flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病(炎症性腸疾患)の症状や治療、食事のブログ。お腹にやさしい低脂質な料理レシピや腸内環境・乳酸菌のことなど

スポンサードリンク

クローン病の発熱症状 熱がよく出る。炎症性腸疾患(IBD)

Categoryクローン病 症状
炎症性腸疾患(IBD)クローン病の症状のひとつに発熱があります。
もも姫は10代の時にクローン病を発病してから これまでに微熱や高熱などの熱が出ることがよくありました。

現在でも時々熱が出ることがあり、ブログでも発熱症状についてよく書いているのですけど、これまでにブログで書いた熱に関するブログ記事(日記)をいくつかまとめて書きました。


発熱した時は自己暗示をかけて熱を下げる


(20xx年10月のブログ)

昨日は家の中で10月なのに真夏の格好をしていたせいか 夜に体が寒くなってきて38.4度の熱が出ました。
熱が出て解熱剤の薬は飲まなかったのですが、今日の朝には平熱に下がっていました。良かったです。

もも姫は、熱が出るといつも、早く熱が下がるように自己暗示をかけるんです。
「熱は絶対に下がる」 と、頭の中で強く思い続けます。
そうすると、不思議と熱が早く下がります。

今年の夏に2度、39度と38.5度の熱が出た時も、解熱剤を使うことなく翌日には平熱に下がりました。

過去のことでは、大学受験でピアノ試験の前日夜に高熱が出て大丈夫かなと心配になり焦ったのですが、熱が出てしまったものはもう仕方がないので、なんとか全力で熱が早く下がるようにしようと思い、自己暗示をかけることにしました。

その時はまだ自分が難病のクローン病だとは知らなかったのですけど、もも姫はその何年か前にすでにクローン病を発病していたため、受験のピアノ試験前日に出た高熱もクローン病からの熱だったのではないかなと思います。

お布団の中で、「熱、下がって~ 絶対に下げられる 熱は絶対に下がる」
と何度も心の中で強く念じ、そうしていると、次の日の朝に熱は下がっていました。

高熱だったのが、すごく早く熱が下がったのでびっくりしました。
熱が下がってピアノの試験を無事受けることができ、大学ピアノ科に無事合格することが出来たので ほんとうに良かったなと思います。

このことがあってから、自己暗示をかけると熱が早く下がるような気がして、高熱が出ると、「熱は絶対に下がる」と強く念じるようになりました。
本当に自己暗示で熱が早く下がったのかどうかはわかりませんけどね。
でも、病は気からということもあり、気の力も大きいと思います。

だからといって、気が足りなかったからクローン病や病気になってしまった ということはないと思っています。
張り切り過ぎて頑張り過ぎて体調を悪くしてしまうこともありますからね。

高熱で苦しい時は、気持ちが弱くなり、不安でいっぱいになってしまいやすいですが、そんな時、
病原菌をやっつけてやる! という感じで強い気持ちでいたほうが不安な気持ちも和らいで精神的にも落ち着いて楽になると思います。

これから朝晩寒くなってきますから もも姫のように油断しないよう、気をつけてくだいね。


発熱と頭痛と寒気が出る クローン病症状


(x年1月20日のブログ) 

昨夜は頭痛と寒気と発熱の症状で大変でした~..

もも姫は寒気がして熱が出てくると、う~ん..しんどい~..と 声を出しながら苦しみに耐えることがありますよ。

体の中のものを外に出すということはいいことなんですよね
涙を出す(流す)とか汗を出すとか声を出すとか..
熱が出て苦しい時も、声を出すと気持ちが少し楽になります。

もも姫は関西人なので、発熱して「う~ん う~ん」と言いながら苦しんでいる時は、時々「しんどい~」と言います。
関東の方はそんどい時はなんと言うのでしょう?
「苦しい~」 とか 「辛い~」でしょうか。
(いただいたコメントでは、関東では「だるい」といいますよと教えてくださいました)


昨夜は夜中に熱の症状で苦しみながら起きていたので、お腹が空きました。
今はエレンタール(成分栄養剤)を飲んでいます。
エレンタールは体調が悪い時にもすぐにはやく作れて飲めるので便利です。

今まだ頭がすっきりしていなくて微熱もあるので、今日はゆっくりして過ごすことにします。
たまにゆっくりできるのも ちょっと楽しいかも
小学生の時に熱が出て、学校をお休みできて嬉しかった時のような感じです。

ピアノを弾かないのはちょっと気になるけど、もも姫は今日、あたたかくて気持ちのよいお布団の中で過ごします~


睡眠不足や体の疲れから発熱


(x年1月17日のブログ)

昨日は 38.1度の熱が出ました..
朝起きた時から体の調子がなんか変で、昼間に腕や肩がすごくだるいな~と思っていたら、夜に熱が出ました。
最近 熱が出る前はいつも 腕や肩がだるくなります。

昨日の熱は、睡眠不足等の体の疲れから出たのだと思います。
クローン病も関係しているかもしれません。

睡眠は とても大事ですけど、でも、睡眠よりも優先したい、大切にしたいと思うこともあるので、もも姫は 睡眠不足になっていることが多いです。

熱は 昨日寝る頃には微熱ほどに下がり、今日は平熱になっています。
   
       bd_snow9.gif    bd_snowman2.gif
 
スポンサードリンク


高熱でしんどかった~。ひだまりの中で大きな幸せ感じる


(2015年9月のブログ)

昨日は高熱が出ました..

昼間は元気で外に出かけていたのですけど 夕方頃から寒気がしてきて その後38.7度まで熱が上がりました。
しんどかった~

薬を使わずに自力で熱が下がればと思って ちょっと頑張っていましたけど、熱がなかなか下がらなかったので、解熱鎮痛剤のピリナジンを飲み
そのあと一晩寝たら 翌朝には平熱に下がっていました。 良かった。

高熱が出た原因は..体が少し疲れていたことと、夕方気温が低くなって 薄着をしていたので、寒くなったからかなと思います。

体の疲れは、前の晩になかなか眠れなくて少し寝不足で、ストレスなどで体が弱っていたのではないかなと思います。

子供の頃からもも姫は神経が繊細というか..色々なことを深く考えたり 周りの人の態度や機嫌が気になったり
心も体も敏感なところがあって そんなことで 小学生の頃から寝つきがあまりよくないほうです。
寝不足になると体が休めなくて疲れますね。

自分の体質・性質はなかなか変えられないし、人の体質・性質も変えられないので、自分がダメージを受けてしまうことからはなるべく離れるようにして 心地良く穏やかな心で多くの時間を過ごせるように考えて行動していきたいと思います。


今日はお昼過ぎにピアノの練習を終えたあと、昼食で成分栄養剤のエレンタールをまず飲んで、そのあとにパンを食べながら紅茶を飲みました。

部屋の大きなソファーにひとり座り、明るい太陽の光が差すひだまりの中でパンと紅茶をいただいている時 とても大きな幸せを感じました。
幸せってこういうことなんだな~と思いました。

幸せって 夢に描くような特別なことではなく、自分の心が感じるもの 心が作り出すもの
幸せは自分の中から出てくるものなんですね。


【関連記事】

クローン病発病時の症状 初期症状

クローン病 症状を治すために。体重を増やすこと

クローン病症状を治す。エレンタールと野菜の栄養で体を元気にする

膿瘍が改善 なた豆茶の効能。クローン病 直腸周囲膿瘍

腸内環境(腸内フローラ)を整える腸活。LB81乳酸菌ヨーグルトを試す。クローン病

クローン病 腸内環境改善。ヨーグルト10個分の乳酸菌配合サプリを摂取

[関連記事]
スポンサードリンク

Comments

くるまいす清志郎  

その方法、良いですね!

俺も、いろんなシチュエーションで、自己暗示を使います。

処方される薬の量が減ったのも、そのおかげと思ってます。

不安時の対処法、というのも、学びました。

不安な時は、大丈夫と強く思ったり。

イメージトレーニングで、前向きを保ったり。

親切に素直に、甘えたり。

あと、感謝の気持ちを素直に表現する、これが一番効果が、ありました。

周りの人間関係にまで、変化があった位です。

 | REPLY |   

もも姫  

Re: その方法、良いですね!

こんばんわ 清志郎さん

感謝の気持ちを素直に表現することがいいのですね。

それには、まず、色々なことに
感謝することができないとだめですね。

私は自分で、まだまだ感謝する気持ちが
足りないな~と思うことがよくあります。

清志郎さんや他の方を見習って 
もう少し感謝の気持ちを持たないといけないと思っています。

また、色々と教えてくださいね。

 | REPLY |   

コメント投稿