flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > 腱鞘炎・指の痛み > title - 腱鞘炎治療ブログ 指を曲げる練習。症状が少しずつ良くなっている

腱鞘炎治療ブログ 指を曲げる練習。症状が少しずつ良くなっている

Category腱鞘炎・指の痛み
昨日は歯磨きのとき 歯ブラシをしっかり持てました☆

前は腱鞘炎で手と指が痛くて 歯磨きする時に力が入らなかったのが、
昨日はしっかりと手を動かすことができました。

腱鞘炎になって電動歯ブラシを買ったのですけど、磨きにくい場所などは、普通の歯ブラシも使います。

抗菌剤シプロキサンの副作用による指の腱鞘炎

シプロキサンのお薬をやめてから2週間が経ち、腱鞘炎の指の痛みは少しずつ良くなってきています。

手は、数ヶ月ほど安静にしていて手を握れなくなっていたのですけど、
それも少し握れるようになってきました。

手を握るときに右手の小指側のほうがまだ少し痛いのは、
右手は利き手でよく使うから 安静度の違いかなと思います。

腱鞘炎では患部を安静にすることが一番の治療だと聞くので、
手を握る練習をするのはよくないのかな?と疑問に思いながら
手を握ったり開いたりする練習をしていたのですけど、
整形の手外科の先生は、
指が痛くても 指の関節を曲げる練習をしたほうがいいと言われました。

関節を長期間動かさないでいると、関節のところがかたまってだんだん動かなくなってしまうからと言われました。

片方の指の力だけで曲げずに、
もう片方の手で指を動かしてあげて、1日に何回かすると良いそうです。

指の痛みは少しずつ良くなってきていて
料理や掃除、洗濯が少しできるようになったので嬉しいです。

ピアノが弾けるようになるのは まだもう少し先ですけど、
もも姫は以前、クローン病の体調があまり良くなくて
ピアノを何年も弾いていなかったことがあるので、
それを考えると、今回の腱鞘炎でピアノを弾いていない時間は全然長くないです。

ピアノの話になると長くなりそうなので..
また今度にします☆


★2013年2月14日のブログ 腱鞘炎のこと

このブログは、ほんとうになんでもないもも姫のひとりごとを書こうかなと思って 去年の10月から書き始めました。
(アメブロで書いていたブログのことです。アメブロから記事を移しました。)

スマホで気軽に書いている時も多いです。

その日に弾いたピアノ曲のことなども書こうかなと思っていたら..
アメブロを書き始めた頃から手と指の腱鞘炎になってしまい…

腱鞘炎ブログのようになってしまっています~。。

でも腱鞘炎は、きっと
そうなったほうがよくて神様がそうしてくださったのかもしれないと思うときがあります。

ピアノを弾いている人が 腱鞘炎になったほうが良いというのは理解しにくいことかもしれませんが、でも もも姫は、あのままピアノを弾いていたら、あんな風になっていたかもしれない…と、悪いことが想像できるのです。

人生なにが良いか悪いかわからないものです。

なかなか治らない難病のクローン病になったことは、普通に考えると 良いことではないですが、でも、難病のクローン病になったことが自分の人生にとってプラスとなっていることも色々あります。


腱鞘炎の指の痛みはいま、軽快しています。
でも、左手の手のひらが痛くて、
手を広げようとするときに手のひらの上のほうが痛みます。

この前までは、右手の小指側の痛みが気になっていたのですけど。

腱鞘炎は、日によって痛む場所が違うと書いてあるのをなにかで見たことがありますが、
ほんとうに、その時々で痛む場所が違ったりします。

前は おやすみする前にベッドの中で
腕がものすごくだるいな~と思うことがよくあったのですけど、
最近は腕のだるさはあまり感じません。

少しずつ良くなっているようですけど、
安静にしていたほうが手の痛みの治りが早いような気がするので、
もうしばらく無理をしないで大事にしていようと思います。
スポンサードリンク


★2013年2月20日のブログ
腱鞘炎でふたが開けられない..手指の腱鞘炎の症状

今日の晩御飯は、
家族が昨日の残りのカレーを食べるので、作らなくてもよくて楽です~

炎症性腸疾患クローン病のもも姫は、
2日連続でカレーを食べるのは危険なので… 今日はカレーはやめておきます。

もも姫は夕御飯に鮭フレークのおにぎりを作って食べようかな~

そう思って、鮭フレークのビンのふたを開けようとしたら、
かたくて開きませんでした。。

手の腱鞘炎で無理はできないので、
(ちょっと無理してしまったかも…)
家族が帰ってきたら、ふたを開けてもらうことにします。

腱鞘炎は少しずつ良くなっているのですけど、手をひねる作業が1番痛いです。

雑巾をしぼったり、ビンのふたを開けたりする作業です。

でも、前にもっと腱鞘炎の症状がひどかったときは、
クローン病で飲んでいるエレンタールボトルのふたやペットボトルのふたが、手が痛くて開けられなくて、
家族に一日分のエレンタールのふたを全部開けてもらっていたこともありました。

今は ひとりでなんとか開けられるようになっています。

夕食に使う鮭フレークのビンのふたは家族が帰ってくるまで開けられないので、
それまで、手を使い過ぎないようにして 過ごすことにします。


☆その後の腱鞘炎の状態
手の腱鞘炎・関節炎治療 指が痛い時のピアノ練習

最終更新日 2016年9月3日

関連記事
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿