flower border

愛愛日記~クローン病ブログ

クローン病ブログから健康ブログへ。腸に良い食事や料理レシピ、健康食品など

スポンサードリンク

TOP > クローン病 手術 > title - 手術前の肺機能検査、心電図、血液検査 クローン病治療

手術前の肺機能検査、心電図、血液検査 クローン病治療

Categoryクローン病 手術
(以前投稿したブログ記事を編集して更新しています。)

~〇月x日のブログ~

もも姫はクローン病治療で入院し手術をするということで、手術前の準備として いくつかの検査を病院で受けてきました。
手術は、昨年から予定していた手術で、癌がないか検査するために手術をするということです。


手術前の検査


その手術前の検査というのは、手術で全身麻酔をすることによる検査で、血液検査 尿検査 心電図 肺機能検査です。

全身麻酔は これまで受けた手術でしたことがあります。

外科の先生の話では、現在行われている全身麻酔は昔に比べてとても安全になっているということでした。

全身麻酔ができるかということを調べるためにした検査のうち、血液検査、尿検査、心電図検査は、入院の時にはいつもしている検査ですし、そう苦痛な検査でもないですね。


肺機能検査


肺機能検査は、以前した時 結構大変で、看護師さんからも事前に肺機能検査は大変だからねと言われました。

それで、昼食を食べてからでは お腹がふくれてしんどいかなと思い、昼食を食べる前に肺機能検査を受けておこうかなと考えていたら、看護師さんが、「お腹が減っていたほうが検査の時しんどいかもしれないよ」と言われたので、昼食を食べてから検査を受けることにしました。

食べる前でも食べたあとでも どちらでもたいして変わりないのかもしれませんけどね..
でも、朝に栄養剤のエレンタールをひとつ飲んで 昼過ぎまでなにも食べていなかったので、その時はお腹が空いていました。

あまりたくさん食べてしまうとやっぱり 検査の時に大変だろうなと思い、おにぎりを1個だけ食べることにしました。
たしか..鮭のおにぎりだったと思います。

そして、食事をしたあとに肺機能検査を受けました。

肺機能検査は、まず 鼻から息ができないように 鼻を洗濯バサミのようなものでつまんでとめられるので口で息をします。

そして、検査の機械から繋がっている管の先を口でくわえて 最初は普通に口で息をしていて そのあと
「思い切り息を吸って~」と検査員の方に言われるので、そうしたら 吸えるだけ息を吸って、そのあと検査の方の合図で一気に息をはきます。

これ以上息がはけないというところまで息をはくのですけど、これがちょっと苦しいんですね。

でも この前の肺機能の検査では、検査員の方に 息のはき方は上手に出来てますと言われて嬉しかったです。安心しました。

クローン病の手術等で肺機能検査はこれまで何度かしたことがありますけど、以前の検査では、2回ほど 検査で 「息がちゃんと吐けていない もっと吐けるはずだ」と検査の方に怒られたり マジメにしていないんじゃないかというような感じでキツく言われたことがありました。

その時は ほんとうに一生懸命真面目にしていたので、検査員の女性の方に強い口調でキツく言われて悲しかったです。

過去の肺機能検査のうちの一回は、検査の結果が全然よくなかったらしく、この結果では全身麻酔ができないと思うからと、検査員の方が主治医の消化器外科の先生にその場で電話をして肺機能検査結果のことを伝えられていました。

そしたら、外科の先生は その結果でも大丈夫と言われたので安心しました。

その時は3年絶食していてまだ食事が食べられない時だったので、もしかしたら肺機能が弱っていたのかな..?

3年間ずっと食事をしていないことを検査員の方に伝えたのですけど、それでも検査員の方は もも姫が検査で手を抜いている 真剣にしていないと思われていたようで悲しかったです。

その何年かあとにした肺機能検査でも、怒られはしなかったですけど 息のはき方が悪い 全然はけていないと言われ、自分ではちゃんと指示通りに息をはいているつもりだったのですけど、もっとはけるはずだと何度も言われて 何回も繰り返し肺機能検査をしたので、肉体的にも精神的にも大変でした。

そんなことが過去にあったので、今回の肺機能検査では また息がはけていない 全然できていないとキツく言われるんじゃないかと憂鬱で心配な気持ちで検査に行ったのですが、今度は上手に出来ていますと言われて 短時間で早く終わり、ホッとしました。

過去の肺機能検査の時となにか変えたというわけでもなく、同じように検査をしたと思うのですけどね

なにか違っていることがあるとすれば、過去の2回の検査の時よりも 今は体重がなんキログラムか増えているので 体力がついたのかな?

今回だけ良く出来た理由がわからないですけど、でも 肺機能検査は問題なく無事に終わり良かったです。


手術前の血液検査


手術前準備でこの前受けた血液検査は、
B型肝炎やC型肝炎、梅毒などの感染症がないか調べる検査と、HIVの検査だそうで、手術をする人は全員 院内感染予防のためにHIVの検査を受けることになっているということでした。

採血では、小さな試験管のような容器8本分の血液をとりました。すごくたくさんとりました。
血をたくさん抜かれると心配になりますね。
でも その後、体はいつもと変わらず大丈夫でした。


心電図検査


心電図検査は何年か前までは 検査の時に緊張していたのか ちゃんとデータがとれずに その場で何度か心電図検査をやり直すことがよくあったのですけど、現在はほとんど1回目でちゃんと検査できています。
心電図の機械の性能も以前より良くなったのかも


手術のために体力をつける


手術前の検査はこれでだいたい終わったのかな?
いまのところ これ以外の検査はするように言われていません。

あとは、手術に向けての手術前準備として体力をつけておきたいなと思っていて、空いた時間にちょっと腹筋を鍛えたりしています。

暑くなってきて陽射しが強く 紫外線が心配ですし、暑さに弱いもも姫は 暑さで体が弱ってしまうといけないので、外に出て行って散歩したり運動することはなかなかできなくなってきました。

室内で体を動かしたり たまに外に出て歩いたりして体力をつけていきたいと思います。

スポンサードリンク


【関連記事】

クローン病 小腸狭窄手術の話。術前術後、鼻管や傷の痛みについて

クローン病 腹部手術入院日記。手術こわいよー

直腸周囲膿瘍(肛門周囲膿瘍)が手術せずに治った。クローン病

クローン病 手術で癌検査。全身麻酔の術後に息苦しく体がだるくなる

クローン病で3年間絶食。小腸狭窄手術後に食事再開

関連記事
スポンサードリンク