flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > > title - 愛があれば病気で大変な時も幸せ。心配してくれる人

愛があれば病気で大変な時も幸せ。心配してくれる人

Category
愛愛日記
(過去記事まとめ 愛の支え)

愛に支えられて入院中は幸せだった


少し前にクローン病の治療で入院していた時、しばらくの間は体の痛みが強くてすごく大変でした。

クローン病症状の痛みは何日も長く続いて大変だったのですけど、でも 入院中 もも姫は とても幸せに思っていました。
自分の体のことを心配してくれる人がいたからです。

病気の時に心配してくれる人がいるということ
自分のことを大切に思ってくれる人がいるということは とても嬉しく幸せなことだなと思いました。

入院前の体調が悪い時から 入院中もずっと 不安な気持ちにならないようにしっかりと優しく支えてくれたので、入院中 体は痛くても心は幸せでした。
すごくすごく幸せでした。幸せ自慢をしたいのではないけど…笑

体調の良い時よりも幸せだな とも思いました。
体調が悪い時は すごく心配してくれて最大限 優しくしてくれるから.. ほんとうに嬉しかった..

入院中ずっと幸せな気持ちでした。
その幸せな愛があれば もも姫は他になにもいらないと思えます。

何年か前にクローン病の小腸狭窄で手術をした時にも同じように幸せに思いながら入院中過ごしていました。
そのことは前にブログで書いています。

手術をするというのに もも姫の心は薔薇色で とても幸せな気持ちでした。

愛の力は大きいです。
愛があれば きっと どんなことがあっても大丈夫

愛は地球を救うし..
愛は もも姫も救ってくれる

愛愛日記は もも姫が たくさんの愛を感じていた時に書き始めたブログです。


クローン病で大変な時も愛があれば幸せ


(何年か前に投稿のブログ)

昨日夜にまた クローン病症状(合併症・直腸病変)の痛みが出て 解熱鎮痛剤のピリナジンを2包み飲みました。

直腸病変の痛みをはやく治すために、腸をなるべく安静にするようにして 今日は食事は食べないで絶食してエレンタールだけにします。

最近はこの痛みがよくでているので嫌になりますけど
でも、クローン病治療薬のレミケードはこれ以上投与量を増やすと副作用が出てしまうから これ以上は増やせないし、いまお家でできることは絶食なので、しばらく栄養剤のエレンタールだけを飲んで過ごして様子を見ます。

クローン病の症状がなかなか良くならなくて 痛みや食事の我慢など、耐えてばかりですけど もう少し頑張ります。

でも 体調が悪いとき すこぐ心配してくれる人がいて もも姫はとても幸せです。
クローン病で大変だけれど でも、愛があるから幸せです。


●幸せ過ぎて涙
(過去のブログ日記より)

昨夜 お風呂から上がって 顔に化粧水と美容液をつけた後、すぐに すごく嬉しいことがあって その愛に感激して涙がいっぱい流れました..

それで、せっかくきれいにつけた化粧水も美容液も涙で一緒に流れてしまいました。
そんなことよくあるんです。

涙が出るほど嬉しいことや感動することがたくさんあるなんて すごく幸せです。
幸せ過ぎ

スポンサードリンク


入院はさみしいな..でも愛があれば大丈夫 クローン病


(2015年のブログ)

もも姫はクローン病治療で腸のバルーン拡張術を定期的にしていることもあって、これまで何度も入院していますけど、入院する時はいつも さみしい気持ちになります。

入院当日に家を出て病院へ向かう時には いつも さみしいな..と思いながら車に乗っています。

入院当日 家から出る時には、しばらくのあいだ家から離れなければいけないことで寂しさを感じ、病院へ向かう車中では 窓から見える景色を見ながら、しばらくの間 街の景色を見られないし 街を歩いたり遊びにいったりできないな~と寂しく思います。

この何年かの入院は、ほとんどバルーン拡張術のための4、5日ほどの入院で長くはないのですけど、でも、入院中に予想外のことが起きて入院予定よりも長くなるかもしれないということは いつも入院前に考えているので、無事に治療が済んで はやく退院して家に帰ることができるかなと少し心配な気持ちで車に乗っています。

緊急入院や、体調が悪くなって急に入院する時はさみしいどころではないので、そんな風に思うことはあまりありません。

入院の時は さみしくなるのですけど、でも..以前 入院予定日の少し前に ある人に
「入院するのはさみしいな 」 と言ったら、その人は「寂しくさせないよ」 と言ってくれたんです

それで、その言葉で もも姫は入院は寂しいなと思っていた気持ちが真逆に変わって
なんて幸せなんだろう~ という気持ちになりました。

クローン病になり入院していたから そんな嬉しい言葉をかけてもらえたんだな~と思い、
「真の幸福とは不幸の中にこそあるもの 」という言葉はほんとうだな~と感じました。

不幸だと思われる状況になると いつも 優しい愛の女神がもも姫のところに現れてくれて
その愛の力に救われて、不幸とは正反対の 最高に幸せな気持ちになります。

それで、なんか変だな 不思議だなと思うのですけど、入院中は すごく幸せな気持ちになっていることがあります。

愛があれば もも姫は病気の時も大丈夫


【関連記事】

クローン病 小腸狭窄手術の話。術前術後、鼻管や傷の痛みについて

ブログ開始から5年 クローン病とピアノブログ愛愛日記

幸せになる方法。クローン病でたくさん幸せになれた

クローン病…病気が治る、良くなると信じて生きていく。信じることは希望・幸せ

クローン病1年半(540日)の入院生活 過ごし方。絶食中の楽しみ

【愛の言葉 書籍】

美女と野獣 本物の愛を手に入れるフロムの言葉 (中経の文庫)



ディズニープリンセス 愛を呼ぶ言葉 本当に大切なものが分かるヒルティ「幸福術」



スティーブ・ジョブズの言葉―愛について、仕事について、インスピレーションについて、そして死について



関連記事
スポンサードリンク