flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

小腸造影検査は苦しい..もうしたくない。クローン病 小腸狭窄

Category小腸狭窄 クローン病
もも姫は炎症性腸疾患(IBD)のクローン病になってから長いので、これまで病院でたくさんの検査をしました。

大腸の透視検査や内視鏡検査、胃の検査、小腸透視検査や超音波検査、MRI、CT検査等々…他にもいろいろな検査をしましたが、たくさん検査した中で 一番苦しいと思った検査は、小腸造影の検査でした。
小腸造影の検査以上に苦しかった検査はなかったです。

検査の中には痛みをともなう検査というのもありますが、小腸造影の検査は痛みはありませんでした。
とにかく苦しくて気持ち悪くて大変な検査でした。

小腸造影検査はすごく苦しかったので、これまで一度しかしていません。

その一度は、病名と原因が病院でわからないまま3年間絶食したあとにクローン病専門医の先生に診察していただいて、その時に初めて小腸造影の検査を受けました。


小腸造影の検査をした時のこと


小腸造影の検査をした時のことは、すごく苦しくて辛かったので あまり思い出したくもないのですが…笑

小腸造影検査の時に鼻から入れるチューブはやわらかいけれども結構太かったです。
鼻からその太いチューブを入れられて そのあと喉を通る時に すごく気持ち悪くなり、吐き気がして 苦しくて泣きました…
なんてひどい検査なんだ…と思いました。

もも姫があまり苦しがっていたので、そばに付いてくださっていたクローン病専門医の先生が心配そうな表情で もも姫の手をずっと握っていてくださいました。

そして 鼻から太いチューブを入れられたあとに管の中に造影剤を入れて、チューブが入ったまま検査台の上で右を向いたり左を向いたりして動きます。

それから 時間をおいて その後また検査台に乗り、同じように検査をして、大分長いあいだ鼻にチューブを入れたままでした。
気持ち悪かったです…

小腸造影検査はすごく苦しかったので もう二度としたくないです。


小腸造影検査をしないまま小腸の手術をする


何年か前に受けた小腸狭窄の手術前には、主治医の先生に「小腸造影の検査は苦しいのでしたくないです。嫌です。」と言って拒否しました。笑

主治医の先生は優しい先生だったので、小腸造影検査はしなくてもいいと言ってくださり、鼻からチューブを入れて造影剤を入れてする検査ではなくて、口からバリウムを飲んでする透視検査だけをして小腸狭窄の手術をしてもらいました。

小腸造影の検査よりも小腸の手術をするほうがまだ楽だと思えるほど 前にした小腸造影検査は大変でした。
あれから何年も経っているので 少しは楽に検査ができるようになったのでしょうか…

できるなら もうずっと死ぬまで小腸造影の検査はしたくない~


エレンタールの経管摂取も違和感が強くできない


もも姫は以前、成分栄養剤のエレンタールを鼻からチューブを入れて経管で摂取したことが少しだけありますけど、あの細いチューブでも喉に違和感があって気持ち悪くなり夜に眠れなかったので、経鼻・経管でエレンタールを摂取するのは無理だと思い、それからはずっと経口で口から飲んでいます。

経管で栄養摂取するのが全然大丈夫な人もいるようなので、喉に違和感を感じる程度は体質的なこと等で個人差が大きいのだろうなと思います。


胃カメラも麻酔使用により楽に検査できた


小腸狭窄の手術の時にしたマーゲンチューブ(鼻から入れられるチューブ)もすごく気持ち悪くて大変でした。
鼻から喉にチューブやカメラを入れる検査はしたくないです~

胃カメラの検査も一度しかしたことがないのですが、その時は麻酔をかけてもらって意識がほとんどない間に検査していただいたので、苦しまずに検査を終えることができました。

主治医の先生に、胃カメラの時に静脈麻酔をかけて検査することができるか聞いてみたら、「できますよ いいですよ」と言ってくださったので、麻酔をかけて検査してもらうようにお願いしました。
主治医の先生はやっぱり優しい先生がいいです。


最後にフォロー


小腸は、狭窄の手術をしてからとても調子が良いです。
このままずっと調子の良い状態が続いてくれればいいなと思います。 小腸造影検査はもう受けたくないですから…

小腸造影検査で大変苦しかったということを書きましたけど、これから小腸造影の検査をする方が読まれたらきっと 恐怖や心配で憂鬱になってしまうと思うので、ちょっとフォローしておこうと思いますが、もも姫が小腸造影の検査を受けたのは何年も前のことなので、それから少しは楽に検査できるようになっているかもしれません。
他の検査や手術なども少しずつ楽にできるようになっていますからね。

一番いいのは、もう一生涯 小腸造影検査をしなくていいように、クローン病が完治する薬ができればいいです。

スポンサードリンク


【関連記事】

クローン病 小腸狭窄とお腹の症状日記~腹痛、腹鳴、お腹が張る

クローン病で3年間絶食。小腸狭窄手術後に食事再開

クローン病の小腸狭窄で腸閉塞。腹痛、嘔吐で救急外来へ

クローン病の小腸狭窄症状でお腹が張る時の対処法




[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿