flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > 病気・体 > title - 骨を強くする食事・栄養素

骨を強くする食事・栄養素

Category病気・体
体が痩せていたり、極端なダイエットをしたことがある、あまり運動をしない、日に当たらない、乳製品や魚・大豆食品をあまり食べないという人は骨が弱くなりやすいです。

女性は、40代の更年期から骨が徐々に減りはじめ、閉経後は骨量が急激に減少して骨粗しょう症になる人も増えます。

骨は運動と食事の工夫で強くなるということです。

そこで、骨を強くする食事についてまとめました。


骨を強くするために必要な栄養素


骨を強化するためには、牛乳・納豆・魚を食べるのがよく、その他に、青菜や豆腐もよいということです。


カルシウム


カルシウムは骨の主な成分で、牛乳コップ一杯で200mgほどのカルシウムがとれます。

また、小松菜などの青菜や豆腐、小魚にもカルシウムが多く含まれています。


ビタミンD


ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する栄養素です。
ビタミンDは魚に多く含まれています。

鮭の切り身一切れでビタミンDの1日量がとれるということです。

干ししいたけやキクラゲなどの食品にもビタミンDが多く含まれます。

ビタミンDは脂溶性なので、油といっしょにとると吸収がよくなります。

また、ビタミンDは紫外線を浴びることで皮膚で合成されます。


ビタミンK


カルシウムが骨に沈着するときに、オステオカルシンというたんぱく質が必要になりますが、その合成にはビタミンKが必要となります。

ビタミンKが多い食品は、納豆で、1パック50gほどで十分な量がとれるということ。

納豆はカルシウムやたんぱく質、イソフラボンも多く含まれるため、骨を強くするのによい食品です。

他に、ほうれん草や小松菜などの青菜なもビタミンKの栄養素が多く含まれます。


たんぱく質


たんぱく質に含まれるコラーゲンは、骨をしなやかに強くしてくれます。

たんぱく質は、魚、肉、大豆食品(納豆、豆腐など)に多く含まれます。


ビタミンB6・B12・葉酸


ビタミンB6・B12・葉酸はコラーゲンの劣化を防ぐ栄養素です。

ビタミンB6・B12は魚やレバーに多く含まれます。
葉酸は小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれます。

スポンサードリンク


【関連記事】

骨粗鬆症(骨粗しょう症)をカルシウムサプリと運動で予防。クローン病

カルシウムサプリ。DHCとトップバリュのサプリメントを摂取・比較

カルシウムウエハース『骨にカルシウムプラス』 クローン病栄養摂取

咳で胸が痛い… 肋骨骨折? 整形外科受診

クローン病の食事

関連記事
スポンサードリンク