flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。体に良い食事や食べ物、料理レシピ、京都のことなど 愛の日記です。

スポンサードリンク

TOP > クローン病 症状 > title - ペンタサ坐剤 座薬が入れられない時。クローン病 直腸・肛門病変

ペンタサ坐剤 座薬が入れられない時。クローン病 直腸・肛門病変

Categoryクローン病 症状
以前、クローン病の直腸病変でペンタサ坐剤の座薬を使っていた時に書いたブログを2つまとめました。


クローン病 直腸病変でペンタサ坐剤・座薬の効果があるか試す


潰瘍性大腸炎治療薬ペンタサ坐剤1gが発売されたということを知り、ペンタサ坐剤はクローン病には使えないのかな?と思い、診察の時に主治医に聞いてみました。

そしたら 先生が、
「ペンタサ坐剤はクローン病でも使えますよ。使ってみますか?」
と言われたので、使って試してみることにしました。

クローン病薬の飲み薬のペンタサは、レミケード治療を始める前までずっと飲んでいたので、ペンタサ坐剤の副作用はあまり心配ないかなと思います。

もも姫は直腸のあたりにクローン病の炎症が起こることがあるので、ペンタサ坐剤はその病変に効くかもしれないと思いました。

でも..ペンタサ坐剤を使うことには大きな問題が..


座薬は使いたくない・座薬が嫌い


もも姫は 座薬があまり好きじゃないんです..
座薬が好きな人は あまりいないと思いますけどね。。


高熱時にボルタレン座薬を使い、熱が下がりすぎる


座薬を一番最初に使ったのは、何年か前に腹膜炎で手術をしたあとのことでした。手術後に高熱が出て その熱を下げるためにボルタレン坐薬を入院中に使いました。

ボルタレン坐薬で熱が下がり過ぎて、その反動かなにかで また高熱が出て の繰り返しで ずっと何日もそんな状態が続き、なかなか退院できませんでした。

それで、先生や看護師さんには言わないで、自分で勝手にボルタレン坐薬を使わないようにして自力で熱を下げてみたら、その後、熱が出なくなったんです。

それ以来、ボルタレン坐薬はもちろん、座薬自体あまり使いたくないと思うようになりました。

座薬は、その後も市販のお薬などを数回使ったことがあるのですけど、あまり良い効果がなく かえって症状が悪化したこともあったので、良い思い出はありません..

座薬で 良い思い出のある人もあまりいないと思いますけどね…


ペンタサ坐剤は毎日使わなくてもいい


この前の診察で 先生は、ペンタサ坐剤は毎日じゃなくても週に3日くらいでもいいですよと言われました。

ペンタサ坐剤は、まず 使えるかどうか その心配があったのですけど、座薬はおしりが気持ち悪くなるので、ほんとうはあまり使いたくないです。
使用したくはないけれど、直腸病変に効果があったらいいなと思います。

先生は、表面麻酔剤のキシロカインゼリーも一緒に出してくださいました。
キシロカインゼリーを塗ると座薬が入れやすくなりますね。


ペンタサ坐剤が入らない、入れられない


 ペンタサ坐剤 潰瘍性大腸炎 クローン病薬


ペンタサ坐剤の袋には、潰瘍性大腸炎治療剤と書かれています。


もも姫 少し前にペンタサ坐剤を試してみました。

直腸病変(膿瘍・腸瘻孔など)の痛みが少しでもある時は、痛みが増すと嫌なので ペンタサ坐剤を使用するのは避けて、痛みがない時に使うことにしました。


ペンタサ坐剤を袋から出して見てみると、大きな座薬だ~.. 大丈夫かな~?と思いました..

説明書には、水に濡らすと入れやすいと書いてあったので、水を用意しました。

さあ、ペンタサ坐剤をおしりに..

でも..ここからは詳しく書けません..笑
もも姫はピアニストですからね。
これ以上 書いてはいけませんね。

ペンタサ坐剤は、結局 使えませんでした。 
やっぱり… 座薬が大きくて無理です。

ペンタサ坐剤の説明書にも、無理して入れると直腸粘膜を傷つけるおそれがあると書かれているので、無理はしないことにしました。

もも姫は 直腸の上の方に狭窄しているところがあるのですけど、もしかしたら直腸の下のほうも少し狭くなっているのかな?と思いました。

ペンタサ坐剤はその後、キシロカインゼリーを使って もう一度チャレンジしてみたのですけど、やっぱり無理でした..

ペンタサ坐剤は 主治医から使うように言われたわけではなく、自分から使ってみようかなと先生に聞いてみただけなので、いまは無理して使うことはないです。
でも またもしかしたら、いつかペンタサ坐剤にチャレンジしてみるかもしれません。

腸の狭窄部分のバルーン拡張術をした後に また試してみようかな
水で少し溶かしてから入れたらどうかな~

ペンタサ坐剤は潰瘍性大腸炎の治療薬となっているので、いつかクローン病の治療薬として使える時が来るなら、その時にはペンタサ坐剤の大きさを もう少し小さくしてほしいな~と思います。


【関連ブログ記事】
リンデロン坐剤を入れる工夫 クローン病直腸治療薬

リンデロン坐剤とペンタサ座薬の効果なく、座薬使用をやめる。クローン病直腸病変

 
スポンサードリンク

上のブログを書いてから1年後くらいに投稿したブログです。


ペンタサ座剤を削って使う。(座薬が入らない時)


ペンタサ坐剤のことです。

ペンタサ坐剤は、クローン病の直腸病変に良い効果があるかもしれないと思い、主治医に相談して処方してもらい、試してみました。

でも、ペンタサ坐剤の薬が大きいのと直腸に入れにくい形なのとで、入らないし使えないな~と思って諦めました。

昨年は自分から先生に言ってペンタサ坐剤を試してみたのですけど、今年クローン病の直腸症状が悪くなって入院した時にはステロイドのお薬のリンデロン坐剤を使うように先生から言われ、リンデロン坐剤を何日間か毎日使用していていました。

その後、リンデロンはステロイドのお薬なので3日に一度使い、 その間の2日はペンタサ坐剤を使うことになりました。

入院の時から使用したリンデロン坐剤のことは前にブログで書いています。

ペンタサ坐剤は昨年2度試してみて入れられなかったので、今度も無理だろうなと思いました。
もも姫は直腸が少し狭いと思いますから。

先生は内視鏡カメラが通るから大丈夫だと言われますけど でも、あのペンタサ坐剤を入れるのは痛くて大変です。無理..

それで、ペンタサ坐剤が直腸内に入りやすいように座薬をカッターナイフで削ることにしました。

ペンタサ坐剤はやわらかいので すぐに削れます。
でも、削り過ぎると小さくなって薬の効果がなくなってしまうので そのへんは難しいですけど。

ペンタサ坐剤は 最初は小さく小さく半分くらいまで削っていましたけど、直腸のバルーン拡張術をしてから座薬が入りやすくなったので、今は少し大きめに削って使っています。

それでも、クローン病の直腸症状でおしりのあたりが強く痛む時には小さな座薬でも入れられません。

リンデロン坐剤はそのままの形で細いほうから入れられますけど、ペンタサ坐剤はそのままの形で使用するのはもも姫には難しいです..

毎日ペンタサ座薬を削るのは面倒ですけど、でも、直腸周辺に痛みがない時には頑張って削って使っています。

今はカッターナイフではなくてハサミで削っています。
ハサミのほうが小さな座薬を削りやすいです。

また一度 ペンタサ坐剤を削らないで そのままの形でチャレンジしてみようかな
ちょっと怖いけど..

ペンタサ坐剤は、3ヶ月ほど前の入院の時からずっと使っています。
リンデロン坐剤と同じように、キシロカインゼリーを座薬に塗って使っています。

座薬は、ベッドで横になって入れていますけど、キシロカインゼリーは透明なのにチューブから出して時間が経つと茶色に変わるので、座薬の袋に入れたキシロカインゼリーが垂れてシーツについて あとからシーツが茶色くなってしまったり、キシロカインゼリーのついた指で電気のスイッチを触って 白いスイッチのところが茶色くなっていたりするので、そうならないように使用する時に気をつけています。

今日はリンデロン坐剤を使う日です。
朝から直腸周辺に痛みが出ていないので このままの調子でいけば座薬が使えるかな~

今夜も直腸のあたりの痛みがでなかったら嬉しいな

Crohn's disease - love love diary☆クローン病 おしり


炎症性腸疾患クローン病の炎症は直腸にも起こりやすいので、おしりを大切にしたいと思います。


【関連記事】

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

バルーン拡張術 直腸狭窄の治療と大腸内視鏡検査。クローン病
 
関連記事
スポンサードリンク