flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 症状 > title - クローン病で苦しく辛かった時のことを忘れないように…

クローン病で苦しく辛かった時のことを忘れないように…

Categoryクローン病 症状
いま 持病の炎症性腸疾患クローン病の症状がわりと落ち着いていて 調子良く過ごせる日が多いもも姫ですが

この前 ブログの過去記事を整理している時に
クローン病の症状がなかなかよくならなくて大変だった頃の記事(日記)を読んで、あの頃はほんとうに苦しかったな 辛かったなと 思い出していました。

クローン病がいつかきっと良くなると信じて生きていく

クローン病がいつかきっと良くなると信じて生きていく

この頃はクローン病の直腸病変の症状で激痛が何度も何度も出ていて、そのことで絶食をすることも多く、それに 両手の腱鞘炎にもなっていて できることがとても少なく、クローン病のほうも腱鞘炎のほうもなかなか治らなくて、辛く 苦しく 悲しく 色々不安で 耐える日々が長く続いていました。

クローン病が いつかきっと良くなると信じて生きていく

そう思って 我慢できないほどの強い痛みに何度も耐えながら がんばって生きていました。

その後もクローン病の直腸病変の症状が良くなったり悪くなったりして病状がなかなか安定せず、入院治療をしたり検査を受けたりして、なんとか少しでも病状を良くしたいと思い できることを色々がんばっていたら、その忍耐強くがんばっていたことが実を結び 報われて、病状がだんだん良くなってきました。

直腸(肛門)周囲膿瘍が手術せずに治った。よく頑張った。

昨年の夏頃は もうあまり痛みが出てこなくなり症状が大分良くなっていましたけど、それからさらに良くなって、今年の夏は この何年かの夏の中で一番症状が安定していて 心配少なく過ごせています。

いつかきっと良くなると信じて がんばっていたら
もも姫 ほんとうに良くなりました。


クローン病の直腸狭窄でも以前すごく大変だった時期があって、なかなか良くならず 苦しくて どうにもならない日々が長い間続いていたのですが、それも、治るのはかなり難しいと思うけど いつか病状が良くなってほしいと願いながらバルーン拡張術の治療を粘り強く何度も続けていたら、日常生活ではあまり困らないほどまでに良くなりました。

バルーン拡張術で直腸狭窄が拡がる。クローン病治療 粘り勝ち

クローン病症状が悪化して3年絶食していた時も そうでした。
病名がわからず 食べられない原因もわからないまま3年間絶食していて…

3年も食事ができなかったら、もう私はこのままずっと 一生食べられないかもしれないと思いますね…

でも いつかきっと食べられる日がくると思う と、希望をわずかに持っていました。

長い間食べられないというのは、とても孤独な状態です。
周りの人はみんな普通に美味しいものを色々食べられているのに 自分は3年もの長い間 ひと口のご飯も食べられないようなお腹の状態で、その悲しみや孤独感、辛さは 病気で長い間食べられない経験をした人にしかわからないと思います。

3年間ずっと食事を我慢して食べられずにいましたが、その後 クローン病の診断がついて 治療を受け、食べられるようになり、現在はクローン病の治療を続けながらも色々なものを食べられていて喜んでいます。

クローン病で3年間絶食し、小腸狭窄手術後に食事再開

クローン病で大変だったことが色々ありましたが、その後、どれもこれも奇跡だと思うほど良くなりました。

でも 考えてみたら、難病などなくても
人は無事に生きているということ自体、奇跡のようなことだなと思います。

毎日こうして生き続けられていることは奇跡の連続ではないかと思います。
心臓がずっと絶え間なく動いていることは、よく考えてみると とても不思議なことで、毎日疲れずによく動いてくれているなと思います。

それを思うと 生きていることは奇跡のようなことだから、その尊い命を大切にしなくてはと思います。


病状が良い時や健康な時、元気な時は、過去に症状が悪くて苦しかった時のことや 痛くて辛くて大変だった時のことなどを忘れていることも多いですが、でも ちょっと過去を振り返ってその時のことを思い出してみると、いま体調良く元気に過ごせていることが ほんとうにありがたいことで 嬉しいことだなと気がつきます。

現在、食べ物が食べられていることも、直腸の狭窄がひろがって体が楽になったことも、クローン病の直腸病変の強い痛みが出なくなったことも、以前はそれが夢のような素敵なことと思うほど治すのが難しかったので、今もも姫は その夢見ていたことが実現した世界で毎日生きていて、それはとても素晴らしいことです。

   夏 ひまわりの花 2016年8月 愛愛日記ブログ 


病気で辛かった過去のことを忘れてはいけないということではないですけど、
なかなか治らなくて 痛くて 食べられなくて 辛く苦しく大変だったあの時の想いを忘れないようにしたいと思うのです。

いま元気に過ごせていることが当たり前のことだと思わないように。


毎日食べ物が食べられていることは とてもありがたいことだと感謝して
いま生きている時間を大切に思いながら過ごしたいと思います。

クローン病で苦しくて辛かった時のことを 忘れないように


関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments

双子パンダ  

こんばんは♪

もも姫さんの過去をちゃんと受け止めて
いつも前向きなところがいいなといつも思います。
私も今体調が良く過ごしていると
昔体調が悪かった時のことを
忘れているときがあるけど
昔があるから今があるんですよね。
つらいときを耐えてきたからこそ
今の幸せがある。
私も忘れないでいたいです。
もも姫さんが美味しくご飯を食べられること
私も嬉しいです(*^▽^*)
暑い毎日なので、気をつけてくださいね(^_-)-☆

 | REPLY |   

もも姫より  

双子パンダさんへ

こんにちは♪ 双子パンダさん

難病なので、病状が悪い時が続いたり良くなったり
色々ありますね。
前に病状がなかなか良くならなかった時には、
良くなる時が来るのかな
このままの状態がこれからもずっと続くのでは…
やっぱり手術をしないとだめかな…とか
病状が良くなる未来が見えませんでしたが、
でも 今 病状が良くなって体調良く過ごせていることが多いので、
元気に過ごせていることを感謝して
毎日楽しんだり できることを頑張って
精一杯生きたいなと思います☆

クローン病で食べ物が色々食べられているのは
ほんとうにありがたいです。
食べ物で病状が悪化しないように
気をつけて食べなければねv-254

双子パンダさん いつもほんとうに ありがとうございます💛


 | REPLY |   

名前無しさん  

寛解期が長く続くといいですね。これからも頑張りすぎずにいてください。

 | REPLY |   

もも姫より  

Re: ありがとうございます

ありがとうございます☆
無理して体や心を壊さないように
リラックスしながら できることをしていこうと思います。
コメント 感謝ですv-318

 | REPLY |   

コメント投稿