flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

清水寺の桜 お花見 平日に清水坂、三年坂、ねねの道を散策

Category京都
京都の清水寺へ桜を見に行ってきました。
清水寺へは平日に行きました。

平日でも桜の咲く時期は、京都の観光地周辺や そこに向かうバス、電車、地下鉄などの交通機関は、多くの人で混雑しています。
京都の人気スポットの桜を見るのは大変です。。
体力、気力、根性、忍耐が入りますね…
でも 平日はまだマシです。


二年坂のほうから三年坂、そして 清水坂、清水寺へと桜の花が咲く景色やお土産屋さんなどを見ながら ゆっくりと歩いて行きました。

二年坂、三年坂のあたりは観光客は多かったですけど、そんなにひどく混雑していませんでした。

イノダコーヒーのお店の辺りに綺麗な桜がたくさん咲いていました。

桜の咲いていない時期は、この辺りは素通りして歩いていましたけど、桜が咲いていると風景が全然違って見えて、
あれ?こんな場所あったかな?と思い、立ち止まって綺麗な桜の景色を見ていました。





着物を着た女性や男性が多く歩いていました。
清水寺周辺にはレンタル着物のお店が多くあり、着物姿で歩く人をよく見かけます。
中国から来られた観光客の方が多いように思いました。

もも姫は、着物着ようかなどうしようかなとちょっと考えましたが、清水坂や清水寺の階段、坂道をたくさん歩くことを考えると、
歩きやすい靴のほうがいいなと思ったので、着物はやめました。

それに、お食事を清水坂周辺でする予定でいたので、帯をギュッと締められていると美味しいお料理がたくさん食べられなくなりそうですからね…笑

舞妓さん姿に変身している人も歩いていました。





清水坂辺りにくると人が大分多くなってきました。




坂道を長く歩いて清水寺に到着。
桜が咲いて、木や植物の若葉も出てきて、清水寺の辺りはピンク色と薄緑色のやわらかな雰囲気の風景となっていました。

桜が満開でたくさん咲いていましたが、人もすごくたくさんでした..




朱色の三重の塔に薄桃色の桜がよく合って綺麗でした。


清水寺 塔と桜


清水寺の本堂に入り、清水の舞台から下の景色を見てみたら、もも姫は高所恐怖症なので 怖くなって身がすくみました…

清水寺 清水の舞台 2016年春 お花見


清水寺では桜の他にも色々な花が咲いていて、春うららな感じでした。
京都 清水寺 清水の舞台と桜 2016年

清水の舞台からは京都駅近くにある京都タワーも見えました。




清水の舞台からずっと歩いていったところの土の斜面で、ワラビと思われる植物を見つけました。
ワラビに似た植物があるようなので、ワラビかどうか もも姫はよくわかりません。

清水寺のワラビ…? 笑


ワラビはクローン病の診断がついてからはほとんど食べなくなりました。
ワラビ 美味しいですけどね。

清水寺境内の青葉も美しかったです。

青もみじ




清水の舞台を下から見てみると、すごく高いな~と思いました。
人が豆粒くらいの大きさで見えました。




清水の舞台のすぐ近くにある縁結びの神社、地主神社も観光客が多くいました。

地主神社 京都 2016.4

 
清水寺境内の池と桜



清水寺の入口近くにある時計と桜が綺麗だったので写真を撮りました。




清水寺を見たあとは、清水坂を下り、お土産屋さんを見ながら三年坂から二年坂~ねねの道へと散策しました。

帰りは午後の時間だったからか、清水坂がすごくたくさんの人で溢れていて歩くのが大変でした。
清水坂の道は狭いですしね。

平日であれだけ多くの人で混んでいたので、桜の咲く時期の土日はもう動けないほどの人の多さだろうなと想像しました。

ねねの道の桜
ねねの道の桜 2016.4月
 

清水寺やその周辺の道は坂道が多く、たくさん歩きましたが、体調は良くて、元気よく楽しく見て歩くことができました。
暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気候の中で快適に観光することができてよかったです。

春のお花見・桜 清水寺周辺散策についてでした。 

スポンサードリンク

【関連記事】

嵐山 桜の絶景スポット。嵐山公園の展望台から見る景色に感動

[関連記事]
スポンサードリンク