flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > クローン病 食事 > title - 食べるのが遅い、食事が早く食べられない。消化器官(胃腸)の働きとクローン病

食べるのが遅い、食事が早く食べられない。消化器官(胃腸)の働きとクローン病

Categoryクローン病 食事
昨日の夜の食事は食べ終わるのに45分時間がかかりました。
45分..大分長い気がします。時計を見て ちょっとびっくりしました。

晩酌しながら食事をするとかなら時間が長くなることもあるかもしれませんけど、もも姫はお酒は控えていて飲まないので、ご飯を食べるだけで45分もかかったのです。

いつもはもっと早く食べるんですけどね。
夕食を食べるのにかかる時間は平均で15~20分くらいかな

昨日の夜の食事メニューは鶏肉料理がメインだったので、お肉をよく噛んで食べていたら時間がかかりました。

それと ジャガイモの料理もあり、ジャガイモはよく噛んで食べないと喉に詰まりそうになるので、慎重に食べていました。

もも姫は少食で食べる量が少なく、たくさん食べられないのですけど、それでも周りの人よりも食事をする時間が長くかかります。
食べるのが遅いです。早く食べられません..


子供の頃から食べるのが遅かった


食べるのが遅いというのは子供の頃(小学生)の頃からで、小学生の時の給食の時間は、まわりの子が早く食べ終わって遊んでいる中で、早く食べなきゃと焦りながら食べていました。

頑張っても早く食べられなかったので、食事を早く食べられる人が羨ましいなと思っていました。
その頃から消化器官がちょっと弱かったのかもしれません。
体は健康でとても元気だったのですけどね。

消化器官が強くないというのは、もも姫の場合は遺伝が大きく関係していると思います。

同じクラスに、もも姫よりも食べるのが遅い男の子がいたので、その子がいてくれてちょっと安心できました。
その子は牛乳が苦手でなかなか飲めないことで食べるのに時間がかかっていたようでした。
そして、食べ物の好き嫌いが多かったようです。

でも たまにその男の子のほうが早く食べ終わる時があって、そんな時は もも姫はすごく焦りました… 笑
焦りながら食べるのって、精神的によくないですね。胃腸にもよくない…


外食・コース料理の時、早く食べられないので困る


家の中で食事をする時は食べるのが遅くてもほとんど困ることはないのですけど、外食の時は 困ることがあります。

大分前、まだクローン病の診断がついていなかった頃に10人ほどの人数でフランス料理のコースを食べに行ったことがあるのですが、その時 もも姫は食べるのが遅いので 困りました。

フランス料理では最初はスープが出てきて、他の人は早々とスープを飲み終えるのですけど、もも姫はスープを少しずつしか飲めず、時間がかかり、スープの量がたくさんあったので、どうしようかと思い困りました。

いつまでかかってスープを飲んでいるんだ..と、自分でも情けないなと思いましたけど、でも 早く食べられないものは食べられないのです。仕方がないことです。

少食でもあるので、スープを全部飲めなくて困りました..
最初に出された料理のスープを残すわけにもいかないと思って必死で飲みました。
もはやフランス料理の優雅さなどなにもなかったです。

コース料理は、ひとつの料理を食べ終えたあとに次の料理が出てくるので、スープをやっと飲み終えたあと、次の料理が出てきました。

そして、次の料理を食べるのもまた遅く、まわりの人の食事の早さについていくのに必死で 、早く食べないと気が焦り、そのことばかり気になり 食べていて全く落ち着きませんでした。

お店の方は、もも姫が食べるのが遅いので料理を出すタイミングに困っているようでした。

10人ほどで同じフランス料理のメニューを食べていたため、全員同じタイミングで料理を出さないとおかしいですから、それで、もも姫が食べ終わるのを待って もも姫が食べ終わってから料理を出すという感じになっていたので、すごい強いプレッシャーを感じました。

お店の人が、「早く食べ終わらないかな〜 いつまでかかって食べているんだ…」と思われている気がして、お店の人の視線が気になって料理を楽しむどころではなかったです。

食べるのがとても大変だったので、あまりよく知らない大勢の人とフランス料理なんて食べに来るんじゃなかったと後悔しました。

もっと気楽に食べられる料理だったり、気の知れた人と一緒に食べる時は、自分が食べられない料理を誰かに食べてもらったりできたと思うのですけど、あらたまった雰囲気のお店で食べる時はそういうことがしにくく、料理を残すことにも罪悪感を強く感じて 困ります。

もも姫は子供の頃から食べるのが早くなく、その頃既にクローン病になっていたこともあり、少食で、フランス料理のフルコースを残さず全部食べるのはキツかったです。
早く食べられないのに たくさん食べられないのに 食べなくてはいけない… 拷問のような食事でした。


食事を食べるのが遅いことでデートの時にも困る


食べるのが遅いということで、デートの時にも困ることがありました。

何回かデートして お互いのことがわかってくると、食べるのが遅いことをそんなに気にしないで食べることができるようになりますけど、出会って最初のうちは、食事を食べるのが遅いことで相手に嫌われたらどうしよう心配になることもありました。

クローン病とわかってからは、消化器官の病気だから仕方がないことだと思うことができましたけど、クローン病の診断がついていない頃は食べるのが遅いことにコンプレックスを感じていました。
どうして他の人のように早く食べられないんだろう… たくさん食べられないんだろう… と。

でも、消化器官(胃腸など)が強くないのに無理して早く食べると消化に悪く、体によくないですね。

現在は、もも姫のクローン病のことを知らない人と食事をすることはほとんどないので、食べるのが遅いことで困ることはあまりないです。慌てずのんびりと食べています。


食事にかかる時間と胃腸(消化器官)の強さ


食事にかかる時間は胃腸(消化器官)の働き・機能に深く関係していますね。

胃腸の働きがよくないと、食欲があまり出なかったりで唾液が出る量も少なくなりますし、唾液が多く出ないと食べ物を噛んで飲み込むまでに時間がかかります。

少食だというのも、消化器官が強くないことが原因のひとつになっていると思います。


食事はゆっくりとよく噛んで美味しく楽しく食べる


現在は学校に通っているということもないですし、決められた時間内に食事を食べ終わらないといけないということはないので、食事の時はマイペースで気の済むまでよく噛んで食べて、強くない胃腸をいたわり、食べられることに幸せを感じながら料理を楽しみたいと思います。

一個のおにぎりをよく噛んで15分かけて食べたなら、5分で食べ終わるよりも
おにぎりの味を長い時間楽しむことができますね。

前に病院に行った時に、白衣を着た方だったので医師の方だと思いますけど、おにぎりを30秒ほどで素早く食べて、椅子に座ったのも30秒ほどで、食べ終わるとすぐにお仕事をするために席を立たれて、すごいなと思ったことがありました。
食べる暇もないほどお忙しいのですね。

お仕事で早く食べないといけない時というのはあると思います。
もも姫は そんな早く食べないといけな職業には向いていないです。
クローン病もあるので 無理して早く食べたら体を壊してしまいます。

人それぞれ 努力してできることと できないこと、体質などにより向いていることと向いていないことがあるので、食べるのが遅くて早く食べられなかったとしても、たくさん食べられなかったとしても、周りと比べてそのことを気にしなくてもいいと思います。

みんな同じではなく、人それぞれの素敵な良い人生がありますから。


腸内環境・腸内フローラ
腸内細菌のバランスを整える

1粒に16種類の乳酸菌が500億個も!
生きた乳酸菌がしっかり届く!『乳酸菌革命』





スポンサードリンク


【関連記事】

クローン病 食事

クローン病 小腸狭窄とお腹の症状日記~腹痛、腹鳴、お腹が張る

クローン病発病時の症状 初期症状

関連記事
スポンサードリンク