flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

メアリーカサット展 京都国立近代美術館と周辺散歩を楽しむ

Category京都
京都市左京区岡崎の京都国立近代美術館で9月27日(火)から12月4日(日)まで開催されている、メアリー・カサット展へ昨日行ってきました。

9月27日の初日に行ってきましたよ。
開催初日は人が多いかもと思っていたら、空いていて ゆっくりと絵画などを鑑賞できました。


 メアリーカサット展 京都国立近代美術館 建物


19世紀後半のパリで活躍したアメリカ出身のメアリーカサット(1844-1926)は、印象派の女性画家で、日本では35年ぶりとなる今回の回顧展では、カサットの油彩画パステル画や版画、交流のあった印象派の画家たちの作品、画家が愛した日本の浮世絵版画などが展示されています。

展示では、女性を描いた作品が多かったです。

メアリーカサットの傑作 《桟敷席》(さじきせき)を目の前で見た時は、強いパワーを感じる絵だなと思いました。
絵の中の女性が着ているはっきりとした黒い色のドレスと、オペラグラスで舞台を見ている女性の凜とした表情やポーズが印象的でした。

 メアリーカサット展 京都国立近代美術館 桟敷席(さじきせき)


《桟敷席》の作品のすぐ横には、デイ・ドレスという黒い色のドレスが展示されていて、素敵なドレスだ~ 着てみたいな~と思い、ドレスの周りをぐるりと一周回って見ていました。

☆デイ・ドレス
1870年代から1880年代にかけて大流行した臀部が張り出すバッスル・スタイルのドレス。バッスルと呼ばれる下着を用い、さらにスカートの後ろ部分をたくし上げて臀部にボリュームを出しています。


メアリーカサット展で色々な絵画、展示品を見て心がリフレッシュしました。

 メアリーカサット展 京都 ポスター


メアリーカサット展の作品を鑑賞したあとは、京都国立近代美術館の周辺を少し散歩して見て回りました。

京都国立近代美術館の敷地内にある木をよく見てみると、実のようなものがなっていました。

 アベマキ クヌギ どんぐりの種類 京都

知らない実だったので、なんの実かな~?と思って調べてみると、どんぐりの種類で、アベマキかクヌギかどちらかだということがわかりました。

木々の葉が少し黄色く色づき、小さい秋を感じながら散歩していましたよ。

京都国立近代美術館の近くにあるロームシアター京都のほうへ行き、建物の中へ入ってみました。

 ロームシアター京都 

 ロームシアター京都2


ロームシアター京都の建物のすぐ横には、スターバックスコーヒーや書店の蔦屋、レストランなどが入ったパークプラザがあり、その建物の中へ入ってみると、蔦屋の前でロボットさんが案内してくれました。

 ロームシアター京都 パークプラザ

 ロームシアター京都 蔦屋 ロボット


そのあと、周辺の京小物・京雑貨店などを見たりして楽しみました。
京小物店の店内には、タペストリーにもできる風呂敷で、ハロウィン柄のタペストリーが飾ってあり、素敵でした。
 

がい骨の絵がちょっと怖いかも..と思ったんですけどね..笑
ハロウィンの柄はこんなのもありました。こちらは今年の新作だそうです。
 

タペストリー棒にセットする風呂敷の柄は、季節によって色々変えられるようですよ♪

 
京都国立近代美術館 メアリーカサット展の鑑賞と周辺散歩でした


スポンサードリンク





❤️京都 岡崎散歩 野鳥
(2013年12月26日)

今日は 京都市左京区の岡崎の辺りを歩きました。
岡崎散歩♪

散歩の途中、美術館の横の川で色々な鳥がいて 少し見ていました。




この鳥は あまり見たことがないです。

なんていう名前の鳥かな~





2組のカップルの鳥さんが 仲良く気持ち良さそうに泳いでいました。
楽しそう〜☆




スマホで遠くの鳥を写したので、写真がぼけてます~(*^_^*)


今日は少し雨が降っていましたけど、散歩、ウォーキング 頑張りました。

[関連記事]
スポンサードリンク