flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

愛の画家 シャガール展 京都文化博物館~真の芸術は愛にある 

Category
先週、京都文化博物館に行ってシャガール展を見てきました。

10月10日からは京都市美術館で大エルミタージュ美術館展も開催されているので、どっちに行こうかなと考えたのですけど、エルミタージュ美術館展は始まったばかりで、きっと すごくたくさんの人が見に来ているだろうなと思い、先にシャガール展を見に行くことにしました。

京都文化博物館のシャガール展へ午後3時頃に行くと、見に来ている人が多くなく、この日は時間がたくさんあったので ゆっくりと作品を見ることが出来ました。

マルク・シャガールは色彩の詩人と呼ばれているということで、
もも姫は マルク・シャガールのおとぎ話の絵本のような夢のある絵に見とれました。

シャガールは、妻を一途に愛し、愛や結婚をテーマにした作品を多く残したことから、
愛の画家」として知られているということです。

愛をテーマとした絵をたくさん見て、愛はやっぱりいいな~ 素敵と思いました。

 シャガール 恋人たちとマーガレットの花
   恋人たちとマーガレットの花

もも姫はいま 愛を一番に大切に思っています。
愛のために生きたいと思っています。

愛するために 愛されるために 生まれてきて
人を愛し、愛されて 花を愛し 音楽を愛しています。

愛があるとき、もも姫の心は大きな幸せに包まれます。

シャガール展のパンフレットには、真の芸術は愛にあるのです と、大きく書かれています。

シャガール 愛


シャガールは愛の画家

もも姫は愛のピアニストを目指そうかな~

でも、その前に..
今は腱鞘炎の指を治さないと~


クローン病では身体障害者手帳を持っている人もいらっしゃいますが、
このシャガール展は、身体障害者手帳があると入場料が無料になり
障害者1名につき介護者1名の入館料が無料になります。

シャガール展を見終わった後、京都文化博物館内にあるいくつかのお店を見ました。

そして、京丹山(きょうたんざん)というお酒を売っているお店に、酒井雄哉(さかい ゆうさい)さんの本が置いてあったので、その本を見ていたら、お店の方が話しかけてこられました。

酒井雄哉さんは天台宗大阿闍梨で、比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者の方だそうです。


このお店のお酒を比叡山の酒井雄哉さんのいらっしゃるところに配達しているそうで、その時に本にサインをしていただいて、それをお店に置いているということでした。

もも姫は その直筆のサイン入りの本を買いました。

お店の方は、毎日その酒井雄哉さんの本に向かって拝んでいるそうです。
毎日拝んでいたら何かいいことがありますよと言われましたけど、もも姫はまだ拝んでいないです~

本を読んでから拝もうかな 何かいいことがあるかもね


この日は、京都文化博物館で有意義に楽しく過ごすことが出来ました。

芸術の秋です。
今度は、京都市美術館の大エルミタージュ美術館展も見に行けたらいいなと思います。

スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

MASA-K  

チィ~~ッス!!

姫ぇ~!!
芸術の秋ですねぇ~~~!!\(^^)/
といいつつ・・・・
その芸術には・・むとんちゃくな俺です!(^^;)
でも・・
姫には・・・“愛のピアニスト”
が良く似合いますよ!!(^○^)/
早く指を治して・・・
ピアノ弾けるように!頑張ってください!!\(^^)/
こんな・・イカツイオッサンが・・・
応援してるっすよ!!(^○^)v

 | REPLY |   

NANTEI  

NoTitle

シャガール展、ご覧になったのですね。
心が温かくなったでしょう?
私も過去2度の展覧会を見て、
更に大きな画集まで買ってしまったほどのファンです^^
私の場合、シャガールの作品に接したあとは、
切なくなり、また心がふわふわ浮遊するように感じるのです。
本当はこういう画家になりたかった!
と思ったこともあります。
もう一人は全く画風が違いますが、
パウル・クレーも文句なしに好きな画家です。
このクレーも別な意味で、
愛にみちた作品を数多く作っています。

たぶんよくご存じだと思いますが、
私が簡単にまとめたブログがあります。
よろしければ下を覗いてみてください。
http://nantei1943.blog129.fc2.com/blog-entry-254.html

 | EDIT | REPLY |   

あかちん  

NoTitle

こんばんは。
素敵な恋をしている人は輝いてますね。
病気も克服しちゃいましょう。

 | REPLY |   

ゆいたん  

NoTitle

身体障害者手帳って、クローンの人ゎ、みんな持ってるんですか?

 | REPLY |   

konewchan  

NoTitle

こんにちは、もも姫さん・・
私も絵画を見るのは、好きですね・・・
ちなみに、私は”アンリ・マティス”という画家が好きです。
何か心が豊かになるんですよね・・・

もも姫さんの”愛のピアニスト”
良いですねえ~
ピッタリ、はまってますよ~~
これからも、愛のピアニストを弾きながら
ブログを楽しませてくださいね・・・

 | REPLY |   

ムーミンパパのシルエット  

映画「ノッティングヒルの恋人」にシャガールの絵が

 ブログの文脈とははずれますけれど、ジュリア・ロバーツがハリウッドの女優を演ずる映画「ノッティングヒルの恋人」にシャガールの絵が登場していました。

 愛のピアニスト ・・・ すてきなことばで、それが映画になったら、と連想したのかもしれません。ピアニストが登場する映画ではアメリカ映画の「愛情物語」というのが好きです。だいぶん前の時代ですけれど。

 漫画では、映画化されたこともある「ピアノの森」が、ショパンコンクールにさしかかっていましたが、最近の場面はまだ見ていません。

 もも姫さんは、リストの「愛の夢」や、エルガーの「愛の挨拶」など、きっとすてきにお弾きになれるのだと思います。 指、元気になりますように。

 | REPLY |   

もも姫  

MASA-K さん☆

こんにちわ☆MASA-Kさん

MASA-Kさんはいつも明るくて元気なので、もも姫も元気になります~☆
いましばらくは指を安静にして、治ったら、愛のピアニスト目指してがんばります(*^^)v
でも、頑張り過ぎてまた指を痛めてはダメですね。。
応援ありがとうございます☆嬉しいです~♪
また、MASA-Kさんに元気をいっぱいわけてもらいますね(*^_^*)

 | REPLY |   

もも姫  

NANTEIさん☆

こんにちわ☆NANTEIさん

シャガールの絵を見に行ったのは初めてなのですけど、
シャガールの育った環境や、愛する妻を亡くしてからしばらく絵が描けなくなってしまったこと等
色々なことがその絵に表現されているんだな~と思いました。
NANTEIさんの言われるように、心が温かくなりました(*^_^*)
そして、切なくなる気持ちもわかります。
心が浮遊する感じは もも姫にはまだわかりませんでした(*^^)

パウル・クレーという画家は知らないです。。名前は聞いたことがあります。
シャガールとは画風の違う愛にみちた絵 どんな絵なんでしょう
NANTEIさんのブログを見せていただきます(*^_^*)

 | REPLY |   

もも姫  

あかちんさん☆

こんにちわ☆あかちんさん
ありがとうございます☆
素敵な恋..一生素敵な恋をして、幸せな気持ちでいられたらいいなと思います♪
そのためにも、自分磨きを頑張ります(*^^)v

 | REPLY |   

もも姫  

ゆいたん☆

ゆいたん こんにちわ☆

クローン病で身体障害者手帳を持っている人は、いくつかの基準を満たしている人なので、
持っていない人もたくさんいますよ。
身体障害者手帳を持っていると、その地域によっては電車やバスを無料で利用できたり、
美術館や博物館等に無料で入場できたりします。
就職のときの障害者枠を利用するために申請する人もいるようです☆
あと、税金の控除や減免等も受けられます。



 | REPLY |   

もも姫  

konewchanさん☆

こんにちわ☆
konewchanさんはアンリ・マティスの絵がお好きなのですね(*^_^*)
絵画を見て心が豊かになれるのは素敵なことですね。
マティス展が開催されたときには また見に行きたいと思います☆

愛のピアニスト はまっていますか?(^^♪
嬉しいです~♪
哀のピアニストにならないようにしたいと思います。
konewchanさん いつもありがとうございます☆

 | REPLY |   

もも姫  

ムーミンパパさん☆

こんばんわ☆
ムーミンパパさんは映画や漫画もよく見られているのですね(*^_^*)
私は絵が好きで、体調の良いときには美術館等に時々見に行くことがあります。
画家のこと等は詳しくありませんが、これからまた色んな絵を見てみたいなと思います。

「ピアノの森」という漫画は聞いたことがありますが、ショパンコンクールも出てくるなんてすごいですね!
リストの愛の夢は時々弾きます♪
愛の挨拶もピアノ用に簡単に編曲されたものを楽しみながら弾いたことがあります。

クローン病という難病で時々苦しむことがありますが、
愛があれば大変なことも乗り越えていけると思いました。
これからも、愛を大切にしていきたいと思います。

 | REPLY |   

第一楽章  

京都で芸術の秋

芸術の秋ですね!
京都という地名を聞いただけで「いいですね~」と思わずコメントしてしまいます。幼少の頃住んだ枚方、そして日曜に亡き父によく連れて行ってもらった京都の寺院を思い出すのもこの季節です。

シャガールの絵って、決して写実的ではないし、初めて見るとたいてい「なんじゃこれ?」なんですが(笑)、モチーフがほのぼのしてるのでしょうか、独特の味を覚えるといいですね。

もも姫さんは、クローン病という難病と闘いながらも、とても心が広く豊かで、美しいものを味わいながら時間をゆったりと過ごされているようで羨ましいです。

 | REPLY |   

もも姫  

第一楽章さま☆

こんばんわ☆
羨ましいと言っていただけて嬉しいです。
クローン病があると、あまり羨ましいと思われないことが多いですので。。
でも、クローン病だったから出来たことがこれまでにもたくさんあります☆

秋の京都はいいですね。
今年はどこか綺麗な紅葉を見にいけるかなと思いますけれど
体調次第ですね。。(*^_^*)
シャガール展は病院の外来の帰りに行きました。
最近よく病院へ行っていますけれど..
でも、楽しみながらなんとか頑張っていこうと思います☆

 | REPLY |   

コメント投稿