flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

京都 金閣寺の紅葉見頃。女ひとりで観光 楽しみました。

Category京都
11月18日金曜日、京都の金閣寺(鹿苑寺 ろくおんじ)へ行って、美しい紅葉などを見てきました。

前に金閣寺へ行ったのは何年も前で、この紅葉の時期にまた金閣寺を見てみたいなと思い行ってきました。
金閣寺へ行って見たのは今回4回目となります。

今回 京都の金閣寺へは、もも姫ひとりで行って観光してきました。
京都 女ひとり旅です。

仲の良い人達と一緒に観光するのも楽しくて良いですけど、1人で観光するのは、自分の好きなように自由に行動できて楽でいいですよ~

金閣寺を1人で楽しく観光した様子、金閣寺の紅葉情報や、美味しい食べ物・グルメ、お土産のことなどを書きたいと思います。


金閣寺の紅葉 見頃


11月中旬過ぎ 京都は紅葉真っ盛りです。
金閣寺に行ってみると、ちょうど紅葉の見頃となっていて とてもとても美しい景色で感動しました。

京都には紅葉の名所が大変多くあるので、金閣寺の紅葉というのは それほど注目されていないように思いますけど、紅葉の美しさは素晴らしかったですよ。

金閣寺の紅葉は、金閣寺の建物の周りよりも、総門に入る前あたりの紅葉が特に美しく、その紅葉があまりにも綺麗だったので ずっと見とれていました。


 金閣寺 紅葉 2017年秋


この日は晴天で暖かく、紅葉観光には良い日でした。

明るい太陽の光が紅葉した木々の葉に当たると、赤や緑、黄色の葉がキラキラと輝いて色々な色となり、光と影のコントラストが美しく、とても綺麗に見えます。


 金閣寺 紅葉
 

もも姫の写真の腕前では紅葉の美しさがあまりよく伝えられませんが、ほんとうに 息をのむほどの美しさでした。
ピアノの練習をしないで見に来た甲斐があったと思いました。


人混み


紅葉の時期の京都の観光地は人混みがすごくて観光するのが大変なことがよくありますけど、もも姫は平日の午前中に金閣寺に行ったので、人混みはマシでした。

他の観光客の方が、
「金閣寺を見に来たというより人を見に来たようなものです。」と誰かと話されていたのですが、あのくらいの人混みは京都の紅葉観光ではまだマシなほうだと思います。
トイレもほとんど並ばずに入れましたしね☆

炎症性腸疾患クローン病のあるもも姫なので トイレ情報を書いておきたいと思いますが、金閣寺のお手洗いには様式トイレがたくさんありましたよ。


ひとり観光 紅葉をバックに自撮り写真


金閣寺ではカメラとスマホの両方で写真をたくさん撮りました。

もも姫は自撮り写真というのは普段滅多に撮らないのですが、せっかく綺麗な紅葉を見に来たので、記念に自分の写真も撮っておこうと思い、スマホで自撮り写真を撮りました。

外国人観光客の方はスマートフォンに自撮り棒をつけてよく写真を撮られていますね。

観光客の方は皆さん美しい紅葉に見とれて それぞれに楽しまれているので、他の人のことなど全然気にしていなくて、1人で観光していても大丈夫でしたよ。
良いお天気で日差しが明るく、あたたかい日だったということもあり、全くさみしくなかったです。

ひとりで紅葉の写真を撮っていると、外国人観光客の方に声をかけられて
「写真 トッテモイイデスカ」と言われました。

写真 撮ってもいいですかって… えっ? 私を撮るの…?
どうして…? まあいいけど…と思っていると、
外国人観光客のファミリーが紅葉をバックに並ばれたので、もも姫がその方達の写真を撮るという意味のようでした。笑
そりゃそうですよね。

 金閣寺 紅葉写真



金色に輝く美しい舎利殿 金閣寺


金閣寺の拝観料は、大人(高校生以上)400円 小・中学生 300円
障害者で身障者手帳を持っている人は割引があり、300円となっています。

受付で拝観料を払い中に入って歩いていくと、圧倒的な美しさの金閣寺を見ました。
金閣寺は正しくは鹿苑寺(ろくおんじ)と言うそうです。

お天気が良かったからか、金閣寺はものすごくきれいな金色に光り輝いていました。
ピカピカです。
鏡湖池の水面にうつる金閣寺がまた美しいです。

さきほど人混みはそれほどでもなかったと書きましたが、この場所は金閣寺の写真を撮る人ですごく混雑していました。


金閣寺の撮影スポット


もも姫は金閣寺の写真をたくさん撮りましたけど、何ヶ所かの場所で写真を撮っていて、右斜め方向から金閣寺の写真を撮っている時に、そばにいた方が金閣寺の写真を撮るベストスポットを知っていらっしゃったようで、この場所が一番良いのだと言われていました。

右斜め方向の場所から金閣寺の写真を撮ると、金閣寺の建物も全部きれいに撮れるし、鏡湖池に金閣寺の姿が下から上まで全部映っていて良いということです。

金閣寺のパンフレットの表の写真を見てみると、やはり右斜め方向から撮影されている写真が載っていました。

【スマホで撮った金閣寺の写真】

 金閣寺写真 スマホ



金閣寺の一番上の鳥


金閣寺をよく見てみると、金閣寺の一番上に鳥のような形のものがあり、調べてみると これは鳳凰(ほうおう)という鳥で、鳳凰像といわれるものだということです。

  金閣寺の上の鳥 鳳凰

2017年の干支は「とり」で、酉年(とりどし)なので、来年の年賀状は金閣寺の写真つきにするのも良いかもしれないと思いましたよ。
金色の鳥で縁起が良さそうです。


夕佳亭など見学


金閣寺の建物を見たあと、順路に沿って見学しました。
夕佳亭(せっかてい)という茶室が趣があり良かったです。
夕佳亭の建物や中の茶室を見ていると、昔にタイムスリップしてその場にいるような気分になりました。

 金閣寺 夕佳亭


 夕佳亭 茶室
 

金閣寺は外国人の方にとても人気がありますね。
もも姫が金閣寺に行った時には、観光客の8割くらいが外国人じゃないかと思うほど外国人観光客が多かったです。

もも姫は何年か前に金閣寺に行った時は、金閣寺の見学をするのは結構長く歩いて体力がいるな~と感じていたのですが、今回金閣寺を見学してまわってみると、あっという間に見て回れたと感じました。

それは、何年か前に行った頃はクローン病の症状が今よりもよくなくて体力があまりなかったせいで たくさん歩くのがしんどかったから、長く感じたのだと思います。

そして、今回はひとりで行ったので、自分の好きなようにマイペースで行動できて、それで早く見て回れたのかもしれないと思いました。


金閣寺境内で美味しい食べ物を食べて楽しむ


金閣寺境内で食べた物のことを書きたいと思います。

とうふ豚まん


最初、金閣寺境内に入って少し歩いたところに、
金閣寺のイメージとはずい分かけ離れた「とうふ豚まん」という布の旗があり、それを見てなんか可笑しいなと思ったのですけど、もも姫はそのとうふ豚まんにちょっと興味を持ち、金閣寺を見学したあと食べてみることにしました。

 金閣寺 とうふ豚まんの旗


女性ひとりで豚まんを食べるというのはどうかな…と考えたのですけど…笑
とうふ豚まんは結構人気でたくさんの人が食べられていたので、平気かもしれないと思いました。

周りの人は自分が食べることに夢中で、人のことなど気にしていないようで 大丈夫でしたよ。

  とうふ豚まん 金閣寺 


もも姫は近くのベンチに座ってとうふ豚まんを食べたのですけど、
周りのベンチに座って食べていた方はほとんど外国の人だったので、
日本の世界文化遺産である金閣寺にいるのに、ここは外国なのか…という気がして可笑しかったです。

紅葉をバックに とうふ豚まんの写真をパチリ

  とうふ豚まんと紅葉

とうふ豚まんは熱々でした。
とうふ豚まんの味ですが、ひとことでいうと美味しかったです。

コンビニの豚まんも安くて美味しいと思いますが、とうふ豚まんはひとつ350円で、とうふが入っているので中に入っているものが白い色をしていて、あっさりとした味でした。
あっさりとしているけれどお肉の旨味があって美味しかったです。

とうふ豚まんをひとつ食べると結構お腹がふくれたのですけど、とうふ豚まんを買ったお店で、美味しそうな団子を見たので、とうふ豚まんを食べたあとに、団子を買って食べました。

焼きたてみたらし団子


団子は最初、ゴマだれの団子が美味しそうで食べようと思っていたのですが、近くにいた方が、「やっぱりみたらし団子がいいな~」と言われていたので、気が変わり みたらし団子を食べることにしました。

みたらし団子は、焼きたてだったから、それでみたらし団子のほうに惹かれました。
焼きたてみたらし団子は一本170円

とうふ豚まんを食べた同じベンチに座って食べました。
自動販売機にあたたかいお茶があったので お茶と一緒にいただきました。

 みたらし団子とお茶 金閣寺で食べる


みたらし団子は、餅を焼いた感じのみたらし団子でした。
もも姫はどちらかというと餅系のみたらし団子よりも団子の食感のみたらし団子のほうが好きです。

みたらし団子を最初一口食べて見た時、タレがあまりかかっていなくて薄味だったので、豚まんを食べたあとでお腹がある程度ふくれていて 一本食べられないかもと思いました。
少食なので..

でも、食べているうちに 焼き目が香ばしくて美味しいなと思い、一本全部食べられましたよ。

金閣寺境内の美しい紅葉を見ながら とうふ豚まんとみたらし団子を食べて お茶を飲み、とても楽しく嬉しい気分でした。

炎症性腸疾患のクローン病でこれまで色々大変なことを経験したから、そうして食べ物が美味しく食べられて 元気に体調良く観光して楽しめることがとても嬉しく思いました。

とうふ豚まんを売っていたお店では、抹茶ソフトクリームを買って食べている人を多く見て、人気があるようでした。
今 抹茶ソフトクリームのことを書いていたら思い出して食べたくなりました。


金閣寺境内の売店でお土産購入


金閣寺境内ではお守りやお土産を売っている店があり、色々見て楽しみました。
金閣寺限定の商品やキャラクターグッズなども売っていました。

《金閣寺のお守り売り場》

 金閣寺 お守り売り場


和菓子店やお漬物店、お茶、お土産などのお店があり、もも姫は西利のお漬物を何袋か買いました。

お漬物は金閣寺でなくても他の場所でも買えるのですけどね。
でも、細かく刻んである京都のお漬物をおにぎりに入れて食べたらきっと美味しいだろうなと思い 買うことにしました。
このお漬物は日持ちがして良いです。

  西利の漬物 お土産


金閣寺周辺の京都らしいお土産屋さん・食事


金閣寺周辺には、京都らしいお土産屋さんや和雑貨・和小物の店があり、中に入って見て楽しみました。

ちりめん細工館というお店には とても可愛い小物が色々あって楽しかったですよ。
今の時期は、ちりめんで作られたクリスマスリースやクリスマス製品、それから、お正月用の品なども売っていました。
きれいなアクセサリーもありました。

  ちりめん細工館


金閣寺のすぐ近くに、「やまざき庵」という気軽に食べられるお店があり、メニューに『京風だし豆腐』というのがあったので、クローン病で少食なもも姫がひとりで食べるのに良さそうだなと思い見ていました。

  やまざき庵 メニュー

あと、美味しそうなおうどん屋さんもありましたけどね
それはまた いつか誰かと一緒に金閣寺に来ることがあったら食べたいと思います。


  金閣寺 紅葉 もみじ


秋の京都 金閣寺紅葉観光 女ひとり旅
美しい紅葉に美味しい食べ物、お土産も見て買って とても楽しい時間を過ごすことができました。


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク