flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病で3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記

スポンサードリンク

サーモンシュウマイと鮭のハンバーグ 料理レシピ クローン病食事

Category料理レシピ クローン病・潰瘍性大腸炎
炎症性腸疾患 クローン病食事・料理レシピ

先週もも姫は、サーモンシュウマイ(焼売、シューマイ)と鮭(さけ)のハンバーグを作って食べました。

サーモンシュウマイは生鮭を使って作ります。
生姜汁が入っていて魚臭さが全然なく、とても美味しく食べられました。

このサーモンシュウマイは、
クローン病で3年絶食していた時に作った料理レシピ帳を見て作りました。
クローン病 3年絶食中に作った料理レシピ帳


サーモンシュウマイと鮭のハンバーグ
サーモンシュウマイ(焼売、シューマイ) 鮭のハンバーグ クローン病料理レシピ

調理の最後にシュウマイの上にイクラをのせるつもりが、イクラを買い忘れて..笑
イクラのかわりに、冷蔵庫の冷凍室にあったグリンピースと人参を加熱してのせました。


サーモンシュウマイの作り方・レシピ

《材料》
生鮭 1切れ(100g)、シュウマイの皮15枚、
A(長ネギみじん切り 大さじ2、 酒 大さじ 2分の1 、水 大さじ3、片栗粉 小さじ1、生姜汁 少々、しょうゆ 少々、塩 少々、こしょう 少々 )
イクラ少々

《作り方》
生鮭は皮と骨を取り、フードプロセッサーに入れてつぶし、Aを加えて、さらにプロセッサーで混ぜる。

①の生鮭で2cmくらいの丸い玉を5、6個作る。

シュウマイの皮は幅を2つに切り、さらに2~3mm幅の千切りにする。

③の皮をバットに広げて、②の鮭を1個ずつ転がしながらまぶす。

沸騰した蒸し器に④のシュウマイを並べて、強火で12~15分蒸す。
器に盛り、イクラをのせて出来上がり。
酢醤油などでいただきます。

*電子レンジなら、⑤のシュウマイを皿に並べて水をふり、ラップをして約3分加熱する。

*フードプロセッサーがない場合は、包丁で細かくたたく。


鮭を丸めてシュウマイの皮をつけたものは、蒸すと倍ほどに大きくなります。

もも姫は、蒸し器で蒸す時に、クッキングシートを敷いた上にシュウマイをのせて蒸しました。

鮭は、皮がついていないものが売っていたので、それを買って作りました。

シュウマイの皮は細く切らないで普通に包んで作ると簡単かもしれないと思います。

もも姫はシュウマイの皮が足りなくなり、鮭とAを混ぜたタネが余ったので、それをハンバーグの形にしてフライパンで焼きました。
クローン病の食事療法で脂質を控えるため、フライパンには油をひかずに、お料理がくっつきにくいクッキングシートを敷いて、その上にハンバーグのタネをのせて焼きました。

この鮭のハンバーグはとても美味しかったですよ。
最初にも書きましたけど、魚の臭みが全然なかったです。
お醤油を少しかけて食べると美味しいです。

炎症性腸疾患の症状によりネギのみじん切りがダメかも~という場合は、ネギの代わりに玉ねぎで作っても良いかもしれません。


鮭(サケ)にはアスタキサンチンが豊富に含まれています。
アスタキサンチンはカロテノイドの一種で抗酸化作用があるということです。

アスタキサンチンは、がん細胞の増殖を抑制したり、免疫力の低下を防ぐ働きがあり、また、眼精疲労、筋肉の疲労回復によいのではないかと考えられているそうです。

鮭は、ビタミンB群をすべて含んでいて、消化を助ける、胃腸障害をやわらげるなどの働きがあります。
中でもビタミンDが豊富で、骨粗しょう症の予防効果があります。

クローン病とわからず3年絶食していた時に書いた料理のレシピ帳を いまこうして見て料理を作り、美味しく食べられているなんて とても嬉しいことだなと思います。

スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿