flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病症状で絶食。食べられない時に人が食べる料理を作ること

Category絶食・断食 クローン病
クローン病の直腸病変の症状を落ち着かせるため絶食中のもも姫です。
今日は絶食5日目です。

炎症性腸疾患クローン病のあるもも姫は、普段、朝は栄養剤のエレンタールだけ飲んで 朝食はもうずっと何年も食べていないのですけど、家族のお弁当は毎日作っています。

絶食をしている時にも家族の食事を作ることはよくあります。

でも 最近は手の指の腱鞘炎で包丁がうまく使えなかったり、手を安静にしていないといけないので、料理はあまりしていません。

お弁当も手の腱鞘炎がよくなるまでは無理して作るのはやめようと思っています。

それに..絶食中ですし..
自分が何日も食べられないときに誰かの食事のために料理を作るのは大変ですよね。。

自分が病気で食事を食べられないときには、無理して家族や誰かの食事は作らなくてもいいんじゃないかなと この頃は思うこともあります。

料理を作ることで自分が楽しい気持ちになったり 幸せに思えるときは作ればいいと思うけれど。

病気の時にも頑張ることは良いことですけど、でも、いつも頑張り過ぎていると、周りの人からは 病気がたいしたことないんじゃないかと思われて、絶食の時にも料理を作ることがあたりまえ〜みたいに思われてしまうこともあるのでね

頑張りすぎて いつか自分が辛くならないように

病気の激痛が長い間治らなくて 絶食続きで食べられない時に、人の食べる料理を作るとかしなくても
そんな良い人にならなくても お人好しにならなくてもいいんだと この頃気がつきました。

そんな 病気で大変な時まで 真面目に人にたくさん気を使ってばかりいるから、腸が病んでしまったのだと思うこともあります。


★2012年12月29日のブログ

昨日は絶食6日目で、クローン病の直腸病変の痛みが数日治まっていたので、夕ご飯の時間に家族と自分の食べる簡単なお鍋を作りました。

いま、手の指の腱鞘炎なので、本当に簡単にしか作れません。

お鍋にはうどんを入れました。
もも姫が食べたのは、うどんを3本です…笑
あと、豆腐を少し。 そして、鍋のスープを飲みました。

この頃もも姫は、絶食中でもご飯が食べたいと思うことがあまりなくなりました。

体がなにも食べないということに順応してきているのかな
もも姫は以前3年間絶食したこともありましたから…

クローン病で3年間絶食し、小腸狭窄手術後に食事再開

栄養剤のエレンタールだけ飲んで なにも食べていなくても、食べ物のことは気になりません。

でも、食べられなくて寂しいという気持ちにはなります。
それは、口やお腹が物足りなくて寂しいのではないんです。
食事は我慢できるんです。
絶食を何回も繰り返して慣れてしまったから。

でも、食べられない という、そのこと自体が寂しいと感じます。

絶食したり 食事制限をしていても、栄養的にはエレンタールだけでも十分生きていけるから、体には大きな問題はないけれど
でも、食べ物とか食事は、人との付き合いのなかで 一緒に食事をしたり 必ず話題に出てきたりするものだから、そんなときに あれもこれも食べられないと色々と困難なことが出てきて、悲しい思いをしたり、寂しい思いをすることがあります。

でも 同じクローン病の方もたくさん頑張っていらっしゃるし、病気のことを理解してくれる人もいるので、いまは、今できることを楽しんだり頑張ったりしながら毎日過ごしていきたいと思います。*星



今、お昼の1時17分
朝からエレンタールを1本しか飲んでいなくて
このままではいけないので..
今から2本目のエレンタールを飲んで栄養をつけて、食事は、夕方また何か考えて食べようと思います☆


スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

ちか  

こんにちは

もも姫さん♪
こんにちは

過去の記事からコメント、ごめんなさい(>.<)

いつも温かいお返事、こちらこそありがとうございます(*^^*)

私はもちろんまだ絶食中ですが、しんどいなぁ…って思う時にもも姫さんのブログを読ませてもらっています。

私は今個室にいるので、同室の人の食事の匂いからは何とか免れていますが、時々先生たちのランチなのか、またいいカレーの匂いがしてきて…はぁ。。という思いになります。


もも姫さんは家族のために今まで食事を作られていて、すごいなぁって改めて思いました。
大切な人のためなら…っていうのは私も分かります♪
心が満たされてると、ほんと食べられなくても平気なんですよね(*^^*)

でも…
私の家族の場合だけど、母や姉は調理の仕事をしていたので、味や好みも違うし、私が作ってあげる…っていう感覚が今までなくて(>.<)

だから、もも姫さんはどんな思いや気持ちで家族のために作られていたのかなぁと気になりました。

私も何かを作ることは大好きなので、また今回必ずよくなって、手作りの料理もできるようになりたいと思っています。

桜もそろそろ見頃みたいですね。
私も心機一転がんばらねばです☆

 | REPLY |   

ちか  

食事のことで書き忘れたことで♪

私も、もも姫さん、たぶんクローン病の人たちも同じ気持ちの人が多いだろうけど、

食事も一人前は食べられなくても、ほんとおいしく食べられたら量は関係ないですよね(*^^*)
ただやっぱりお店で頼むと一人前が来るから、私はつい食べてしまったり、そんな時もありました。

手作りの料理だけじゃなく
お店のハンバーグやカレー、やっぱりいつか必ず少しだけでもいいから食べられる日を夢見ています☆

 | REPLY |   

もも姫  

ちかさんへ☆

こんばんは☆ コメント ありがとうございます♪(*^_^*)

ほんとうですね..絶食中 食べ物の匂いがどこかからすると なんか悲しくせつなくなりますね。。
入院絶食中は、食事の時間に病院食を運んでくる台車というのかな あの音が聞こえると ちょっとさみしい気持ちになります。。
今 絶食中でない時も 街を歩いていて飲食店の揚げ物や肉料理等の匂いがしてくると
さみしい気持ちになるときがあります。

もも姫はクローン病で長期間絶食していた時に 家族の食事を作っていたときもありますけど、
食事を作ることで食欲が少し満たされることもあったのと、料理が好きで家族の役に立ちたいというのもありました(*^_^*)
でも そうしていると、家族が、もも姫は絶食でも全然辛くないんだ 平気なんだと思ってしまったようで..
あとで大変になったこともあったので、病気で出来なくて辛い時は無理をし過ぎてはいけない と思いました。

お店のハンバーグは いつから食べていないかな~..
でも たま~~~~~に だったら大丈夫かな?(*^^) 

ちかさんは治療もうすぐだな~と この前も少し思っていました。
ブログで前に書きましたけど、もも姫は手術して食べられるようになった数日後に 病院食で八宝菜がでてきましたからね。。笑
ちかさんも 最初は用心して食べてくださいね(*^_^*)
ちかさんが良くなられることを楽しみにしています☆

 | REPLY |   

コメント投稿