flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > お菓子・スイーツ > title - ウイスキーボンボンで酔うか。モロゾフのバレンタインチョコレートを食べてみたよ。クローン病

ウイスキーボンボンで酔うか。モロゾフのバレンタインチョコレートを食べてみたよ。クローン病

Categoryお菓子・スイーツ
このあいだ お店のバレンタインのチョコレート売り場を少し見ていました。

それで、その時 チョコレートを買うつもりはなかったのですけど、見ていたら食べたくなったので 買って 昨日食べました。

炎症性腸疾患クローン病で食事療法をしているもも姫が、チョコレートのウイスキーボンボンを買って 食べて、その後 体はどうなったのか…という、そんなお話です。


バレンタインのチョコレート売り場で可愛い缶を探す。


何日か前にもも姫がバレンタインチョコレート売り場を見ていた目的は、誰かにプレゼントするチョコレートを買おうと思って見ていたわけではなく、自分が食べるためのチョコレートを買おうと思って見ていたわけでもありませんでした。

バレンタイン用のチョコレートは可愛い缶に入っていたりするので、缶の良いのがないかなと思ってチョコレート売り場を見ていたのです。

もも姫は炎症性腸疾患のクローン病があるのでチョコレートはあまりたくさん食べないようにしています。

チョコレート売り場を見ていると、猫の絵が描かれているハート型の缶や、ピーターラビットの絵のついた可愛い缶、キティーちゃんの缶に入ったチョコレートなど色々ありました。

可愛い缶は何に使うのかというと、1日分のサプリや薬を入れておくためで、小さくて可愛い缶があればいいなと思っていました。

バレンタインチョコレート売り場に可愛い缶は色々あったのですけど、どれも1日分のサプリを入れるのには缶のサイズが大きいなと思ったので、その時は缶は買わずに また別の機会に見ることにしました。

今もも姫はクローン病で毎日飲んでいる薬はなにもなくて、市販のカルシウムサプリを3粒~4粒だけ飲んでいるので、小さな缶でいいのです。

チョコレート売り場には手のひらサイズくらいの可愛い缶がいくつかあって、薬やサプリが何種類か増えたとしてもサイズがちょっと大きいかなと思いました。

サプリを入れ物に1日分入れておきたいと思う理由は、時々サプリをいくつ飲んだかわからなくなる時があるからです。

1週間分のお薬入れなどは100均ショップなどにも売っていて 便利そうだなと思いますけど、可愛い入れ物にサプリや薬を入れておくと楽しい気分になるので、またホワイトデーの時もあるし、楽しみに色々見て気に入ったのを買いたいと思います。


バレンタインのチョコレート売り場でウイスキーボンボンを購入


バレンタインのチョコレート売り場で可愛い缶を見ていたら、ウイスキーボンボンが目につきました。

この頃もも姫はウイスキーボンボンが食べてみたいなと思っていました。

今はバレンタインデー前の時期で 色々な場所でチョコレートを見ることがあるので、子供の頃にウイスキーボンボンを食べていたことを思い出して、ウイスキーボンボン 美味しかったな~ また食べてみたいと思いました。

バレンタインのチョコレート売り場ではウイスキーボンボンはそんなにたくさんなかったですけど、いくつかあって、そのなかで
Morozoff(モロゾフ)のウイスキーボンボンが美味しそうだと思ったので、購入して食べてみることにしました。

他にあったウイスキーボンボンは、チョコレートに入っているウイスキーのアルコール分が多そうな感じだったので、お腹や体のことを考えると心配で やめました。


チョコレートのウイスキーボンボンで酔うか?クローン病の体が心配


もも姫はクローン病の診断がついてからは お酒はほとんど飲んでいません。
海外旅行でぶどう畑のあるワイナリーに行ってワインを試飲し、美味しかったので お土産にワインを買って飲んだ時くらいです。

もともとアルコールはそんな強くなかったし、クローン病の診断がついてから全然飲まなくなったので 体がアルコールに慣れていないと思い、チョコレートのウイスキーボンボンを食べたらもも姫の体はどうなるのか…ちょっと心配でした。

でも、ウイスキーボンボンは子供の頃に食べていて、それで特に体調が悪くなることはなかったので、大人のもも姫は大丈夫なのでは?とも思いました。

子供の頃に食べていたウイスキーボンボンには ちゃんとしたウイスキーが入っていたのかな?
今考えても その時に食べたウイスキーボンボンのことは調べようがないのでわからないですけど。


モロゾフのウイスキーボンボン


バレンタイン売り場でもも姫が買ったモロゾフのウイスキーボンボン
自分用でお試しなので 小さい箱に入った6個入りのものを買いました。

リボンがついて綺麗にラッピングされています。

   モロゾフ バレンタインチョコレート 

チョコレートの包み紙をあけてウイスキーボンボンの箱を見てみると、
次のお願いが書かれていました。

この商品には洋酒が含まれています。お子様やアルコールに過敏な方、妊娠・授乳期の方、運転時などはご遠慮ください。アルコール分2.0%(標準)

アルコール分2.0%というと…どんな感じかな?
もも姫はお酒を飲まないし アルコールのことはよくわからない…

アルコールに過敏な方はご遠慮ください というのが気になり ちょっと心配でした。

でも、子供の頃にウイスキーボンボンを食べて大丈夫だったのだから…
あの時食べていたウィスキーボンボンのチョコレートはアルコール分の割合が低かったのかな?

モロゾフのウイスキーボンボンのチョコレートが入った箱をあけてみました。

美味しそう~
子供の頃に食べた記憶しかないけど 美味しかったのは覚えている

  モロゾフ ウイスキーボンボン バレンタイン


チョコレートの金色の包み紙をはがして、子供の頃に食べたようにウイスキーボンボンをまず半分口に入れて食べてみました。

そしたら…チョコレートの中に入っていたウイスキーがタラタラとこぼれそうになり… 慌てました…

この液体は全部ウイスキーかな たくさん入っている…
なんか心配…

ウイスキーの味がする。 ウイスキーは飲んだことないけど… 笑
アルコールの味だ。

いつだったか 父がウイスキーを飲んでいた時に「飲んでみるか」とすすめられて、 ほんのちょっとだけ飲んだというか…舐めたくらいかな その時は苦くて美味しいと思わなかった。

子供の頃に食べたウイスキーボンボンは、中に入っている液体の量がもっと少なかったし、こんなにアルコールが強くなかったような気がする。

モロゾフのウイスキーボンボンを1個食べたあと すぐに、頭がほわ~んとなり…
これは酔っているのかな…?と思いました。

でも そんな食べてすぐに酔うかな… 気分的なものかな とも思いました。

モロゾフのウイスキーボンボンのチョコレートの味は美味しくて、もうひとつ食べたいと思ったけれど 体がどうなるか心配だったので しばらく様子をみていて、10分くらい経って体調に変化がなく、酔った感じもなかったので それからもうひとつ食べました。


  ウィスキーボンボン モロゾフ

チョコレートがなんか 生き物みたいな形ですね.. 笑

2個目のウイスキーボンボンは、ひと口で食べました。

ほんとうは、子供の頃食べていたように 半分食べてからチョコレートの中に入っているウイスキー(のようなもの)を見て確かめて 中の液体を飲んだりしながら食べる食べ方のほうが好きなんですけどね。

でも、モロゾフのウイスキーボンボンは中にたくさん入っていたので こぼれないように一口で食べました。

モロゾフのウイスキーボンボンは、中に飴のようなサクサクとした食感のものが入っていました。
ウイスキーがチョコレートの外に出てこないようにしてあるのかもしれません。

ウイスキーボンボンを2つ食べて、その後もも姫の体には異常が現れることなく、体調悪くならず 大丈夫でした。
酔った感じもなかったです。

もっとたくさん食べたかったけど 体のことを考えて やめておきました。


モロゾフ ウイスキーボンボンの原材料名


砂糖、カカオマス、ウイスキー、ココアバター、乳等を主要原料とする食品、ゼラチン、小麦粉、乳化剤、香料、着色料(カラメル)、(原材料の一部に大豆を含む)


モロゾフのウイスキーボンボンは、
お酒を飲まないもも姫にはアルコールがちょっと強いかもしれないと思ったので、続けてたくさん食べずに 残りのウイスキーボンボンは家族に食べてもらおうと思います。

スポンサードリンク

♪関連ブログ記事
クローン病診察でチョコレートを食べてもいいと先生から言われた。

クローン病男性にバレンタインチョコレートを渡してしまった私




関連記事
スポンサードリンク