flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

腱鞘炎治療で手湯と手袋。治らないものは頑張っても悩んでも治らない

Category腱鞘炎・指の痛み
今朝は手湯をしました。
最近また、時々しています。

給湯器のお湯をボールに入れて手をあたためると、とても気持ちがいいです。

手の指の腱鞘炎は、日常生活では困ることがあまりなくなりました。
でも、まだ手の強張りがあったり 完全ではないので、手や指は使い過ぎないようにしていようと思います。

腱鞘炎があると手の血行が悪くなるらしいので、血行が少しでも良くなるように手湯をしています。

足の裏の痛みは、先月 履きやすい靴を3足買って履くようにしてから大分また良くなりました。

手も足も昨年から痛みが出ていたので、そういうことに詳しい方から、膠原病の検査もしてみたほうがいいと言われ、何人かの医師に膠原病の可能性があるか聞いてみると、どの先生にも、その可能性はないと言われました。

手の腱鞘炎の原因は、
抗菌剤シプロキサンの副作用に腱鞘炎があり、昨年もも姫は クローン病治療でずっとシプロキサンを飲んでいたので、それが原因の可能性があるのですが、はっきりとはわかりません。

でも、いずれにしても 病院で診てもらっているので、今のところは心配ないと思います。

病気や体の不調がなかなか治らない時は、色々思い悩むとストレスがたまって とてもよくないので、
治らないものは いくら頑張っても悩んでも治らないことがあるし、
治るものは時が経てば治る と、ある程度割り切って 開き直って考えて
いま出来ることをしながら楽しく過ごしていったほうがいいと思いました。

そのことは、難病のクローン病でも言えると思います。

手は、いまも 手のひらに炎症を抑えるロキソニンゲルを塗って 手袋をして過ごしています。
ロキソニンゲル 腱鞘炎にはあまりよく効かないのですけどね。
でも、少しでも良くなればいいなと思って。

冬はあたたかい手袋をしていたのですけど、今の季節は それは暑いので、UVカット効果のある手袋で、指の上の部分が半分なくて、親指以外の指が1本づつ分かれていないものを使っています。

この間 その手袋をしていたら、母が、「その手袋 指が1本1本分かれていないから楽でいいね。でも、そういうのを探してみたら、お店に売っていなかった」と言っていたので、数日前にお店で そんな手袋を探してきました。

もも姫が手袋を購入したのは1ヵ月以上前で、その時は色も柄も豊富にあったのに、今は大分売り切れていました。

ロングタイプのものは まだ結構あったけれど、ショートタイプのは もうあまり残っていませんでした。

でも、黒い手袋とベージュの手袋と2つ買って、あと 小物もつけて 母の日のプレゼントにすることにしました。

ここから 全然関係ない話なんですけど...

ブログを書いていたら 今、米粉パンが焼けて ホームベーカリーのブザーが鳴り、パンケースからパンを出してきました。

米粉パン(小麦グルテン入り)は、2時間30分で焼けて、とても早く出来ました。

お昼に食べますよ~♪

米粉パンは、前に作った時、モチモチとして とても美味しかったので、食べるのが楽しみです。

腱鞘炎や手袋の話から 米粉パンの話になってしまいました~
ひとりごとだからね..
(以前、アメブロで書いていたひとりごとブログです。)

スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク