flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > クローン病 症状 > title - クローン病 漢方薬治療 小腸狭窄に大建中湯

クローン病 漢方薬治療 小腸狭窄に大建中湯

Categoryクローン病 症状
ブログに、「もも姫さんは漢方薬を飲んでみようとは思わないのですか?」
という漢方薬についてのコメントをいただきました。

それで 今日は漢方薬のことについて書こうと思います。

もも姫は以前 クローン病の症状で漢方薬を飲んだことが何度かあります。

漢方薬を飲むまでの経緯を少し書きます。

クローン病かもしれないと最初に病院で言われたとき、クローン病の確定診断はされていなかったのですが、サラゾピリンというお薬を処方してもらい飲みはじめました。
(サラゾピリンは漢方薬ではないです)
ステロイドの薬も1年くらい飲みました。

クローン病の確定診断ではなかったせいか、その時は先生から食事制限のことも言われなかったので 食事はなんでも食べていましたし、エレンタール等も飲んでいませんでした。

クローン病かもしれないと言われたあと、体調の良い時が長く続きました。
それはもしかすると、サラゾピリンやステロイドの薬の効果だったのかもしれません。

大学へ元気に通ってピアノコンサートにも色々出演して ピアノ教室やその他の仕事もして、友達や家族と遊びに行ったり 旅行もたくさんしていました。

病院へは通院していましたけど、サラゾピリンのお薬をもらって飲んでいるだけで、それほど困った症状もありませんでした。

でも そうして過ごしているうちに、
右の下腹部に時々違和感や軽い痛みを感じるときがあり、
診察のときに主治医にそのことを言うと、
「そんなところが痛くなるはずがない」と言われたので、
え? どうしてそんなことを言うのかなと思いました。

でも、そんないつも気になるような症状でもなかったので、たいしたことはないのかもしれないと思いました。

その他には気になる症状もなく、サラゾピリンも効いているのかどうか自分では全然わからず、先生に対する不信感も少しあったので、だんだん病院へ行かなくなり、サラゾピリンも飲むのをやめました。

そして それから大分しばらく経った頃から時々腹痛が起きるようになったのですけど、それまで病院に行っても 病名もわからないし はっきりしないことばかりだったので病院に行く気にはなれませんでした。

大腸検査など検査ばかり何度もして、それでも腹痛の原因などはっきりとしたことがわからなかったので、病院に行って検査をするのは大変で もう嫌だと思いました。

でも、お腹の調子はあまりよくならなくて ご飯もたくさん食べられなかったので、母が漢方を専門にしている先生を探してきてくれて、母と一緒にその先生のところへ行きました。 

そして、これまでの病状や その時の症状等を漢方医の先生に伝えると、色々な話をしてくださり、何種類かの漢方薬や食品を出してもらいました。

その時に出してもらった漢方薬で覚えているのは、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。

その他に、熊笹エキスや養命酒などもすすめられたので、飲みはじめました。
補中益気湯と熊笹エキスと養命酒 全部合わせると 結構高価な価格になりました。

漢方医の先生からは、お腹の調子を良くする体操なども教えていただきました。

そうして、しばらく補中益気湯や熊笹エキス、養命酒を毎日飲んでいて、その効果は、少し元気になったような あまり変わらないような..そんな感じでした。

熊笹エキスはすごく苦くて、飲むのが大変でした。

でも、その後 腹痛がだんだん酷くなってきて..
食べ物がほとんど食べられなくなり、体重が28Kgまで減って..
腸膀胱瘻(ちょうぼうこうろう)ができてしまったので、病院に行き、その後入院することになったのです。

それなので、その時のもも姫のクローン病症状では、補中益気湯などの漢方薬ではもう治せないほどの状態になっていたのだと思います。

今考えると、クローン病の診断がついていなくて体調が良かったために、クローン病治療薬のサラゾピリンを飲むのを勝手にやめて、それで病状が悪化してしまったのだろうなと想像できます。


その後、クローン病の診断がついた時に、クローン病専門医の先生にも漢方薬を出してもらったことがありました。

それは、大建中湯(だいけんちゅうとう)というお薬で、
小腸が狭窄している時に飲むと、腸の調子が良くなりました。


今はクローン病専門医の先生で漢方薬に詳しい先生などもいらっしゃるようなので、漢方薬で治療がしてみたい時には、漢方薬に詳しいクローン病専門医の先生の診察を受けて処方してもらうと安心できると思います。


もも姫が今クローン病で診ていただいている主治医は漢方薬のことはあまり詳しくないそうで、現在は漢方薬の治療はしていません。
いまは、レミケードの薬と栄養剤のエレンタール摂取だけで症状が落ち着いていることが多いです☆

レミケードは もも姫の小腸によく効いてくれているようです。

関連記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments

まるちゃん  

こんにちは~

もも姫さん
こんにちは~

私も長年のクローン病治療の中で漢方薬を処方されたのは一度だけだったよ

お腹の張りが酷い時に、同じく‘大建中湯’を処方されたのを覚えています。

一時的に胃腸の調子は良くなりましたが、炎症の活動期には全く効果がなくて、それっきりになりました

主治医の考え方や個人の症状差があるから、西洋医学と東洋医学の良し悪しの判断は難しいですね

とりあえずは、あまりストレスを貯めずに、お腹がまた悪さしないように免疫抑制剤でコントロールして行きたいです

ここ数日間、冷え込みがキツいけれど、風邪を引いて体調を崩さないように気をつけて下さいねヾ(^▽^)ノ

 | REPLY |   

イチロー  

NoTitle

こんにちは(^-^)

私は大建中湯は、クローン病にとっても有効だと思います。
私の場合、大建中湯で症状を抑えられていると思います。
漢方は空腹時に飲むのがポイントの様です。
薬剤師さんから最近聞いたのですが、大建中湯はレミケードに似た作用も有る様です。
短期間の服用では効果は少ないかも知れませんが、長期間服用すると効果がある気がします。

 | REPLY |   

もも姫  

秘密さん☆

ありがとうございます☆☆
ほんとうに 色々ですね(*^_^*)
そう言っていただけると とても嬉しいです。
秘密さんは いつも もも姫のことをよくわかってくださるので
ほんとうに心強く思います。
私も秘密さんの気持ちがよくわかります☆
女らしいところとか 可愛いところとか 
頑張っているけど時々とてもさみしくなったりするところとか 
もも姫と同じなので、共感しています。

 | REPLY |   

もも姫  

まるちゃん☆

こんばんわ☆まるちゃん
まるちゃんも大建中湯を!
漢方薬の効き目は緩やかなんでしょうかね。
炎症がひどいときには効きませんでしたか。。
そんなときは やはり西洋医学がいいのかもしれませんね☆
お薬は使ってみないと効果があるかどうかわからないですからね。

まるちゃんは免疫抑制剤の治療をされているのですね。
もも姫は免疫抑制剤の副作用がとても辛くて飲めませんでした。。
副作用がよく出るから困ります。。
ストレスはほんとうによくないですね。

ありがとうございます まるちゃん♪
まるちゃんも 心も体も
ぽかぽかあたたか~くして過ごしてくださいね☆(*^_^*)

 | REPLY |   

もも姫  

イチローさん☆

こんにちわ☆イチローさん
いつもありがとうございます♪

イチローさんはいま大建中湯を飲んでいらっしゃるのですか。
レミケードに似た作用があるというのを聞いて、私にも もしかしたら良いかもしれないと思いました。
レミケードはいまの私の病状にとても良いのですけど、
レミケードの副作用が出て これ以上量を増やせないので困っています。
大建中湯のことを また先生に聞いてみたり考えてみたいなと思いました☆
良い情報を教えていただいて ありがとうございます(*^_^*)

 | REPLY |   

きらきらあいら  

NoTitle

こんばんは。
私は病気は違いますが、ステロイド、免疫抑制剤を飲んでいます。
ちょうど今回の入院で、漢方薬について知る機会があり、一度試してみようと思ってだところでした。
現在飲んでいる薬を続けながら、私にもあう漢方薬があったらいいなと思います☆

 | REPLY |   

もも姫  

きらきらあいらさん☆

こんばんわ☆
ありがとうございます☆
きらきらあいらさんも漢方薬を試してみたいと思っていたのですね(*^_^*)
漢方薬で良いお薬があればいいですね。
私も、いまの治療で使っているお薬は副作用が強く これ以上増やせないので、
漢方薬で体調が維持できるものがあればいいなと思っています☆

 | REPLY |   

コメント投稿