flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

しらすふりかけ(かつお節、ごま入り)手作り料理 レシピ クローン病

Category料理レシピ クローン病・潰瘍性大腸炎
母が しらすのふりかけを作ってくれました。
その しらすのふりかけは上品な味で、あたたかいご飯の上にのせて食べると とても美味しいです。

しっとりとしたふりかけで、ご飯のお供に良いです。

母手作りのしらすのふりかけに入っている材料は、しらすかつおぶしごま(すりつぶしたゴマ)山椒(さんしょう)の実みりんしょうゆ です。

砂糖を入れてもいいと言っていましたけど、そのあたりはお好みで。

母はちりめんじゃこでも作ることがあるそうですけど、もも姫は炎症性腸疾患のクローン病があるので、やわらかく消化良く食べられるしらすで作ってくれました。

ゴマは入れなくても作れますけど、もも姫がゴマを入れてほしいとリクエストしたので、ゴマ入りで作ってもらいました。


*しらす、かつおぶし、ゴマのふりかけ*

  しらすとかつお節とゴマのふりかけ クローン病食事・料理


しらすとかつおぶしとゴマのふりかけの作り方は、
しらすとかつお節、すりゴマ、山椒の実をフライパンか鍋に入れて、調味料の酒とみりんとしょうゆを加え、加熱して 箸で混ぜながら炒り、水分がある程度なくなったら出来上がりです。

作り方は簡単ですね。
水気は最初からほとんどないため、早く作れると思います。

しらすに塩味がついているので、味付けのしょうゆは少しだけ入れます。

山椒の実が新鮮だったからか、最初にこのしらすのふりかけを食べた時、だんだん口の中が山椒でピリピリして辛くなってきたので、刺激が強そうだと思い、それから山椒の実は取り除いて食べています。

でも、山椒の実で風味が良くなるので、作るときは山椒の実を入れて作るほうがもも姫は好きです。

冷蔵庫に入れておいたら わりと日持ちがします。

しらすとかつお節とゴマのふりかけは薄味に作ってあり、ご飯にたくさんかけて食べたら カルシウムの栄養がとれて良さそうです。

ご飯に混ぜておにぎりにしても美味しそう♪

母の手作りの料理は愛情がたくさん入っていて、食べていると心があたたかくなります。
母のやさしさが嬉しくて、ブログを書いていたら涙が出てきました…笑

もも姫は小さい頃から母にとても可愛がられて育ちました。

父にも すごく可愛がられましたけどね…

母が作ってくれたふりかけがなくなったら、今度は自分で作ってみようと思います。


♪関連ブログ記事
しらすと小松菜と油揚げの炊き込みご飯 クローン病食事・料理レシピ

シラスと玉ねぎとシメジの和風スパゲティー

だし入りとろろ 簡単美味しいご飯のお供 クローン病食事

ちりめんじゃこと小松菜ご飯 クローン病食事 簡単料理レシピ 

スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク