flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

バルーン拡張術 直腸狭窄の治療と大腸内視鏡検査。クローン病

Category腸のバルーン拡張術
炎症性腸疾患(IBD)クローン病の治療で行なっている腸のバルーン拡張術について書いたブログ記事(日記)をいくつかまとめました。

非公開の部分は◯やXとしています。


バルーン拡張術 直腸狭窄の拡張と大腸検査。クローン病


(20◯◯年X月投稿のブログ)

先週はクローン病治療で下部消化管内視鏡的拡張術を受けました。
直腸狭窄のバルーン拡張術です。

内視鏡によるバルーン拡張術の治療はこれまで何度もしています。

バルーン拡張術は、主に炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎、腸結核など)で狭くなった部位や、外科手術、レミケード治療、内視鏡手術、放射線治療などのあとに狭くなった部位をバルーン(風船)により拡張して、腸の内容物を通りやすくする手術です。

もも姫は今回のバルーン拡張術前も下剤を使用しなかったので、拡張術をする数日前から絶食をしていました。

先週していた絶食は、腸を安静にするための絶食ではなく、腸の中をきれいにするための絶食でした。

それで、絶食をする前には脂肪の多いアイスクリームを食べたり、絶食中もカフェインを含む紅茶をたくさん飲んだりしていました。

下剤を飲むと体調が悪くなるため使用できないので、下剤を飲まない代わりに 手術の数日前から腸に刺激のある食べ物や飲み物を摂取して それでお腹が緩くなれば腸内の内容物が減っていいだろうと考えました。


今回の腸のバルーン拡張術では、
手術を行う少し前に抗生剤を点滴して内視鏡室に入りました。

検査台の上に横になると、痛み止めのお薬が点滴のルートから入れられ、
次に 眠くなるお薬(静脈麻酔)が入れられます。

そうすると、30秒もしないうちに意識がなくなり、あとは拡張術が終わるまで眠っていました。

拡張術の前日、主治医の先生に 麻酔をたくさんしてくださいとお願いしていたので、先生は前回のバルーン拡張術の時よりも麻酔を多く使ってくださいました。(見て確認したわけではないので実際はわからないけれど…そう思っています。)

今回のバルーン拡張術は痛みも苦しみも全くありませんでした。
ただ眠っていただけでした。
(もしかしたら、痛かったかもしれないですけど、その時のことは全然覚えていません。)

痛みがなかったのは、麻酔がよく効いていたというのもあると思いますけど、
直腸の狭窄があまり狭くなっていなかったようなので、それで痛みを感じなかったのだと思います。
(以前は麻酔をしていても 痛くて途中で目が覚めていました。)

直腸があまり狭窄していなかったのは とても嬉しいことです。


この直腸狭窄のバルーン拡張術は、以前 別の病院で麻酔を使用しないで拡張したことがあり、その時は これ以上の痛みはないというくらいの激しい痛みで とても苦しい思いをした経験があります。
その頃は直腸がかなり狭くなっていました。

3回目のバルーン拡張術をした後くらいに 外科の先生から、「バルーン拡張術をしてもその効果が長く続かないから手術をしたほうがいい」と言われたのですが、直腸の手術はしたくなかったので、
それから内科の先生に診ていただいて治療し、バルーン拡張術を何度も続けて行ううちに直腸の狭窄症状はかなり良くなりました。

それで 結果的には、外科の先生に手術をすすめられた時に直腸の手術をしなくて良かったと思います。

以前受けたバルーン拡張術のことについてはブログで書いています。


先週のバルーン拡張術治療の時には、
拡張術が終わったあとに大腸の内視鏡検査もして、その大腸検査も寝ている間に終わったので楽で良かったです。


バルーン拡張術をした日の夜には38℃をこえる熱が出ました。
でも、熱は次の日には下がりました。

これまで何度かしたバルーン拡張術後にも熱はよく出ていました。

バルーン拡張術をした翌日の血液検査ではCRPと白血球の数値が上がっていたようですけど、それも 数日で正常値に戻りました。

バルーン拡張術後に腸からの出血もほとんどなく、無事治療を終えることができました。

バルーン拡張術は定期的に行なっているので、次回のバルーン拡張術まで また 生活を色々楽しみたいと思います。

前回バルーン拡張術をしてからは直腸があまり狭窄していなくて、直腸病変 瘻孔(ろうこう)の痛みもほとんど出なかったので、この状態が長く続いて体調良く過ごすことができたら嬉しいです。


直腸狭窄のバルーン拡張術 無痛で終了。クローン病治療


(20◯◯年Y月投稿のブログ)

ダブルバルーン内視鏡による直腸狭窄のバルーン拡張術が無事に終わりました。

もも姫はバルーン拡張術の前に下剤は飲まなくても良かったので、手術の時間までは特にしなければいけないことはありませんでした。

検査着に着替えて検査台で横になり、点滴が入っている血管から静脈麻酔のお薬が入れられると だんだん眠くなってきて意識がなくなります。

主治医の先生が麻酔の量をいつもよりも多くしてくれたので、目が覚めたときには拡張術は終わっていました。 無痛でした。

しかも!大腸も小腸も全部検査していただいたようで、 眠っている間にすべて終わり とても楽でした。良かったです。

病室へはストレッチャーで帰ってきたのですが、ストレッチャーに乗った記憶もないし、病室まで運ばれている間もきっと眠っていたのでしょう
全然覚えていません。

でも…病室へ帰ってから痛みが出てきたので、ソセゴンの筋肉注射をしてもらいました

過去にした腸のバルーン拡張術では、
病室へ戻ってから痛みが出たことは一度もないのですけど、もしかしたら、最近ずっと直腸あたりに痛みがあったので、
拡張術や検査でそのあたりが刺激されて痛かったのかなと思います。

でもその痛みは、過去に受けた麻酔なしのバルーン拡張術の強烈な痛みに比べれば たいしたことのない痛みでした。

バルーン拡張術が終わってからは、麻酔がしばらく効いていたせいか すごく眠くてたくさん寝ました。

もも姫はバルーン拡張術を行なったあとに熱が出ることが多く、今も熱が出ています。
でも、1、2日ほどで熱は下がると思います。

直腸病変の痛みの治療もして帰るので 予定よりも入院は長くなりますが、症状が少しずつ良くなっていけばいいなと思います。

スポンサードリンク


クローン病 バルーン拡張術の治療日記。大腸と小腸の内視鏡検査も同時に終了


(ブログ投稿年月日は非公開にしました。)

今週はクローン病治療と検査で入院していて 昨日退院したもも姫です。

夏に入院した時は、クローン病の直腸病変(瘻孔など)による痛みが続いて、病院に行くと、直腸が狭くなっているのが原因で痛みが出ているのではないかということで、緊急で入院をしてバルーン拡張術をすることになりました。

でも、バルーン拡張術の時に内視鏡で腸の中をみてみると、直腸の狭窄は前回のバルーン拡張術で拡げた時の状態から狭くなっていなかったということで、バルーン拡張術は行なわなかったと先生から聞きました。

そして、その後退院して それから何日かあとに外来診察があり、その時に先生から、
「直腸をまた一か月後くらいに内視鏡検査で見ておきましょうか。
そのついでに、バルーン拡張術もしましょう」と言われました。

それを聞いてもも姫は、
1ヶ月前に直腸は狭くなっていなかったということでバルーン拡張術を中止したのだから、バルーン拡張術はまだしなくてもいいんじゃないのかな?
と思いました。

でも、直腸の内視鏡検査をする時には
また麻酔をかけてもらったり、何日か前から絶食もしないといけないから、ついでにバルーン拡張術をしておいたほうがいいかもしれないと思いました。

そんなことで、今回の入院では直腸のバルーン拡張術と、大腸と小腸の内視鏡検査をしました。

今回のバルーン拡張術をする前、自分では直腸が狭くなっているという感覚はほとんどありませんでした。

何年か前は、自分でもかなり狭くなっているとわかるくらいに直腸が狭窄していた時期がありましたが、バルーン拡張術を何回も繰り返し行ったことで直腸狭窄が大分良くなっています。


バルーン拡張術(手術)当日のこと


バルーン拡張術を行う内視鏡室へは いつものように車椅子に乗って行きました。看護師さんが車椅子を押して連れて行ってくださいます。

腕からは抗生剤の点滴が繋がれています。

検査着に着がえて内視鏡室に入り 検査台の上に横になると、麻酔で呼吸が浅くなることがあるので、酸素の出てくるチューブのようなものを鼻のところにつけます。

酸素をつけたあとは、腕の血管から痛み止めの薬が入れられ、その次に、眠くなる薬を入れられます。

それから30秒もしないうちに眠ってしまい、意識がなくなります。

バルーン拡張術と検査中に痛みが出たり苦しい思いをしないように、もも姫はいつも 内視鏡検査台の上に横になってから手術が始まる直前に
「麻酔をたくさんお願いします」と、先生にお願いをしておきます。

できるだけ苦しみのないようにしてほしいから。

先生はとても忙しく、一人一人の患者の細かいことまでは覚えていらっしゃらないと思うので、手術の直前に、もも姫にとってはとても大事な麻酔のことをしっかりと先生にお願いしておくと安心できます。

今回のバルーン拡張術と そのあとにした大腸と小腸の内視鏡検査では、痛みや苦しみが全くありませんでした。

麻酔が効いたあとの記憶は全くなくて、
内視鏡検査室から病室にどうやって帰ってきたかもわからなくて、気がついた時には病室のベッドで寝ていました。
気がついた時の記憶も全くなく、その辺のことは覚えていないんです。

そんな状態では車椅子に乗って帰って来れないと思うので、たぶんストレッチャーに乗せられて病室に帰ってきたのだろうなと思います。

今回のバルーン拡張術では、内視鏡のバルーン(風船)でひろげられる最大まで直腸を拡張することができたと先生から聞きました。

前回のバルーン拡張術の時には 今回よりも2ミリ少ない16ミリまで拡張したと聞きました。

今回、直腸を大きく拡張することができて良かったです。

バルーン拡張術のあと、出血はほとんどありませんでした。
これまで何度もバルーン拡張術を行なっていて、そのあとに出血が多かったということはなかったです。

前に、バルーン拡張術後に出血しないようにする点滴をしていたこともあるのですけど、その点滴をすると気持ちが悪くなるので、先生が点滴を止めてくださいました。


バルーン拡張術のあと、麻酔が効いて眠っている間に大腸と小腸を内視鏡で検査していただきましたが、その検査の結果は、特に問題がなかったと先生から聞きました。

先生が、「もも姫さんはクローン病になってから長いので、腸に悪いものができないか心配ですから、定期的に検査しておくといいですね」と話されました。

悪いものというのは、腸に癌ができるということですね。
癌になるというのかな。

今は定期的にバルーン拡張術と検査で腸の中をみてもらって 毎回腸の細胞の検査もしているので、検査結果で問題ないことがわかると安心できます。

もも姫はバルーン拡張術をしたあとに よく熱が出るのですが、今回 直腸を内視鏡でひろげられる最大まで拡張したこともあり、手術後に発熱が数日続きました。

腸の検査とバルーン拡張術をするために何日か前から絶食をし、入院もして
手術のあとも発熱でしんどくなったり大変なこともありましたけど、手術と検査が無事に終わり、小腸と大腸は特に問題がないということがわかったので良かったです。


小腸と大腸の内視鏡検査と造影検査結果。クローン病治療


(2014年投稿のブログ)

クローン病の診察で、先月入院して行った腸のバルーン拡張術の話を先生から聞きました。

もも姫の直腸の狭窄部分は、バルーン拡張術を何回もするうちにだんだんやわらかくなり、腸が拡がりやすくなっているようで、先月の拡張術の時もすぐに拡がったと先生が言われていました。

以前 直腸狭窄ですごく苦しい思いをしていたので、今 その症状が大分良くなり 楽に過ごせているのは夢のようなことです。ほんとうに良かったと思います。

バルーン拡張術の時には、大腸と小腸の内視鏡検査もしたことを先生から聞きました。

もも姫はバルーン拡張術の時には直腸の拡張だけしたと思っていたのですけど、麻酔で寝ている間に大腸と小腸の内視鏡検査と、あと 造影検査もしていただいたようです。
寝ていて知らなかった〜 笑

小腸も大腸もすべて検査してもらっていれば安心です。

検査の結果は、小腸には狭窄がなく、小腸も大腸もきれいで大丈夫ということでした。

何年か前にした小腸狭窄の手術後、腸が狭窄していないということで それはほんとうに良かったと思いました。

もも姫はクローン病で腸が狭窄してしまうタイプなので、前回の手術後から小腸が狭窄していないのはどうしてかな?と考えてみると
手術後すぐにレミケードの治療を始めたので もしかしたらレミケードの効果かなと思います。

前にもブログで書いたのですけど、
何年か前に受けた小腸の手術後はお腹の調子がとても良くて、それは、手術をしてくださった先生がとても上手く手術をしてくださったからなのだろうな~と思います。


直腸の狭窄がひろがって良くなったのは、もも姫がものすごく忍耐強く粘り強く頑張ったから
というのももちろんありますけど、
でも、主治医の内科の先生が諦めずにバルーン拡張術を根気よく何度もしてくださったおかげで良くなれたんだと何日か前も思いました。

これまで、免疫抑制剤イムランの副作用が辛くて大変だったり、レミケードの影響(副作用)で顔にひどい湿疹が出て長い期間大変な思いをしたり、抗生剤の副作用で腱鞘炎になってピアノが弾けなくなったりと…治療薬の副作用もいろいろ出て大変でしたけど、
でも 紆余曲折しながらもクローン病の症状が良くなっていると思います。

今 調子が良いおかげで 最近色々なものを食べていますよ。

お腹の調子を考えながら食べています。


バルーン拡張術をしてから もう2ヶ月ほど経ったので、また何ヶ月か後には腸のバルーン拡張術をすることになります。

定期的にバルーン拡張術の治療をしていると、あっ もうバルーン拡張術をする頃になったのかと 時が過ぎるのを早く感じます。

何度も何度も根気よくバルーン拡張術の治療をして症状がここまで良くなり、
これからもまた いつまでかわからないけれどバルーン拡張術を続けていく..

腸のバルーン拡張術もそうですけど、それ以外のことも 今できる事を根気よく続けていれば これからもまた 良いことがあると思っています。


関連記事

バルーン拡張術で直腸狭窄が拡がる。クローン病治療 粘り勝ち

バルーン拡張術で腸が裂けた..クローン病 直腸狭窄の治療

大腸内視鏡検査で腸穿孔。腸に穴が開いて絶飲食・絶対安静に…クローン病

クローン病小腸狭窄手術の話。術前術後、鼻管や傷の痛みについて

クローン病 小腸狭窄とお腹の症状日記~腹痛、腹鳴、お腹が張る 

[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

hajime  

NoTitle

暑い日が続き体調管理も大変かと思いますが、ゆっくりお休み下さい。

 | EDIT | REPLY |   

クレソン  

お疲れ様です

バルーン拡張術お疲れ様です。

無事に終わったみたいで良かったです(^^)

脇の下、胸の横の痛みや咳は治まりましたか?

お大事にしてください。

 | EDIT | REPLY |   

イチロー  

NoTitle

こんばんは☆
お久しぶりですm(_ _)m

バルーン拡張お疲れませんでした!
狭窄改善され良かったです。私はバルーン拡張を経口4~5回・経口門3回/年のペースで受けています。最近麻酔が効かず痛みが強くて困っています。
もも姫さん麻酔が効いて良かったです。
私は回腸の狭窄にカメラがどうしても入らず手術を勧められたのですが、リスクが大きいので現在は様子見です。あと2~3年後に新型のダブルバルーン内視鏡が出るようなので、それに期待をしています。
もも姫さんも何度も拡張術を受け本当に大変だと思います。お互いに頑張りましょう!!

 | REPLY |   

NANTEI  

こんばんは。

コメント欄を開いていただき、とても嬉しいです。
だからと言って、どのようなコメントをしたらいいのだろうと、
躊躇していたのも正直な気持ちです。

けれども、もも姫さんには大きな勇気と、
それ以上に大きな大きな優しさ。
いってみればマリアさまのような優しさを感じていました。

上手くいえませんが、これからの大きな希望として、
もも姫さんのブログを大切にしたいと思いました。



 | EDIT | REPLY |   

sakayan wife  

NoTitle

もも姫さま

おひさしぶりです。
もも姫さまに、こうやってコメントが書けるって、ちょっと嬉しいです

バルーン拡張術、うまくいって良かったですね。
少しでも病状が良くなるといいなあ~っていつも思います。
毎日すご~く暑いので、どうかゆっくり体を休めてください。
また、もも姫さまのブログ、楽しみにしています(#^^#)

 | REPLY |   

もも姫  

hajimeさんへ☆

きっと こちらは、宮古島よりも毎日暑いのではないかと思います。。(>_<)
でも、治療も終わったので、少し晴れやかな気分ですよ☆
hajimeさん ありがとうございます☆

 | REPLY |   

もも姫  

クレソンさんへ☆

ありがとうございます♪

クレソンさんに言われるまで、胸の痛みのことを忘れていました。。笑
大分良くなってきたようです。
でも、くしゃみをすると まだ痛みますよ。
もも姫の体調を気にかけていただいて嬉しいです(*^_^*)
バルーン拡張術も終わり、胸の痛みも良くなってきたので、
少しずつ動いて体力をつけていきたいと思っています☆

 | REPLY |   

もも姫  

イチローさんへ☆

ありがとうございます☆
小腸の上のほうの狭窄は 口からカメラを入れてバルーン拡張術をするのですね。
先生から手術を勧められても、自分でよく考えて手術をするかどうか決めたほうがいいですね。
もも姫のように、手術をしないで長い間ねばって内科的治療を続けて
症状が良くなる場合もあると思いますから。
2、3年後に新型のダブルバルーン内視鏡が出るのですね!
それは良いことを聞きました☆(*^_^*)
その内視鏡で、これまでできなかった治療ができるようになれば嬉しいですね。
クローン病の腸の狭窄で苦しんでいる人が多いですから、
狭窄の治療がもっと進めばいいなと思います。

 | REPLY |   

もも姫  

NANTEIさんへ☆

コメントをありがとうございます♪
コメント欄を開けた記事が「バルーン拡張術」ですから..笑
クローン病の方じゃなかったらコメントする言葉に困るだろうな~と思いながら
思い切ってコメント欄を開けてみました。
でも、もも姫は、記事に全く関係のないコメントだったとしても嫌だとかはあまり思わないんですよ(*^_^*)
自分は、他の人のブログに的外れなコメントをよく書いていると思いますしね..

NANTEIさんに 優しさを感じると言っていただけて嬉しいです♪
優しく優しくなりたいと願っています。
優しい気持ちになるには、強さも必要ですね。

もも姫はNANTEIさんのことを密かに尊敬しています(*^^)
常識にとらわれず、普通なら誰も見向きもしない廃墟等にも注目して 
その評価をされているNANTEIさんですから、
もも姫の良いところも見てくだっているのかなと思います☆(*^_^*)

 | REPLY |   

もも姫  

sakayan wifeさんへ☆

ありがとうございます♪
コメント欄は色々なことで余裕がなくて なかなか開けられないでいました。。
でも、sakayan wifeさんにメッセージを書いていただいて嬉しいです(*^_^*)
もも姫はクローン病で入院することが時々ありますけど、
入院した時や絶食時、体調不良時等にはブログ訪問等ができなくなることがあり、
そんな時にもブログを見に来てくださると、とても嬉しいなと思います。
sakayan wifeさんのブログにはなかなかコメントできないでいますが、
でも、いつも色々なことを思いながら読ませていただいています。
もも姫もsakayan wifeさんも 元気な時も悲しい時も色んな時があると思いますが、
これからも ブログを通じてずっと長く交流させていただけたら嬉しいなと思います☆

 | REPLY |   

そら  

NoTitle

コメント欄開いてたのですね。
もも姫さん避暑に行くと書いてあったので
ヨカッタ~と思ってたら
ビックリしました。
居心地の良い病院で本当に良かったですね。
暑くて体力を消耗しますから 無理しないで
くださいね。

 | REPLY |   

獅子丸  

こんばんは。

もも姫さんは拡張術も受けるにも色々と大変なのですね。
腸管洗浄剤を使用せずに受けられるとは初めて知りました。
拡張術後の発熱も毎回なのですね。

下界は暑いので気をつけてくださいね。今年は特に。
獅子丸は去年夏に入院したとき、
退院してからたいそうばてたことを思い出しました。

 | REPLY |   

もも姫  

そらさん☆

ありがとうございます(*^_^*)
ほんとうに毎日暑くて..涼しい場所で過ごすのがいいですね☆
病院では、ゆっくりと快適に過ごすことが出来ましたよ(*^^)v
以前も8月に入院したことがあるのですけど、
8月の暑い時に病院の中で暑さ知らずで過ごすのはなかなかいいなと思い、
今回も8月に入院予約をしました。

まだしばらく暑い日が続きそうですけど、
そらさんも体に気をつけてお過ごしくださいね☆

 | REPLY |   

もも姫  

獅子丸さんへ

下剤を飲むと大変なことになってしまうので、使用できないんです。
何年か前の手術前も、下剤はなしでした。
あの下剤を飲むのはかなり大変ですよね。。
ですから、下剤なしで楽ですよ(*^_^*)

今8月中旬ですから、涼しくなるのはまだずっと先ですね。。
無理をしていないので、いまのところは元気です(*^_^*)
バルーン拡張術も終わって さらに元気に過ごせそうなので、
色々楽しもうと思います♪
獅子丸さん コメントをしていただいてありがとうございます☆

 | REPLY |   

イチ  

こんにちは

ごぶさたです。(^-^)

麻酔が効いて、よかったですね。

痛みがないのは、なによりです。

今日はレミケードするために病院に来てます。
さっき、事前問診で、調子聞かれたついでに、
「レミケードして、大体1週間以内が
なんか腹痛きたりするんですけど、
他の人で、なんか言ってはりますか?」って聞いたら、
「そうやねぇ。みんないろいろだけど、
ダルい感じがするとか、咳が出て、咳き込んだり、
アレルギー反応があるという人もいますよ。」
って言ってました。

咳が出る話で、もも姫さんを思い出しました。

 | REPLY |   

もも姫  

イチさんへ☆

ありがとうございます(*^_^*)

レミケードのアレルギー反応で咳が出る人もいるんですね!
だるい感じは なんかいつもあるような気がしますけど、
それはもしかしたらレミケードのせいかなとも思っています。。

レミケードは強い作用のある薬だと聞きますし、
体の色々なところに変化が出ることがあるでしょうね。
もも姫は薬の副作用が強くでることが多いので、
いま、以前よりもレミケードの量を減らしているのですけど、
できればもう少し減らしたいなと思っています。
クローン病の症状とレミケードの副作用と、どちらが大変かということをよく考えて
体の様子をみながら 先生にまた相談してみようと思います☆

イチさんコメントありがとうございます(*^_^*)

 | REPLY |   

コメント投稿