flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

宮崎秀吉さん「変人は長生きできる」 健康長寿の秘密と習慣

Categoryブログ日記
宮崎秀吉さん著の
103歳 世界最速のおじいちゃんスプリンター
という本を読みました。

100歳で100m世界新記録を出した宮崎秀吉さんの、
健康長寿の秘密と習慣のことが書かれている本です。


宮崎秀吉さんは1910年9月生まれということですので
現在は105歳でしょうか。

宮崎秀吉さんは、この著書の中で
「わしは世間的な常識にとらわれない変人だから、
変人は長生きできる」

と書かれています。

陸上は92歳から始められたそうです。
92歳から陸上を始める人はなかなかいないと思うので、
やっぱり変人なのだろうな~と思いました。

もも姫も自分のことを ちょっと変人ではないかな?
と思っているので、
もしかしたら長生きするかもしれません~…笑

宮崎秀吉さんは、
「長生きの秘訣はストレスをためないこと」と言われています。
ストレスを体にずっとためているのは体によくないですからね。

本の中に載っている何枚かの写真を見ると、
宮崎秀吉さんの笑顔はとても素敵ないい笑顔をされているので、
そんな風に素敵な笑顔でいられることが
健康で長く生きられる秘訣なのだろうなと思いました。

その他には、
本の第3章「老いない ボケない、秀吉流日課」という中に、
軽い運動でもいいから、毎日続けるということ。
それが体にいいんじゃないのかな

という項があり、
宮崎さんが毎日朝昼晩にされている運動の内容が書かれていました。

もも姫も、少し見習って
その中の運動をしてみようかなと思いました。
お家の中でもできる、
元気に過ごせそうな運動の内容が書かれています。

やっぱり、少しの運動でも毎日続けることが大事なんですね。
毎日続けること それが一番難しいことだと思います。。

宮崎秀吉さんは、
「その運動を毎日続けられるのは、
マスターズ陸上という目標があるからできるのだ」
と言われています。
目標を持つことがとても大事だということですね。

これがしたい!という明確な目標があれば
頑張れるかもしれませんね。

宮崎秀吉さんは、100歳を過ぎても
楽しみながら生き生きと目標に向かって過ごしていらっしゃるところがすごいなと思い、
考え方がかなり前向きな方なんだなと思いました。
「もうダメだ」とは絶対に言わないそうです。

あと 気がついたことは、
宮崎秀吉さんも本に書かれていますが、
写真で見ると宮崎さんは姿勢がとても良く、
姿勢良く過ごすというのは健康のためにすごく大事なことだなと思いました。

もも姫も常日頃から
姿勢が悪くならないように気をつけていたいなと思いました。

姿勢をよくすると、
胃腸もまっすぐ伸びて良いだろうなと思います。
クローン病の症状でしんどい時は
痛いところをかばったりして姿勢よくできないですけど、
その分体調の良い時は、
シャキッと姿勢を正して過ごすように心がけたいと思います。
心がけているか心がけていないかで色々変わってくると思います。

宮崎秀吉さんは、20歳の時に結核になって療養をされ、
それから運動をすることがほとんどなくなったそうですが、
その後運動を始めたのは70年後の92歳の時からということで、、、笑
92歳からまた運動を頑張ろうとする前向きな気持ちがすごいなと思いました。

そして、100歳を超えても元気に走っていられるのは、
「20歳で大病をしたおかげで、その後の70年の間、
普段から健康に留意をしてきたからだと思っている」

と書かれているので、
大きな病気にかかっても そのおかげで健康に気をつけて
元気に長生きできることがあるのだなと思い、
15歳で難病のクローン病になったもも姫も
前から薄々そんな風に思っていましたけど…笑
これからもまた元気に色々なことができるかもしれないなと思い、
勇気をもらいました。

クローン病のおかげで良い人生となるように
これからも頑張っていきたいと思います。

宮崎秀吉さんの本 とてもためになりました。
毎日の食事の内容なども詳しく書かれていました。


毎日少しずつでも運動や体操を続けて
元気に過ごしたいと思います☆
それから、なるべく笑顔で過ごすようにして
ストレスをためないように
楽しく 前向きに 目標を持って ですね  
変人かもしれないもも姫 がんばります♡ 


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク