flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 食事 > title - クローン病でチーズパンを食べる。炎症性腸疾患食事

クローン病でチーズパンを食べる。炎症性腸疾患食事

Categoryクローン病 食事
❤️2016年2月1日のブログ(その後追記しました。)

昨日のお昼に食べたチーズパンです。



直径18センチくらいある大きなチーズパンです。
パン屋さんで見て美味しそうだったので、食べたいなと思って買いました。
パンの上側にはチーズがたくさんかかっていますが、中はなにも入っていません。

炎症性腸疾患クローン病のあるもも姫がチーズパンを食べてもいいのかよくないのか
わかりませんけど、
チーズパンは大好きなので
お腹の調子が良い時は時々買って食べています♪

※定期的なクローン病治療(腸のバルーン拡張術)のために病院に入院した時に、病院食のIBD食(炎症性腸疾患患者用の食事)のメニューでスライスチーズが1枚でていました。
パン食についていました。

最近はずっと お腹の調子が良いことが多いですよ。

チーズは発酵食品で、腸内の善玉菌を増やし、
腸内フローラを良い状態に保つのに良いそうです。
脂質は多めですけど、腸に良い効果もありそうですね☆

この大きなチーズパンは、半分ほど食べたらお腹が膨れたので、それ以上食べるのはやめました。


前に、ブログで書こうかなと思いながら 書かずにそのままになっていたチーズパンのことも この機会に書いておこうと思います。

高島屋 フォションというお店のチーズパンです。



フォション店内で 出来たてほかほかのチーズパンを味見して食べた時、
こんなに美味しいチーズパンは初めて食べた♪というくらい美味しくて、とても感激しました。

その日は都合があってそのチーズパンを買えなかったので、
その何日か後に再び高島屋のフォションに行って
チーズパンを購入し、お家で食べました。

でも、お家で食べた時には
あれ? なんかちょっと味が落ちたかな…と思ったのですけど…笑
それは、パンを作ってから少し時間が経ったから味がちょっと違ったんだなと思いました。

このフォションのチーズパンは、出来たてほかほかを食べると すごく美味しいですよ♡


クローン病があっても
お腹のことを考えながら 食べたいものを食べられて、
体調の良い状態を長く維持して過ごせたら嬉しいなと思います☆

スポンサードリンク



❤️2014年4月18日のブログ
〜こんがり焼けるとろけるスライス☆ハムチーズトースト〜

もも姫はチーズのパンが好きで パン屋さんで時々買って食べるのですけど、
クローン病があるので チーズの脂質を気にしながら食べています。

脂質を気にして食べない のではなくて..
気にしながら食べています..

いつもいつもは食べないですけどね

クローン病の症状が悪くない時に たまに食べます。


この前スーパーで 
パンにのせる、とろけるスライスチーズの売り場を物色していたら
雪印メグミルク こんがり焼けるとろけるスライスというのが美味しそう と思い、買って ハムチーズトーストにして食べてみました。


  こんがり焼けるスライスチーズ☆クローン病食事


  チーズトースト☆クローン病食事

 
こんがり焼けるとろけるスライスの栄養成分 1枚(18g)あたり

 エネルギー 54Kcal
 たんぱく質 4.3g
 脂質    3.9g
 炭水化物  0.5g
 ナトリウム 175mg
 カルシウム 128mg


写真ではチーズでハムがよく見えていませんけど、
ハムはいつもよく使っているチキンハムです。

1パック(36g)当たり 脂質0.3gのものです。


こんがり焼けるとろけるスライスで作ったハムチーズトーストは、
ほんとうにチーズにこんがりとした焼き目がついて 香ばしくて美味しかったです。

関連記事
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿