flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病 外食で蕎麦を食べる。天しん爛漫 京都桂川店

Categoryクローン病 食事
打ち立て 茹で立ての十割そばが食べられるという、
天しん爛漫という外食店でお昼の食事をしました。

天しん爛漫のお店は
イオンモール京都桂川店のフードコート内にあります。
平日に行ったのでフードコートはわりと静かで
ゆっくりと落ち着いて食べられました。

お蕎麦は、うどんよりも食物繊維が多く含まれていそうですし
炎症性腸疾患のクローン病と診断されてからは
あまり食べていませんでした。

現在は小腸に狭窄がなく、クローン病の病状は緩解状態なので
蕎麦を食べても大丈夫だろうと思い、
たまに食べることがあります。

クローン病で入院した時の病院食では、
うどんはたまに出てきますけど
お蕎麦のメニューが出されたことはこれまで記憶がありません。
うどんのほうが消化良さそうですしね。

クローン病の患者さんのなかには
グルテンフリーの食事療法をされている方もいらっしゃるようで、
あるクローン病の方からは、
小麦で作られているうどんやパスタなどは食べないようにして
麺類なら十割そばなどを食べるようにしている
という話を聞いたことがあります。

その方は、グルテンフリーの食事療法を試してみて
病状や体調が良くなるかどうか様子を見ているということでした。

もも姫はクローン病になって長いですけど、
小麦が体に合わないと感じたことはないです。

お蕎麦はクローン病の症状が良い時も
そんなに食べることはないですけど、
年に何回か食べたくなることがあり、
このあいだイオンモール京都桂川店に行った時に
フードコート内のたくさんある外食店のなかで
天しん爛漫のお蕎麦屋さんではまだ食べたことがなかったので
一度食べてみようと思いました。

天しん爛漫の食事メニューのなかで もも姫は
セットメニューの釜揚げそばとミニ天丼セットを注文しました。

 天しん爛漫の蕎麦とミニ天丼セット イオン京都桂川

蕎麦は冷たい蕎麦と温かい蕎麦が選べました。
寒い日だったので、ざる蕎麦ではなく温かいそばにしました。

温かい釜揚げそばは十割そばではないようでした。

天丼は脂質が多いですけど 好きなので…笑
でも、ミニ天丼ですからね…

いっしょに食事をしていた人は冷たい蕎麦を注文していて、
その蕎麦を少しもらって食べてみると、
冷たい十割そばのほうがコシがあって美味しいなと思いました。

釜揚げそばは、お湯につかっているので
麺がちょっとのびたような感じになっていました。

天丼は海老とカボチャとナスの天丼で
衣がサクッとして美味しかったです。

釜揚げ蕎麦は3分の1ほど ミニ天丼は半分ほど食べました。

お食事をする前は、フードコート内のお店の
美味しいパンケーキも食べたいなと思っていたのですけど、
釜揚げ蕎麦とミニ天丼でお腹がいっぱいになり、
パンケーキは食べられなかったので
また今度食べることにしました


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク