flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

TOP > エレンタール 飲み方・フレーバー > title - エレンタールを経管経腸栄養法(鼻注)で摂取する。クローン病

エレンタールを経管経腸栄養法(鼻注)で摂取する。クローン病

Categoryエレンタール 飲み方・フレーバー
クローン病の栄養療法で使われる成分栄養剤 エレンタール(エレメンタルダイエット: elemental diet :ED)は、鼻から細くやわらかいチューブ(EDチューブ)を胃や十二指腸まで挿入して経管で注入して摂取する方法と経口で口から飲む方法とが行われています。


経管経腸栄養法・鼻注


成分栄養剤を鼻からチューブで胃や十二指腸まで挿入して注入する方法を
経管経腸栄養法といい、クローン病患者さんの間ではそれを鼻注という言葉で表して言うことがあります。

もも姫は以前 クローン病治療で入院していた時に鼻注と言われる経管経腸栄養法を病院で初めて練習しました。

その病院では、エレンタールは口から飲むよりも鼻から経管で摂取する方がよいと言われました。

その理由は、エレンタールは味があまりよくないため、長く飲み続けられない可能性があるということと、エレンタールは口から飲むよりも 点滴を使ってゆっくりと注入したほうがよいからということでした。

夜中寝ている間にエレンタールを点滴で摂取しておいて、昼間は仕事をしたり自分のしたいことを自由にできるというメリットもあるということです。


喉にチューブの違和感


もも姫が経管経腸栄養法を試した時のことですけど..
鼻から入れるチューブは2ミリくらいの細くてやわらかいチューブで、水をゴクンと飲みながらチューブを飲み込むと、意外と簡単に十二指腸のあたりまで通すことができました。

でも、喉にはチューブの違和感があり、エレンタールを点滴で注入している8時間くらいの間は 喉がずっと気持ち悪い状態で、夜はよく眠れず睡眠不足になりました。

入院中のため 昼も午前中くらいまではエレンタールを点滴で摂取していて、体を動かすと喉のチューブの違和感が大きくなり、気持ち悪いので なるべく動かないようにしていました。

エレンタールの鼻注(鼻からチューブで注入)は2週間続けましたが、喉の違和感が強いのには全く慣れず、退院してからはやっぱり 口からエレンタールを飲むことにしました。
その入院までは口から飲んでいたので
飲むのは大丈夫でした。

経管経腸栄養法(鼻注)が無理なくできる人とできない人 それぞれおられますが、もも姫は喉が敏感なためにできないのだと思います。

その後、別の病院のクローン病専門医の先生が、診察の時に
「経管経腸栄養法はどうしても出来ない人がいるから、無理にしなくてもいいよ」
と言ってくださり、エレンタールを口から飲むことに理解のある先生だったので安心しました。

その時から今まで長い年月が過ぎましたが、エレンタールは毎日真面目に飲んで ちゃんと摂取することができています。

クローン病のもも姫にとっては エレンタールは命を支えてくれる大切な栄養剤です。
これからも体のために毎日飲み続けていきます。


エレンタール 経管経腸栄養法の仕方


経管経腸栄養法をする時のことついてです。


必要な物の用意


⚫︎エレンタール

⚫︎微温湯(ぬるま湯)や水 ・・・エレンタールを溶かすために使います。

⚫︎ふたつきボトル・・・エレンタールを溶かすために使います。

⚫︎EDチューブ・・・鼻から挿入して十二指腸まで達する1mほどのチューブ

⚫︎EDボトル・・・エレンタールを適切な速度で注入するよう調節

⚫︎点滴架台またはS字フック・・・EDボトルをつり下げます

⚫︎聴診器・・・チューブが胃の中に挿入されたか確認するために慣れるまで使います。

⚫︎注射器・・・胃の中に空気を入れたり、チューブ内に水を通すために使います。

⚫︎水またはキシロカインゼリー・・チューブを鼻から入れる時に潤滑剤として使います。

⚫︎ティッシュペーパー・・・消毒液につけておいたチューブの水分を拭き取ります。

⚫︎固定用テープ、ハサミ・・チューブを挿入した後、鼻孔や頬でチューブを固定するために使います。


準備


ふたのついた容器にぬるま湯を入れて、そこにエレンタールを入れてふたを閉めて降り 栄養剤を溶かします。

EDボトルにENポンプチューブを接続します。
フレンタ式の場合はすでにチューブは接続されています。

チューブのクレンメ(流を止めるもの)を完全に閉じ、ボトル内にエレンタールを注ぎます。

点滴筒(液が落ちる部分)を指でゆっくり押しつぶして離し、余分な空気を抜き、点滴筒の半分くらいまでエレンタールをためます。

チューブのクレンメを開き、チューブの先端までエレンタールを通し、先まで来たのを確認してからクレンメを再び閉じます。

ポンプの電源を入れ、チューブをポンプに通し、注入速度の設定をします。


チューブの挿入方法


手を洗い、EDチューブの先にすべりを良くするために水またはキシロカインゼリーをつける。

上半身を起こした状態でチューブの挿入を行います。
左右どちらか挿入しやすい鼻孔を選び、チューブを中に入れ進めます。

チューブが咽頭まで達するとぶつかるので つばを飲むか水を飲むのと同時にチューブを食道へ進めます。
チューブを回転させながら挿入すると入れやすいようです。

約50センチでチューブの先端が胃内に入り、70センチで十二指腸まで入るため、チューブを70センチまで進めます。

咳が出たり むせる場合は、気管に入っている可能性があるので もう一度入れ直す。

挿入したチューブをテープでとめて固定します。
鼻孔と頬で固定します。

チューブが胃内に入ったかどうか確認をします。
(慣れれば毎回確認する必要はありません)

チューブからワイヤーを抜き、EDチューブの入っている袋にある接続管をチューブの外に出ている部分の先につけ、20mlの注射器を接続します。

胃部に聴診器をあて、注射器で空気を5mlほど注入し、空気音を聞くか、または、注射器を引いて胃液を吸引します。


ポンプで注入


注射器を取り外し、ENポンプチューブとEDチューブを接続します。
ENポンプチューブのクレンメを解放してポンプの解放ボタンを押し、注入を始める。

全量注入し終わったら クレンメを止め、ポンプの電源を切り、固定用テープをはがし EDチューブを抜きます。

ENポンプチューブとEDチューブの接続をはずす。
ボトルは食器用洗剤とぬるま湯で洗い、その後乾燥させ、チューブは20mlの注射器をつけ、中を洗い流します。

スポンサードリンク


エレンタールについてのブログ記事

エレンタールを野菜ジュースで美味しく作って飲み元気に。クローン病 栄養剤

エレンタールを美味しく飲む工夫。作り方・飲み方・濃度・温度

エレンタールの美味しい飲み方 カルピスを混ぜて作る

エレンタールゼリー ネクター巨峰ジュースとクックゼラチンで作る

関連記事
スポンサードリンク