flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

難病クローン病を15歳で発病 3年絶食したもも姫のブログ。炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状や治療、食事療法、料理など愛の日記。 ピアノを弾いています。

スポンサードリンク

わがままに生きたい。ピアニスト室井摩耶子

Categoryピアノ
もも姫は普段、本をゆっくりと読む時間がなくて
本屋さんで読んでみたいなと思った本や雑誌を買っても あまり読まずに日が過ぎてしまうことが多いのですけど、
今年の春頃(2013年)に ある本のタイトルを見た時、この本は是非読んでみたいと思いました。

「わがままだって、いいじゃない」

92歳の現役ピアニスト(2016年現在は95歳) 室井摩耶子さんの著書です。
  

クローン病治療で4、5日入院した時に、この「わがままだって、いいじゃない」の本を読みました。

わがままでもいいじゃない..もも姫も、そう思います。

ピアニストさんは特に わがままでもいいと思います。
もも姫は もっとわがままに生きていきたいと思っています。

ここで言っている「わがまま」というのは、
室井摩耶子さんが本の中で書かれているように、
人の目を気にせず、流行に流されず、自分の考えをしっかりと持って
人に迷惑がかからないように考えながら自分のやりたいと思ったことをやり通す ということです。

人に迷惑がかからないように というところが大事だと思います。

でも、自分では迷惑をかけないようにしているつもりでも 誰かに嫌な思いをさせているということは結構あると思います。

室井摩耶子さんは、
わがままな性格的要素は音楽家にとって最高の美徳と書かれています。

もも姫は自分で素直な性格だと思っているのですけど(笑)

でも、自分の思うまま素直に行動することは、わがままということなのかな。。?

もも姫は わがままな性格的要素をたくさん持っていますが、でも、もっとわがままに 自分はこうしたいと考えていることを実現していけたらいいなと思っています。

謙虚な心は忘れずに もっとわがままに生きていけたらと思います。

室井摩耶子さんは 
本を読んで とてもチャーミングで可愛い性格の方だな~と思いました。

もも姫も、95歳まで生きられるかわかりませんが、高齢になっても 可愛く わがままでいられたらいいなと思います。

わがままというだけの高齢者は嫌われそうですけどね。
でも、室井麻耶子さんは可愛い性格で ピアニストさんなので そのわがままさや強さが魅力的だと思います。

ちょっと気になったことは、
室井摩耶子さんは、8時間ピアノを弾くには並々ならぬ気力、体力、集中力が必要で、
牛肉を食べないとピアノを弾く集中力が持たないと言われていました。
それも、上質なヒレ肉が良いと。

毎日朝から肉を食べていらっしゃるそうで日本食だと1時間くらいで集中力が切れてしまうそうなんですけど、
肉を食べないとやっぱりダメでしょうかね。。

たしかに8時間集中しちピアノを弾くことは、10代の体力気力でも大変なことです。

92歳で8時間ピアノを弾けるなんて…
その体力、気力はほんとうにすごいなと思います。

もも姫は炎症性腸疾患で難病のクローン病の食事制限もあるので 肉はあまりたくさん食べないです。

時には 絶食でエレンタール(栄養剤)だけ飲んでピアノを何時間も弾くことがあります。

でも、もも姫は3年間の絶食にも耐えられたから、気力、精神力、忍耐力は相当強いと思いますよ~

ピアノを弾いている時、時々集中力が切れて 他のことを考えながら弾いてしまっている時がありますけど、
それは、肉を食べていないからかな~..笑

ピアノの練習や勉強などをする時、集中力は大事ですね。

もも姫が92歳になる頃には きっとクローン病は治っていると思うので、
その時には、肉をたくさん食べているかな?

どちらにしても、92歳になったら エレンタールを飲むのはもうやめて、
好きなものばかり食べて過ごそうと思います。

90歳くらいまでエレンタールをずっと毎日飲み続けたら、もうエレンタールが気に入り過ぎて エレンタールなしでは過ごせなくなるかもしれませんけどね。笑


昨日は5時間ほどピアノを弾いていました。
今日も たくさんピアノを弾く予定です。

朝はエレンタールだけしか飲みませんけど、できるだけ集中して練習します。

スポンサードリンク
[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

コメント投稿