむいてすりおろし、とろろにして、
とろろに出ししょうゆを適量加えて混ぜ、温かいご飯の上にかけます。

② ①の上に、温泉卵と刻み海苔をかけて出来上がり


とろろと刻み海苔だけでも美味しいだろうなと思いましたけど、
温泉卵をのせて たんぱく質などの栄養を補い、
ボリューム感、満足感をアップさせました。

温泉卵は、温泉卵を作る専用の器を持っているので、
いつもそれで作っています。
お湯を注いでから約18分くらいで出来ます。

長芋のとろろは、胃腸に優しそうで良いですね。

長芋の皮をむいたあとは いつも手がかゆくなるので、
長芋のとろろかけご飯を作った時も、
手の指や甲のところがかゆくなりました。

長芋をすりおろす時、手が滑りやすいので
以前、手に炊事用のゴム手袋をはめて
すりおろしたこともありました。
そうしたら、手もかゆくならずに済みますね。

簡単に作れて美味しく食べられる、
長芋のとろろ温玉ごはん についてでした


長芋をすりおろすのが面倒な方は
冷凍のとろろでさらに簡単に~
 

スポンサードリンク


☆長いもの栄養
長いもは、でんぷん分解酵素のアミラーゼの含有量が多く、消化を助けます。

関連記事
スポンサードリンク