flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

豆腐と鶏ひき肉入りキーマカレー 料理レシピ。クローン病 

Category料理レシピ(クローン病・低脂質料理)
(20xx年9月のブログ 2017年5月に更新)

もも姫は豆腐が好きで 冷蔵庫には豆腐が入っていることが多いのですが、食品はまとめ買いをしているため、時々たくさん買いすぎて賞味期限内に食べ切れなくなり困ってしまうことがあります。

そればかりでなく、もも姫はクローン病で その時のお腹の調子によって食べる物を決めるので、食品を消費するのが遅くなることがよくあります。

先日は賞味期限の過ぎた豆腐が冷蔵庫にたくさんあり、どうしようかと考えていたところ..
カレーライスの料理を作る時に豆腐を入れてみたらどうかな~と思いついて 作ってみました。

これまで カレーライスに豆腐を入れたことはなかったので、変な味にならないかな〜 大丈夫かなとちょっと不安はありましたけど、豆腐は大豆から作られていて、大豆ミートという大豆から出来た肉の食品もあるので、食べられないことはないだろうと思って作ってみることにしました。


豆腐入りキーマカレーを作って食べる


冷蔵庫に鶏ひき肉があったので、カレーには鶏ひき肉と豆腐と玉ねぎなどの野菜を入れて作りました。

出来上がった豆腐入りのカレーライスを食べてみたら、結構美味しかったです。


キーマカレー


味は、まろやかなキーマカレーというような感じです。
キーマカレーは、「ひき肉で作ったカレー」のことです。

カレーに入れた人参やたまねぎ等の野菜は ひき肉に合うように包丁で小さめに切り、絹ごしの豆腐は お鍋の中でくずして小さくしました。
木綿豆腐のほうがキーマカレーっぽくなるかもしれませんが、冷蔵庫あった豆腐は絹ごし豆腐だったので…絹ごし豆腐を使いました。

豆腐が余った時などにまた作ってみようかなと思います。

でも もも姫は炎症性腸疾患(IBD)のクローン病がありますから、腸に刺激になる辛味のある食べ物で脂質の多いカレーはあまり多く食べないほうがよいですね。

カレールウは脂質の少なめのものを選んで使っていますが、お腹の調子を見ながら注意して食べるようにします。

スポンサードリンク

【関連記事】

IBDクローン病でカレーライスを食べる。料理・レシピ本

クローン病 幼児向けカレーを食べる。カレーのお姫さま等々

よーじやカフェ嵯峨野嵐山店(京都)で食事・ランチ。クローン病

クローン病 食事

クローン病で3年間絶食

[関連記事]
スポンサードリンク