flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

腸に良い美味しい食事や料理レシピ、健康食品・健康情報など

スポンサードリンク

TOP > 料理レシピ(クローン病) > title - クローン病食事 鶏胸ひき肉で作る肉じゃが。料理レシピ

クローン病食事 鶏胸ひき肉で作る肉じゃが。料理レシピ

Category料理レシピ(クローン病)
お料理の肉じゃがを作る時に使う肉は牛肉を使うことが多いと思いますが、鶏肉を使って肉じゃがを作ってみました。

炎症性腸疾患 クローン病の食事では、お肉の脂質は控えめにするのがよいということで
鶏肉の中でも脂肪の少ない胸肉を使い、肉じゃがを作りました。
ダイエット中の人にもいいのではないかなと思います。

鶏胸肉は、煮ると少しかたくなり美味しくなさそうなので、鶏胸肉のひき肉を使って作りました。

ひき肉の細かいお肉に煮汁がしみ込んで、ジューシーでとても美味しい肉じゃがが出来ました
ひき肉にすると、消化も良くなりますね。

ささみのひき肉があればささみも良いと思いますが、ささ身のひき肉はお店ではあまり売られていないようです。
自分でひき肉にすればいいですね☆
手間がかかりますけどね(^_^*)


肉じゃが


肉じゃがを作る時は、先に油で肉を炒めることが多いようですが、クローン病のもも姫は脂質を控えて美味しく作りたいので、油は使わず、炒めないで作りました。

炒めずに最初から材料を全部お鍋に入れて煮ます。
なんて簡単なんでしょう~ 笑

鶏胸ひき肉がパサパサしないようにするポイントは、火をつける前にお鍋の煮汁にひき肉を入れて、少しほぐすようにしてひき肉に味をしみ込ませることです。

沸騰してからお肉を入れると、お肉がすぐに硬くなって味がしみにくくなるので、最初に生のお肉に煮汁をしみ込ませます。
そうすると、お肉がやわらかくジューシーになります。

ポイントはそれだけです。

鶏肉には「イミダゾールペプチド」という体を疲れにくくし、回復させる成分がたくさん含まれていて、その成分は特に鶏のささみや胸肉に多く含まれ、50g~100g食べれば効果が得られるそうです。

鶏胸肉は牛肉に比べると値段も安くて節約にもなりますね〜♪笑

低脂質、疲労回復、節約にもなる鶏胸ひき肉の肉じゃが
美味しく出来たので、また作って食べたいなと思います。


♪関連ブログ記事
鶏むねひき肉の中華風ロール白菜 料理レシピ クローン病食事

鶏胸ひき肉ギョーザ・米粉餃子の皮 クローン病 料理レシピ

棒棒鶏(バンバンジー)料理。カロリー抑えたごまドレッシングで美味しく。クローン病

スポンサードリンク


☆入院した時の病院食 IBD食(炎症性腸疾患の患者さん用食事)で出された肉じゃがについて

病院によって 栄養士さんによって 色々な食材で作られた肉じゃががクローン病の患者さんの病院食で出されると思いますが、
この前入院した時には肉じゃがにグリンピースが入っていたので 少し驚きました。
グリンピースは皮つきのままで、少量入っていました。

緑色のグリンピースが少し入っていると、彩りは良いですね。

人参や玉ねぎは 薄く小さく切ってあります。ジャガイモも小さめです。

お肉はたぶん鶏肉の胸肉で、小さく切ってありました。

味つけは薄味です。コンソメを入れて煮てあるようでした。


関連記事
スポンサードリンク

Comments

ぺこ  

NoTitle

おいしそうですね♪
鶏肉大好きです。
ささみとか低カロリーでいいみたいですね。

 | REPLY |   

もも姫  

Re: NoTitle

美味しそうで良かったです~☆

ぺこさんも鶏肉が好きなんですね。

私はささみはいつも常備していますよ☆
時には霜降り牛のすき焼きとか焼肉を食べたくなりますけどね。。(*^_^*)

 | REPLY |   

コメント投稿