flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > ピアノ > title - 小学生の頃のピアノ発表会でシューベルト即興曲2番を弾く

小学生の頃のピアノ発表会でシューベルト即興曲2番を弾く

Categoryピアノ
今日はピアノのことを少し書こうと思います。

ピアノ曲でシューベルトの即興曲op.90-4というとても有名な曲がありますね。
最近このシューベルトの即興曲を月に一度二度くらい弾いています。

シューベルト4

シューベルトの即興曲op.90-2の曲は小学5年生の時のピアノ発表会で弾きました。

シューベルト2


シューベルトの即興曲op.90-2を発表会で弾きましょうとピアノの先生から言われたとき、小学生の頃の私は即興曲の4番のほうが好きだったので、4番が弾きたいな~と思ったのですけど、おとなしい私はそれを先生に言うことができず、先生が選曲された2番を黙って練習しました。

シューベルトの即興曲op.90の2番は、最初の軽やかな部分は好きだったのですけど、でも 小学生の頃の私には2番の曲の中間部分が音楽的に少し難しく理解しにくくて、いまひとつ好きになれないな~と思いながら練習していました。

4番は、わかりやすく美しいメロディーが最後まで続いていきますね。


下の写真の楽譜は、そのときの発表会で弾いたときの楽譜で、ピアノの先生が書かれた鉛筆のあとがたくさんついています。

シューベルト2☆

もも姫が発表会でシューベルトの即興曲2番を弾いたとき、一緒にレッスンに通っていたSちゃんはモーツァルトのソナタ KV310を弾きました。

モーツァルト310

私はこのモーツァルトの曲がとても好きだったので、発表会で弾けて羨ましいな~と思っていました。

もも姫はその後もピアノのレッスンでモーツァルトのソナタKV310を先生から課題曲として弾くように言われたことはなく、その曲以外のモーツァルトのソナタを色々練習しました。

ピアノの先生はあまり活発ではなかった私に、よく合いそうな曲を考えて選んでくださったのかなと思いますが どうだったのでしょうか。

ピアノを習い始めた子供の頃は、あまり弾きたくないな~と思う曲や練習したくない曲も色々弾いて勉強することで色んな曲が弾けるようになっていくので、先生の出された課題曲を黙って真面目に勉強していて良かったと思います。

今は、もう自由に自分の好きな曲・弾きたい曲を弾けるので、子供の頃に弾きたかった曲を時々弾いて楽しんでいます。

小学生の時に習っていたピアノの先生は感情の起伏が激しい先生でしたので、機嫌が良い時にはすごく褒めてくださいましたけれど、機嫌が良くないときにはレッスンの間じゅうずっとSちゃんと一緒に怒られて..
そんな時はレッスンの帰りに暗い気持ちになり、家に帰ってからも何日間か気分が沈んでいました。

小学生だった私は、感情の起伏の激しいピアノの先生を見て、どうしてあんなにヒステリックになって怒るんだろうと不思議に思い、大人の女性のなかには怖い人がいるものだな~と思っていました…笑
怒られるとすごく怖いので、怒られないようにレッスン前にはたくさんピアノの練習をしました。

音大のピアノ科の学生だった時にピアノの演奏会に出演したのですが、
そのときに小学生の頃に習っていたピアノの先生が遠くから演奏を聴きに来てくださり、
「きっと、小学生の頃にたくさんピアノを弾いたのが良かったのね」と言ってくださいました。

高校生の時に習っていた何人かのピアノの先生も大学の時から師事していた先生もピアノのレッスンは毎回真剣で厳しいものでした。

子供の頃から長くピアノを学び続けてきて大変だったことがたくさんありましたが、いまは好きな曲をピアノで色々弾くことができて
ピアノを弾いている時はとても楽しく幸せな時間で、ピアノを続けていて良かったなと思います。

どんなことでも長く続けていくのは大変ことですが、これからも ピアノをずっと続けていけたら素敵だなと思います。

スポンサードリンク


【関連記事】

ピアノ発表会や演奏会の本番で、あがり症や緊張を克服して弾けた時。人前演奏

二枚爪対策・予防方法・補修剤 ピアノを弾いて二枚爪になる

ピアノを7時間半練習。音大ピアノ科受験 高校2年の日記

腱鞘炎の治療 手の指が痛い時のピアノ練習

関連記事
スポンサードリンク

Comments

りー  

NoTitle

こんばんは。

いいお話ですね・・・なんかジ~ンとしてきました。
いつまでもピアノを弾き続けてくださいね。

 | REPLY |   

hajime  

NoTitle

ひとつの事を続けられるというのは、素晴らしいですよね。
もも姫さんの言うように、黄金のように輝くと思います。

僕は、浅く広くなのでw
自慢できるようなものはありません。

ピアノ、続けてれば良かったなぁと思う事が多々ありますが。
子供の頃は遊びたかったのでねぇ。
自分で選んだんでしょうがないですね。

 | EDIT | REPLY |   

このはな桜  

NoTitle

この記事を読んだら久々に、IEのお気に入りにいれてる
Franz Schubert - Impromptu d899, No. 2,
Wilhelm Kempff が聴きたくなって、聴きました。
もも姫は、ピアノの才能があっていいなぁ~
もも姫のピアノ、聴いてみた~い!

 | EDIT | REPLY |   

あかちん  

NoTitle

こんにちは。
のだめちゃんって言っていいですか?

 | REPLY |   

ダメおやじ  

すごいですね。本格的にひかれていたのですね。もも姫様のピアノ是非聞きたいです。ピアノは、弾く方の強弱で、曲が違って聞こえるものですよね。先日、娘の合唱祭の伴奏のピアノを注意して聞いていると、合唱を優先させ、控えめに弾いてる生徒、ピアノは、すごく上手ですが、伴奏が、大きすぎて、かなり合唱と重なって聞こえたりとひきかたひとつで雰囲気がかなり違って聞こえるものですね。もも姫さまの演奏会でのピアノと伴奏と比較する事自体失礼な話ですが、最近、思ったピアノについて、コメントさせていただきました。失礼しました。

 | REPLY |   

もも姫  

りーさんへ☆

こんばんわ りーさん☆

ありがとうございます(*^_^*)
ピアノ、これからも頑張って続けていきたいなと思います☆

 | REPLY |   

もも姫  

hajimeさまへ☆

こんばんわ hajimeさん☆
ありがとうございます

ピアノは、練習が嫌だな~と思ったことはあるんですけど、
やめようと思ったことはないんですよ~
でも私も小学生の頃は、
近所の子と一緒に走り回って遊んでいましたよ(*^_^*)
遊びも大切だと思います(^^♪

 | REPLY |   

もも姫  

このはな桜さんへ☆

こんばんわ このはな桜さん☆

ケンプのシューベルトですか(*^_^*)
それはいいでしょうね!

シューベルトは、華やか~という感じではないけれど、
じんわりと心に響いてくるものがありますね☆
ず~っと年をとって貫禄がつく頃に、
シューベルトの色々な曲を弾いたら素敵だろうな~と思います♪
でも..もも姫は貫禄がつくときが来るでしょうかね。。?(*^。^*)

 | REPLY |   

もも姫  

あかちんさまへ☆

こんばんわ☆あかちんさま
ありがとうございます。

のだめちゃんですか。。
いまは のだめちゃんのように
ピアノに情熱的になっているかもしれませんね(*^_^*)
がんばります~♪

 | REPLY |   

もも姫  

ダメおやじさまへ☆

こんばんわ☆
ダメおやじさまと呼ばせていただくのは少し気が引けますが。。(*^_^*)

中学生のとき、私も合唱コンクールでピアノの伴奏をしましたよ~
自分のピアノを弾くことだけに必死になっていると、良い伴奏はできませんね
ダメおやじさんが上手だと思われた生徒さんは、
合唱をよく聴いて良い音楽になるようにちゃんと考えてピアノを弾かれていたのですね☆
ダメおやじさんはほんとうに良く聴かれていますね(*^^)

 | REPLY |   

ダメおやじ  

NoTitle

すいません。パソコンからコメントさせて頂きます。やはりそうですよね。もも姫様のような東京までレッスンに通われているような方は、合唱祭でも伴奏しますよね。さぞかし上手だったと感じております。私は、前にもお話しましたが、昔(30年以上前ですかね、もも姫様はご存じないと思いますが、はっはは)、赤い激流という水谷豊が主演するサスペンス&ピアノドラマをみてショパンにはまりました。英雄ポロネーズですかね。あれを聞いたときになんか元気がでるというか、すごく感動したおもいを幼心に感じておりました。アルトールルービンシュタインというショパンと同郷のピアニストのレコードを親に買ってもらいいつも聞いていたことが思い出されます。本当にピアノは良いですね。英雄ポロネーズは難しいのですかね、ご存知ですか?是非、その曲が聞きたいです、もも姫様の。勝手なことを言って申し訳ございません。カーネギーホールのルービンのピアノは今でも絶賛されているそうです。レコードしか聞いたことがないので、わかりませんが・・・。明日、小腸造影なので夕食は軽めに済ましました。なんか逃げたい気持ちです。寝ている間に、膀胱が、閉じてないかな~なんて考えている次第です。甘いですよね。ははは、それではまたコメントさせて頂きます。

 | REPLY |   

flatpain  

NoTitle

もも姫さん

すごい!
東京まで習いに来てたんですね。
時間も費用も掛かりましたよね。

私の娘も5歳からピアノをやっていますが未だに
えっ?って感じです・・・

本人いわく自分には絶対音感もないしなどと。

でもピアノを習いに行くの辞めたらと言っても「嫌だ続ける」
ばかりです。

やる気があるのは良いですが実力がね~

どうしたら娘がもっとうまくなるのでしょうかね???

ちなみに練習はあまり好きではないようです。

 | REPLY |   

たわわ  

通りすがり

初めましてです。
偶然、私も、この曲、中2の発表会で弾いたんです。
でも、本当は、私もこれじゃない曲が良かったんですよね。

つい、懐かしくてコメしてしまいました。

私は、辞めてしまったけれど、もも姫さん頑張って下さいね。

応援しています。

 | REPLY |   

NANTEI  

NoTitle

シューベルトの即興曲、
中学の時に習いました^^。
私はそのころピアニストになりたかったのですが、
家の事情でその夢はかなわず、まして習い始めたのが遅かったこともあって断念してしまいました。
私はこの2番の中間部が好きで・・・(笑。
娘がピアノを習っているとき、これを弾けるようになったときは、感激しましたよ^^。
なんか小さなコンサートでもなさったらいいのに・・・。
その時、もし聴けたら涙ぐんでしまうかも(-_-;)。

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

flatpainさまへ☆

flatpainさん ありがとうございます☆

ほんとに。。東京レッスンは、朝早く行って家に帰るのは夜遅くでした。

お嬢さん、ピアノは好きだけど練習はあまり好きでないんですね(*^_^*)
小学生のときは私も、ピアノの他にも色んなことに興味があって
ピアノだけ~という感じではなかったです。
ただ、東京まで通っていたので、練習しないと!とは思っていました。

お嬢さん 女の子ですから、ピアノの発表会で着るキレイな洋服を買ってあげたり
キレイなドレスを着て弾いているピアニストの演奏会(音大の卒業演奏会等)に連れて行ってあげると、
がんばって練習をされるかもしれませんね☆

 | REPLY |   

もも姫  

たわわさまへ☆

初めまして たわわさま☆
ありがとうございます(*^_^*)

たわわさんもこの曲じゃないほうが良かったのですか。。(笑)
同じで良かったです(^^♪
子供の頃の発表会で大好きな曲はなかなか弾けないのかもしれませんね~。。
ピアノの先生も、全員の生徒に好きな曲ばかり弾かせていたら、
とんでもない発表会になってしまいますからね。。(*^^)

頑張ります☆ありがとうございます♪

 | REPLY |   

もも姫  

NANTEIさまへ☆

こんにちわ☆
NANTEIさまもシューベルトの即興曲を弾かれましたか(*^_^*)
中学生で2番の中間部を好まれるとは! 大人ですね!(^^♪
小学生のときからキレイなものや可愛いものが好きだった私は、
この中間部に時々出てくる不協和音っぽい響きを聴いて、
どうしてシューベルトはこんな音楽を作ったんだろうな~と思いました(*^^)

コンサート、そうですね。
今は私もNAITEIさまと同じように 
ピアノを弾く環境がいまひとつ良くありませんので
ピアノを十分に弾ける環境が整えば、挑戦してみたいなと思っています。
でも 近い将来、クラシックよりもジャズピアノをどこかで弾いているような気がします(^^♪

 | REPLY |   

コメント投稿