flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > ピアノ > title - 防音室で使用するピアノのインシュレーターとエアコン

防音室で使用するピアノのインシュレーターとエアコン

Categoryピアノ
ピアノの下に置くインシュレーターには、普通のインシュレーターと防振・防音性を高めた大きなインシュレーターがあります。

もも姫は防音室にするまでは防振・防音用のインシュレーターをピアノの下に置いていました。

あの大きな耐震・防音用のインシュレーターをすると、ピアノの高さが少し高くなって ペダルの高さも高くなるので、足先を大きく上に上げないとペダルが踏めず、足が疲れて大変になります。

それで、ペダルの下のあたりに敷物を何枚か敷いたりしてペダルをふみやすいようにしていました。


防音室内で使用するピアノのインシュレーター


防音室内でのピアノの下に置くインシュレーターは、耐震用の大きなインシュレーターではなくて、普通のインシュレーターのほうがピアノの音の響きがいいですよと防音会社の方が言われていたので、普通のインシュレーターをすることにしました。

でも、防音室にも防音性能の高いものと低いものがあるので、防音室の外に音が漏れていて困る場合には防振・防音用のインシュレーターを置いたほうがいいかもしれません。

ピアノのインシュレーターは、アップライトピアノ用のインシュレーターとグランドピアノ用のものでは大きさが違うんですね。
グランドピアノのインシュレーターは大きいです。

でも… 楽器屋さんに電話で聞いたときに、
「インシュレーターはどのメーカーのピアノも同じインシュレーターで大丈夫です」と言われて、
もも姫はそのことを勘違いをして、アップライトピアノもグランドピアノも同じインシュレーターで大丈夫と思ってしまい、グランドピアノなのにアップライトピアノ用のインシュレーターを用意していました。。

でもなんとか無事に グランドピアノ用のインシュレーターをすることができたので良かったです。

スポンサードリンク


防音室のエアコンも自動お掃除機能付き 音もれ大丈夫


もも姫は、エアコンを買う時は お手入れの楽な自動お掃除機能のついているエアコンを買うようにしているのですけど、防音室内につけるエアコンはちょっと注意しないといけないようです。

自動お掃除機能のついているエアコンで お家の外にゴミを出すタイプの機種は、防音室内の音が外にもれてしまうのだそうです。

それで、電気店の店員さんに聞いて 防音室につけるエアコンでおすすめしてもらったのが、富士通のエアコンでした。

その富士通のエアコンは自動お掃除機能がついていて、外にゴミを出すタイプではなく、中にゴミをためるタイプのエアコンでした。

富士通のエアコンはそれまで購入したことがなかったのですが、使ってみると とても良いです。

エアコンをつけている時の音がとても静かで、ピアノを弾き終わったあと、もも姫はエアコンのリモコンのスイッチをよく消し忘れてしまいます…笑
音が静かなので、つけていないような感じがするからかなと思います。

でも、スイッチを消し忘れても、エアコンのセンサーが一定の時間人を感知しないと エアコン機能が自動的に止まるようになっているので、便利です。


防音室の中にいて大雨の音が聞こえない


今日はピアノを弾いている時 パンッというような音が外から聞こえて、ピアノの部屋は防音室なので 外の音が聞こえるのはよほど大きな音だから なんの音かなと思っていたのですけど、ピアノの練習が終わり ピアノ室から出て他の部屋に行くと、窓の近くの床が水浸しになっていて びっくりしました。

大雨が降っていたようです。
防音室にいて大雨が降っていたことに気がつきませんでした..

窓の外の景色が暗かったので もしかしたら雨が降っているのかな?と少し思っていたのですけど、よくわかりませんでした。

普通の雨だったら床が濡れることはないのですけど、たぶん風も強く吹いていたのだろうなと思います。

防音室で聞こえたパンッという音は もしかしたら雷だったのかもしれません。
もも姫 雷はすごく苦手なので、雷の時は防音室に逃げることにします。
窓を閉めてからね。


【関連記事】
ピアノ発表会や演奏会の本番で、あがり症や緊張を克服して弾けた時。人前演奏

二枚爪対策・予防方法・補修剤 ピアノを弾いて二枚爪になる

ピアノの練習時間 毎日3時間は弾きたい。難病とピアノ

ピアノを7時間半練習。音大ピアノ科受験 高校2年の日記

ピアノ音楽と病気 難病クローン病が大切なことを教えてくれた

関連記事
スポンサードリンク