flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

音大ピアノ科でのピアノレッスン 自分が満足できる演奏を

Categoryピアノ
音大ピアノ科(ピアノ専攻)でのピアノレッスンのことです♪

大学生の時、7月始め頃から9月始め頃まで約2ヶ月ほど夏休みがありました。

大学のピアノ専攻で学んでいたもも姫は、週に一度 大学でピアノのレッスンを受けていました。

大学1年の夏休み前のレッスンでは、ピアノの先生から
夏休みの間の課題として、ドビュッシーの前奏曲集 第1巻と第2巻を全曲弾けるようにしてきてくださいと言われました。

ドビュッシーの前奏曲はそれまでまだ弾いたことがなかったのですが、第1巻と第2巻の24曲すべてを譜読みから暗譜までして2ヶ月で仕上げるというのは とても大変なことなので、大学の時に師事していた先生のピアノレッスンのレベルの高さに驚きました。

先生には、レッスン曲は必ず暗譜してくるようにと言われていました。

ですから、ラフマニノフのソナタ2番の
1楽章のような難しい曲でも、一週間で譜読みして暗譜できるように練習しないといけませんでした。
そのときは1週間では無理で、なんとか許していただきましたけど…
でも、2週目のレッスンまでには暗譜しました。

高校生のときに習っていたピアノの先生のレッスンもとても厳しかったのですが、大学で師事していた先生のレッスンは、それよりももっともっとレベルが高く、色々なことがそれまでと違ったために、最初は戸惑うことが多くありました。

大学に入学したあと一番最初のピアノのレッスンで先生が言われたことを今も覚えています。

「日本のピアノの先生は一から十まで全部教え過ぎです。
生徒は先生に操られているロボットのようだ。」
と言われました。

もも姫が師事していた先生は日本人の先生ではありませんでした。

たしかに…もも姫は高校生でピアノレッスンを受けていた時には、曲の始めから終わりまですごく細かくきっちりと先生から教えられていて、先生の言われる通りに弾けるように何回も何回も練習していました。

もも姫は大学を卒業してからも
クローン病が悪化して長期入院するまでずっと 大学で師事していたピアノの先生のお家まで1日かけて行き、ピアノのレッスンを受けていたのですが、レッスンの時 先生はいつも言われることがありました。

曲が弾き終わるといつも
「どうでしたか?」「満足に弾けましたか?」
と聞かれたのです。

もも姫は高校生の頃までに4人のピアノの先生に習っていたのですが、それまでの先生は生徒に感想を聞かれることはほとんどなく、曲が弾き終わると たいてい、先生が思った感想を言われました。

それなので、
「どうでしたか?」と聞かれると、
さあ… どうだったかな…?と思い、
自分が弾いた曲が自分でどうだったのかがわからず、先生の質問にどう答えたらいいのかわかりませんでした。。

高校生のときまでは、先生の言われる通りに弾かなくてはいけない 先生が満足するような演奏をしないといけないと思っていたので、先生はどう思ったかな?と、いつも先生の感想を気にしていました。

大学のときのピアノの先生は、自分がどう弾きたいか 自分が満足できる演奏ができること そして、個性をとても大切にされていました。

そのため、自分が学んで勉強している最中の曲のCDや他の人の演奏は聴いてはいけないと言われていました。

それは、小学生の頃から習っていた先生にも同じことを言われていました。
小学生の時に受けていたピアノレッスンでは、曲がある程度仕上がった頃に 先生がCDでピアニストの演奏を聴かせてくれました。

大学の時に師事していた先生のピアノレッスンはレベルがとても高く 厳しいレッスンで、クローン病を高校の時から発病していたもも姫は 大学の時はまだ自分がクローン病とは知らず、入院を2回したり お腹が痛くなったり熱が出たりして 厳しいレッスンについていくのが大変なことがよくありましたけど、でも、そのレッスンのおかげで 多くの色々なことを学ぶことができました。


自分の個性を大切にして
自分が満足できるように 自信を持って生きていけるように これからも頑張っていきたいと思います。


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

あかちん  

NoTitle

こんばんは。
個性は魅力です。
そして主役はもも姫さんでしょう。

 | REPLY |   

このはな桜  

NoTitle

自分が大切に思っていること、それを自分の方法で
表現できたらと思っています。
私がとても大切だと思っていることは、思いやりの気持ち
(これ修行中で、そういう気持ちをいつも持てるように
 なりたいという希望です)と笑い。
もも姫は、愛でしょうか、
もも姫の愛を、ピアノで表現したら、どんなかな?
きっと素晴らしく素敵だと思うな~

 | EDIT | REPLY |   

hiro  

素晴らしい

はじめまして。もも姫さん。
hiroと申します。

ブログを読ませてもらってます。
僕ももも姫さんと同じクローン病に悩まされてはや七年くらい経ちましたでしょうか。

もも姫さんのブログを見て、この病気にめげることなく、人生を楽しいものにしたいという思いがよく伝わってきて、非常に共感できると同時に、勇気というか自信というか、とても励みになっています。

ピアノを特技とされているのですね!僕は全くできませんが、ピアノの音色は聞いててとても落ち着きますよね。

普段はIT業界でとても忙しい毎日を送っていて、趣味も中々出来ない毎日で、最近は体調もあまりよろしくないので、何とかしたいところですが、もも姫さんのようにもう少しプラスに考えてみることにしましょう。

これからもちょくちょくブログは拝見させて下さいね。ご迷惑でなければ、コメントもさせてもらいます。

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

あかちんさま☆

こんにちわ☆
ありがとうございます♪ あかちんさま

スマップの歌にもありましたね☆
世界にひとつだけの花
みんなそれぞれ違った魅力を持っていますから、
それぞれの素敵なところを大切にしたいですね(*^_^*)

 | REPLY |   

もも姫  

このはな桜さん☆

思いやりと愛はなんとなく似ていますね(*^_^*)
上手くは説明できないけれど。。
思いやりは、相手のことを思いやる心、考える気持ちかな?
私も相手のことを優しい気持ちで考えてあげることができるようになりたいと思います☆
このはな桜さんはいつも優しくて楽しいコメントをしてくださるので、
思いやりのある方だと思います。
ありがとうございます♪

 | REPLY |   

NANTEI  

NoTitle

ああ、いいなあ!
えらいひとの言葉よりも、沁み入るように入ってくる一言、
一言・・・
私はそんな言葉にめぐり逢いたくて、
ここにお邪魔したくなるのかも知れません。
そして、かえって勇気を貰っているわたし・・・。

へんだな(笑!

 | EDIT | REPLY |   

もも姫  

hiroさん☆

はじめまして hiroさん☆

ブログを読んでいただいてありがとうございます(*^_^*)
共感していただけてとても嬉しいです☆

hiroさんはクローン病で体調があまりよくないながらもお仕事を頑張っていらっしゃるのですね。
私は以前 クローン病が悪化してお仕事が出来なくなってしまったことがあり、
難病を持ちながらお仕事を続けていくというのは本当に大変なことだと思います。

私はお仕事ではないのですけれど、いまピアノを頑張っていますよ♪

私は2年半前に小腸の手術をして、その後も直腸の狭窄等で時々体調が悪くなることがあるのですけど、
なんとかなる☆大丈夫☆ と、気持ちは明るく前向きに頑張っているつもりです(*^^)v
この何年かは病気以外のことで悩んだり憂鬱になることが多いんですよ~。。
でもそれも真面目に頑張っていればきっと解決すると思っています☆

お忙しい中、コメントをしていただき、本当にありがとうございます。
またブログを読みにきてくださいね☆
コメントもお時間のあるときに書いてくださったら嬉しいです♪

 | REPLY |   

もも姫  

NANTEIさん☆

ありがとうございます(*^_^*)

私はピアノとクローン病以外のことはあまりよく知らないことが多いのですけど、
ピアノとクローン病では本当に色んなことを経験して、たくさんのことを考えました。
NANTEIさんはブログをよく見に来ていただいてコメントもたくさんしていただいて
とても嬉しく思っています。
私もNANTEIさんに元気をいただいています(*^^)v



 | REPLY |   

もも姫  

非公開コメントさま☆

あたたかく丁寧なコメントをしていただいてありがとうございます☆

 | REPLY |   

もも姫  

非公開コメントさま☆

コメントをしてくさだり、ありがとうございます☆
先生にはずっと何年もお会いしていませんので、
いまもそういう風に教えていらっしゃると聞いて、嬉しく懐かしい気持ちになりました。
レッスンは厳しかったのですけれど、先生の優しい笑顔を思い出しました(*^_^*)
また、発表会等があれば、先生の生徒さんの演奏を聴かせていただきたいなと思います☆

 | REPLY |   

コメント投稿